Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ObservableTransformerで汎用処理を共通化してみる

 ObservableTransformerで汎用処理を共通化してみる

Rx Ja Night Vol.2の発表資料です!

A09f56de9cc12cc5dbf234f0b71a0ee5?s=128

Tatsuya Sawai

June 12, 2017
Tweet

More Decks by Tatsuya Sawai

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ObservableTransformerで 汎用処理を共通化してみる Timers inc. @tatuas

  2. 自己紹介

  3. 自己紹介

  4. ObservableTransformer

  5. ObservableTransformer ‘’ 上流のObservableに関数を適用し、必要に応じて異なる要素 タイプを持つObservableSourceを返します。’’ http://reactivex.io/RxJava/2.x/javadoc/io/reactivex/ObservableTransformer.html

  6. ObservableTransformer

  7. ObservableTransformer

  8. ObservableTransformer

  9. ObservableTransformer

  10. ObservableTransformer • ObservableTransformerのInterfaceを継承した クラスを作ればOK • Composeは複数回呼びさせるので、いろいろな Transformerを組み合わせて使える • SwiftでいうExtension的なこと?

  11. 活用例

  12. 活用例 1. RetrofitのSchedulerを共通化してみる

  13. 活用例 1. RetrofitのSchedulerを共通化してみる

  14. 活用例 ちょっと スマートになった

  15. 活用例 2. HttpExceptionのエラーハンドリングを汎用化してみる

  16. 活用例 2. HttpExceptionのエラーハンドリングを汎用化してみる

  17. 活用例 2. HttpExceptionのエラーハンドリングを汎用化してみる ここに仕込む

  18. 活用例 2. HttpExceptionのエラーハンドリングを汎用化してみる ここに仕込む HttpExceptionを個々で判定 する必要がなくなった

  19. 活用例 3. Tokenリフレッシュを共通化してみる

  20. 活用例 3. Tokenリフレッシュを共通化してみる ここに仕込む

  21. 活用例 3. Tokenリフレッシュを共通化してみる ここに仕込む Tokenのリフレッシュが簡単に なった

  22. 弊社ではまだ使えてないっす…

  23. ありがとうございました!