Algyan-kansai-Kokuhyou2

 Algyan-kansai-Kokuhyou2

6fccfdb9bd1eb92f20be84c3497ef7dd?s=128

Noguchi

July 20, 2019
Tweet

Transcript

  1. None
  2. まずはご紹介。 野⼝ 哲也 です。 • 普段は 組み込み関連の プログラマしてます。 • ルネサス系とかSTM系とか、いろいろやる⼈。

    でも、最近はもっぱら PSoC に現実逃避中。。。(;^ω^) @tetnoguchi ( Twitter ) https://www.facebook.com/techa.nog (facebook )
  3. マイコンボード ⽐較会 改めマイコンボード 酷評会 いまの時代だから、好きなの、選べばいいんだけど もっと 楽しくできないかね︖ という問題提起もかねて︕ということで。

  4. Arduino ESP8266/ESP32 GR-KURUMI GR-PEACH PSoC4/5 PrototypingKit PSoC4BLE PioneerKit STM32 Nucleo

    Wikipedia/SwitchScience /がじぇルネ より 前回までのボード マイコン編
  5. RaspberryPi DragonBoard410C LattePanda 秋月通商 より 前回までのボード Linux編

  6. それぞれの得意分野は。。。 ハイエンド ローエンド 省電⼒ 消費電⼒ ⼤ 写真 Arduino は Wikipedia

    KURUMIはがじぇるね Lattepandaは秋月のHPから OS で運⽤するのに向く ex) Linux NETMF WinIoTCore Windows
  7. 〜各社マイコンボード酷評︖〜

  8. CQ TSoC (PSoC4000S) PSoC4100S を載せた トラ技ボード。 https://toragi.cqpub.co.jp/tabid/902/Default.aspx PSoCらしく、なんでもできる(はず)ということで、 変換基板の形状。 できるだけ⼩さくしたい︕という意気込みだけは垣間⾒える。

    回路図もちゃんと公開されているので、 そのまま使いたい⼈は、これでなんとかなる。 CQ出版HPより
  9. CQ TSoC (PSoC4000S) 実際にはPSoCらしさはない(UDBはなく、SmartIOのみ) CPLD  GALに格下げ。。。 ⼊出⼒を3⼊⼒1出⼒のゲートに。 ⾯⽩いけれど、CPUからどうやって アクセスするかをイメージしにくい。。。

    SCBは3つ、TCPWMが5つ乗っているので、 シリアル前提なら扱いやすいのかもしれず。 CQ出版HP/SmartIODatasheetより
  10. CQ TSoC (PSoC4000S) ⼊⼿後はシリアルブートローダ書き込み済 USB-UARTだけでソフトは書ける。 (Arduino的。。) FlashROM: 64KB SRAM: 8KB

    しかないのに、bootloaderだけで SRAMの31%(約2.5KB)を消費。。。orz
  11. CQ TSoC (PSoC4000S) CQ出版HP/ ビットトレードワンHPより なんのイジメか、デバッグするには 各ポートから引き出してくる必要あり。 お⼿軽なのはPiSoC基板につけること︕ MiniProgポートもあるし、 I2C/Uartも引き出されているし。

    GROVEコネクタもある(ADC接続だけど) 3980円もする︕ どうせならPiのI2Cにもつないでおいてくれたらよかったのに. XRES SWD VCC/GND
  12. Spresense 異⾊の6コアCPU内蔵マイコンボード。 NuttXというOS︖だが、 ArduinoIDEが⽤意されている。 メイン基板とベース基板に分かれており GPSユニット とか、 Flash 8MB +SRAM

    1.5MB とか、 オーディオアンプ+Codec とか カメラ⽤IF とか ちょっと凝っている(笑) SonyHPより
  13. Spresense 合体できるのがそそる(笑) メインボードでは、IO電圧が1.8Vというのが好き嫌い分かれるかも。 ⼩さいリチウムバッテリー1個で安定動作させられるのは ⼤きなメリットではあるけれど。(ベース基板にはレベルシフタあり) ArduinoIDEにアドオンすると Main+Sub5の個別コア⽤ソフトが つくれる。 現状ではデバッグ機能がない。。。Orz せっかくの⾼機能CPUなのに

    もったいない。。。
  14. Spresense ベースボードのピンはほぼシリアルピン。 それ以外の外部への引き出しは裏⾯の特殊なコネクタ。 個⼈での引き出しは厄介かも。 SonyHPより

  15. obniz HP より obniz マイコン︖といっていいのか︖なボード。 クラウド側でJavaScriptをつかって、動作をつくる︕ つまり、ターゲット側のファームウエアは作らない インターネットの存在を前提としていて、 スマホ連携などは苦もなくつくれるのが斬新。 ⾃前のサイトがあれば、

    NodeRED/PythonでもOK。 接続ピンコネクタが、 ⼊⼒/出⼒/アナログ と⾃由に設定、変更できる。
  16. obniz HP より obniz NodeRED/Pythonでもできるんだけど、 開⽰されてるのは、 githubへのリンク https://github.com/obniz/obniz-nodered-sdk https://github.com/obniz/obniz-python-sdk とそのなかの、

    README-ja.md のみ。 もうすこし、やさしくてもいいんじゃなかろうか︖
  17. Obniz obniz HP より 回路情報が、⼀切⾮公開なのが、最⼤の問題点。 IOコネクタには、VCC/GNDが配置されていない。 VCCはいいとして、GNDは配置しないとまずくない︖ 電源ON時には、前回までのプログラム情報で ⾛るのか、IO条件が前回のままになっている︖ ソフト変更時に

    『うっかり GNDピンにVCC設定して』 ターゲット回路、壊しそう。。。
  18. 〜まとめ〜

  19. というわけで。。。 〜〜おつかれさまでした〜〜 頑張って、⾯⽩いもの、つくりましょう︕