Data Pipeline Casual Talk Vol.2 for Ready

Cb7edd153cf503f44c727b73647558bf?s=47 tetsuroito
April 08, 2019

Data Pipeline Casual Talk Vol.2 for Ready

2019/04/16(Tue) Data Data Pipeline Casual Talk Vol.2 at SmartNewsのOpening Talkスライド

Cb7edd153cf503f44c727b73647558bf?s=128

tetsuroito

April 08, 2019
Tweet

Transcript

  1. Data Pipeline Casual Talk Vol.2 for Ready 2019/04/16(Tue) @スマートニュース

  2. 何者ですか? • 名前:伊藤 徹郎 (@tetsuroito) • 所属:Classi株式会社 データAI部 データサイエンティスト •

    分野:Educational Technology , Learning Analytics • 著書:データサイエンティスト養成読本ビジネス活用編 • 運営: ◦ Machine Learning Casual Talks ◦ Data Analyst Meetup Tokyo など
  3. カジュアルとは 引用 https://twitter.com/con_mame/status/457130929270435840

  4. #DPCTの狙い • データの処理工程であるパイプラインがまだ軽視されている • パイプラインの技術情報の共有 • 活用へのパイプライン、機械学習へのパイプライン(MLパイプライン) • 様々なツールの情報 •

    担い手のスキル情報 • チームビルディング • 運用における課題 etc こんなことをカジュアルに話すのは#DPCTです!
  5. 前回のDPCT Vol.1の振り返り 詳細はクラスメソッドさんのブログに https://dev.classmethod.jp/business/bigdata/report-data-pipeline-casual-talk-vol-1/

  6. 前回のDPCT Vol.1の振り返り 詳細はクラスメソッドさんのブログに https://dev.classmethod.jp/business/bigdata/report-data-pipeline-casual-talk-vol-1/ 予期せぬ Airflow祭り!!

  7. というわけで、今日のお品書き

  8. Appendix:申込者属性割合 Vol.1を経て、データ基盤 実装者の割合が増加

  9. Appendix:DPCT Vol.2に期待すること 大枠の単語は変わりませんが、ワークフローやETLなどの基盤よりの単語が出ています

  10. Appendix:DPCT Vol.2に期待すること 無情報だったVol.1に比べて、会の趣旨が伝わっている単語の出現状況です

  11. Appendix:DPCT Vol.2に期待すること

  12. 会場提供&スポンサー スマートニュースさん 本当にありがとうございます!!