Dart VM と Optional Typing

Dart VM と Optional Typing

2013 Dart VM と Optional Typing

A8e4760b4a4b9227a12bcd37476987fd?s=128

Tomochika Hara

September 22, 2013
Tweet

Transcript

  1. 2.

    Agenda • Source Code VM • Isolates • Optional Typing

    ※ パフォーマンスもウリだけど、今回は語りません、というか語れません  低レイヤの詳しいことは nothingcosmosさんの  Dart VM Advent Calendarが詳しい(2012年末時点である事に注意)
  2. 4.

    JITコンパイル Source Code VM Source Code アセンブラ 中間表現 抽象構文木 Byte

    Code VM JITコンパイル コンパイル Source Code アセンブラ 中間表現 抽象構文木
  3. 5.

    JITコンパイル Source Code VM Source Code アセンブラ 中間表現 抽象構文木 •

    コーディング後のコンパイ ル作業が不要 ◦ LL - likeな開発 • 言語に特化した最適化 ◦ 末尾再帰最適化 • 中間表現のカプセル化 ◦ 進化させやすい ◦ 後方互換性の範囲
  4. 7.

    • ErlangのActorが源流? • 共有メモリを持たない ◦ top level variableもisolate単位 ◦ full

    GCもisolate単位 ◦ 複数isolate間での状態管理が不要 • Message Passing ◦ Object snapshot ◦ SendPortとReceivePortのみで連携 isolates ?
  5. 8.

    isolateの簡単な例 import 'dart:isolate'; childIsolate() { port.receive((msg, replyTo) { print('doing some

    work'); if (replyTo != null) replyTo.send('shutdown'); }); } main() { var sender = spawnFunction(childIsolate); var receiver = new ReceivePort(); receiver.receive ((msg, _) { if (msg == 'shutdown') { print('shutting down'); receiver.close(); } }); sender.send('do work please', receiver.toSendPort() ); } isolate生成 Message受信時のCallback Message 送信 Message受信時のCallback Message 送信
  6. 11.

    • コーディングから実行までの時間短縮 ◦ コンパイル手順が不要 & コンパイル自体の時間短縮が必要 ◦ Web(GUI)アプリ開発では特に重要 ▪ GWTでの反省?

    なぜ Optional typing なのか? • 言語仕様とType Systemを疎結合に ◦ Type Systemに言語仕様が依存すると 言語自体の進化を妨げる
  7. 13.

    Pluggable Type System • 現Dart言語設計者 Gilad Bracha氏の発案(2004) • Gilad Bracha氏

    ◦ Java言語仕様 ◦ Java仮想マシン仕様 ◦ Smalltalk ◦ Newspeak ※ 他にもJoshua BlochがDartの言語仕様に関わる。 Javaっぽくなるのは必然?
  8. 14.

    Pluggable Type System • 言語とType System の相互依存性の排除 ◦ 便利なType System

    は言語に深く依存する ◦ SemanticsもType Systemに依存すると発展を阻害 ▪ Cast, Overloading, Accessibility • Modularityの向上による言語とType System の独自進化 ◦ Type Systemを進化させやすい ▪ 動作しているコードに型は影響しないため • 最も自然なType System ◦ 型付きラムダ計算 ▪ 型が式の評価に影響を与えない