Rails Girls Sendaiコミュニティ紹介2019 / Introduction of Rails Girls Sendai 2019

31280afad58d9ce882081a9d80f5a76e?s=47 thatblue
December 14, 2019

Rails Girls Sendaiコミュニティ紹介2019 / Introduction of Rails Girls Sendai 2019

はじめてのITコミュニティミーティングで発表したRails Girls Sendaiのコミュニティ紹介です。
https://lets-go-study-meeting.connpass.com/event/157153/

31280afad58d9ce882081a9d80f5a76e?s=128

thatblue

December 14, 2019
Tweet

Transcript

  1. Rails Girls Sendai コミュニティ紹介2019 続・全てのエンジニアが純粋に技術で殴(かた)り合う未来を目指して はじめてのIT勉強会 2019 コミュニティミーティング 今野 夕貴(@thatblue_plus)

  2. (はじめてのIT勉強会的に) 普段はこんなことやってます 最近は月1回ペースでコラムを寄稿しています

  3. (はじめてのIT勉強会的に) たまにこんなこともやってます コミュニティSlackでKindleセール対象本のなかから オススメ本の紹介をしていました

  4. 本日はRails Girlsの方からきました Rails Girls Sendai 1st/2ndのオーガナイザーです

  5. ハッシュタグ #RailsGirlsSendai

  6. Rails Girlsって?

  7. やってることをすごく簡単かつ雑に説明すると 「女性向けのRailsワークショップを中心としたコミュニティ」 イベントではWebアプリを作ります!

  8. プログラミングに関する前提知識を問わず 丸一日かけてアプリを作ります これは7月に開催した2ndの様子

  9. 世界中で開催されています 北欧フィンランド発

  10. 日本でも全国各地で開催されています

  11. None
  12. どうして女性向け?

  13. 「アファーマティブアクション」について 少しだけ

  14. アファーマティブアクションとは Rails Girls JapanのWebサイトより引用 アファーマティブアクション(英: affirmative action)という日本語で積極的格差是 正措置と訳される考え方があります。これは弱者集団(たとえば民族、人種、出自に よる差別、性別により不利益を被ったと思われる集団)の不利な現状を、歴史的経緯 や社会環境を考慮した上で是正するための改善措置の事を意味します。

    (中略) 単に女性だからという理由だけで女性を「優遇」するためのものではなく、これま での慣行や固定的な性別の役割分担意識などが原因で、女性は男性よりも能力を発揮 しにくい環境に置かれている場合に、こうした状況を「是正」するための取組です。 http://railsgirls.jp/affirmative-action
  15. とてつもなく雑な説明をすると 「伝統的な性別の役割意識に起因する アンバランス状態を改善しましょう」 ということです(今回の場合は)

  16. Rails Girls Japanのemorimaさんが 鹿児島Ruby会議で発表した資料 https://www.slideshare.net/MayumiEmori/rails-girls-199846026

  17. Rails Girlsは 「女性限定(男性を排除するもの)」なのか?

  18. Rails Girlsは「コミュニティ」 というお話をしました

  19. (私の理解ですが)もっと言うと Rails Girlsは 「コミュニティの入口のコミュニティ」

  20. たぶん現時点での皆さんの理解って こんな感じだと思うんですが コミュニティX コミュニティY Rails Girls

  21. こっちの方がRails Girlsの あり方としては正確に表してるかも これがRails Girls 技術者コミュニティの集まり ※もちろんそれぞれ入口がある

  22. 参加した女性がRails Girlsの中に留まるのではなく その先にある技術者コミュニティに加わるのが ひとつのゴール とはいえ、コミュニティ活動としてはそこからが本番

  23. ガールズ(プログラミングを学びたい参加者) の学びをサポートするコーチは 性別を問わず募集している

  24. ガールズ(プログラミングを学びたい参加者) の学びをサポートするコーチは 性別を問わず募集している =コミュニティの中からコミュニティの入口に 迎えに行くことは誰でもできる

  25. 女性と一緒であれば 性別を問わずワークショップに参加可能

  26. 女性と一緒であれば 性別を問わずワークショップに参加可能 =コミュニティの外から 入口に付き添うことも誰でもできる

  27. 「Rails Girlsは男性を排除する コミュニティではない」という 言葉の意味はこういうことだと 理解しています

  28. 前述の通り、このような取り組みは 業界が「ふつう」になるまでの 経過措置ということで ご理解いただけるとうれしいです

  29. オーガナイザーに名乗り出た 個人的な気持ち 話は変わって

  30. 業界が「ふつう」になることで、女性が 「職場や技術コミュニティのアイドルであること」 を強いられない世界を作りたい

  31. それから Rails Girlsを自分たちのコミュニティの一部として 本気で支援をしてくれる Rubyコミュニティに何かしたかった 仕事では別の言語使ってるのにRuby絡みのイベントをしてるのはそういう理由もある

  32. あと なんか楽しそうだったから

  33. 個人的な考えは概ね去年の発表資料に書いたので そちらをご覧ください https://www.slideshare.net/thatblue/rails-girls-sendai-125431877

  34. 開催のきっかけとなった300円は 無事に受け取りました

  35. Rails Girlsに参加する方法

  36. プログラミング/Railsに興味がある
 →男性の方はぜひ同じように興味のある女性と一緒に
 ご参加ください! Railsができる
 →ぜひコーチとしてご協力ください! 決裁できるお金がある
 →ぜひスポンサーとしてご協力ください! 自分もオーガナイザーとしてRails Girlsを開催したい
 →相談乗ったりJapanの方にお繋ぎするなどできると思うので


    是非お声がけください
  37. Twitterアカウントあります @railsgirlsenda ※iがないのは仕様です

  38. アドベントカレンダーあります https://qiita.com/advent-calendar/2019/railsgirlsjapan

  39. Rails Girls Sendai, More!はじめました

  40. 全てのエンジニアが 純粋に技術で殴(かた)り合う未来を目指して ……というのがローカルオーガナイザーとしての想いですが、 ガールズとして参加する場合は難しく考えずどうぞお気軽に

  41. ご清聴ありがとうございました