Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

scala-ojisan

 scala-ojisan

scala-stewardを自前運用してみました

Toshiyuki Takahashi

March 30, 2021
Tweet

More Decks by Toshiyuki Takahashi

Other Decks in Programming

Transcript

  1. scala-ojisan
    @tototoshi / rpscala #264

    View full-size slide

  2. scala-steward-org/scala-steward
    ⾃動で Scala 関係のバージョンをあげてくれる bot
    renovatebot / dependabot / @xuwei-k 的なやつ

    View full-size slide

  3. 便利
    でも設定めんどくさいんでしょう?
    簡単です!!

    View full-size slide

  4. 使い⽅
    repos-github.md に Pull Request するだけ

    View full-size slide

  5. でも...
    すごく個⼈的なしょぼいやつを公式のリストに載せるのが気が引ける
    ⾃分で運⽤したい

    View full-size slide

  6. ⾃前運⽤
    scala-steward は単体で動かせるのでどこかで稼働させる
    GitHub Actions を使う
    GitHub 使ってるなら多分これが⼀番楽
    リポジトリごとに設定してもよし
    1 つのリポジトリで全部管理してもよし

    View full-size slide

  7. 採⽤した⽅法
    1 つのリポジトリで管理する
    tototoshi/scala-ojisan というリポジトリを作って repos.md を置く
    scala-steward-action を設定する
    tototoshi/scala-ojisan の GitHub Actions で各リポジトリにプルリクを
    送る
    scala-ojisan という個⼈⽤の GitHub App を作ってそのトークンを使う
    権限は⾃分のリポジトリに対して content と pull-request の read/write

    View full-size slide

  8. tototoshi/scala-ojisan

    View full-size slide

  9. ディレクトリ構成
    ├──
    │ └──
    │ └──
    └──
    これだけ
    でも困りポイントがいくつか

    View full-size slide

  10. 困りポイント
    GitHub のどのトークン使えば良いかわからん p - デフォルトのやつだと
    CI がキックされない
    個⼈のトークン使うと bot ではなく⾃分のコミットになってしまう

    View full-size slide

  11. 詳しくはこちら
    GitHub Actions と scala-steward を組み合わせて token や bot account の
    ⽤意すらせずに pull req を送ってもらう⽅法 - xuwei-k's blog
    scala-steward を独⾃に作った GitHub App(bot)で動かす⽅法 - xuwei-k's
    blog

    View full-size slide

  12. 感想など
    最新バージョンを追えるので便利
    ちょっと放置してしまってたリポジトリの作業を再開するのに便利
    常に新鮮なプロジェクトテンプレートが⼿に⼊る
    細かいアップデートのコミットが増えるので merge コミットがうざくな
    ってくる
    vs vs 戦争が勃発しそう
    以上です

    View full-size slide

  13. Q & A
    Pull Requestが増えて⼤変そう
    設定でPull Requestの頻度(daily/weekly/monthly)を変えると良さそう
    ⾃動マージなどを活⽤すると良さそう

    View full-size slide