Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Firebase Apple SDK 年間ダイジェスト: 2023年 / Firebase Apple SDK Annual Digest: 2023

Firebase Apple SDK 年間ダイジェスト: 2023年 / Firebase Apple SDK Annual Digest: 2023

Firebase Apple SDK 年間ダイジェスト: 2023年 / Firebase Apple SDK Annual Digest: 2023

GDG DevFest Tokyo 2023
2023/12/09 10:00 〜
Google Tokyoオフィス - 東京都港区六本木6-11-10 六本木ヒルズ森タワー27F
https://gdg-tokyo.connpass.com/event/301690/

treastrain / Tanaka Ryoga

December 09, 2023
Tweet

More Decks by treastrain / Tanaka Ryoga

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 「Firebase Apple SDK 年間ダイジェスト2023年」と題しまして発表させていただきます。よろしくお願いいたします。

    View full-size slide

  2. Firebase Apple SDK は、Firebase の16のプロダクトを Apple プラットフォームにおいて使うためのライブラリです。以前は Firebase iOS SDK と呼ばれていました。

    View full-size slide

  3. Firebase Apple SDK は今年、17回リリースされました。1つ目は1月18日の10.4で、そこからほとんど3週間おきのペースで、今週、10.19がリリースされました。

    View full-size slide

  4. 今回は、今年の Firebase Apple SDK について iOS アプリ開発者として気になる内容を5分で振り返りたいと思います。

    View full-size slide

  5. まずは今年、初リリースとなった10.4です。5つのプロダクトで更新がありました。
    Firebase Cloud Messaging では、APNs のトークンが取得される前に FCM 登録トークンを取得しようとした際、それが新たにエラーとして取り扱われるようになりました。

    View full-size slide

  6. 次に2月7日リリースの10.5です。4つのプロダクトで更新がありました。
    Cloud Firestore では、コレクションにドキュメントを追加する際に用いる `addDocument` メソッドに @discardableResult(ディスカーダブルリザルト)アノテーションが付与されたので、追加されたドキュメントへの参照を以降で使用しない場合にすっきりと記述できるようになりました。

    View full-size slide

  7. 続いて2月28日リリースの10.6です。
    Google Analytics では、Apple Search Ads キャンペーンの測定のための実装が、iAd フレームワークから AdServices フレームワークを用いたものへ移行されました。
    またベータ版リリースとして提供されている App Distribution iOS SDK を用いると、新しいビルドが App Distribution で利用可能になったときにアプリ内にアラートを表示させることができますが、そこでのサインインのための URL の誤りが修正されました。

    View full-size slide

  8. 3月21日リリースの10.7には、Cloud Firestore の OR 演算子サポート、リアルタイム Remote Config が Apple SDK にもやってきました。また Authentication では「Apple でサインイン」で得られるフルネームを Firebase に渡せるようになりました。

    View full-size slide

  9. 4月11日、10.8がリリースされ、Swift 5.6 以降が必須となりました。Authentication では Apple のアプリ内でアカウント削除をできるように求めたガイドライン内のユーザートークン無効化を簡単にできる機能が追加されました。

    View full-size slide

  10. また Cloud Firestore では Swift Package Manager 経由で使う際のビルド時間短縮が図られました。

    View full-size slide

  11. 10.9は4月25日にリリースされました。2月の10.5で追加された `addDocument` の @discardableResult アノテーション付与はクロージャ版でのみ行われていましたが、今回から async 版のメソッドにも付与されました。

    View full-size slide

  12. 5月23日リリースの10.10では、Swift 5.7 以降が必須となりました。また In-App Messaging において Apple CarPlay で発生するクラッシュの問題が修正されました。

    View full-size slide

  13. 6月13日リリースの10.11では、Cloud Firestore のプレビュー機能である複数データベースに Apple SDK も対応しました。

    View full-size slide

  14. ところで、Google I/O は毎年5月に行われますが、Apple WWDC は6月に開催されます。今年の目玉の一つは

    View full-size slide

  15. Apple Vision Pro・visionOS の発表でした。

    View full-size slide

  16. その後にリリースされた10.12では、visionOS で Firebase を利用するための説明の記述が目立ち始めました。また Authentication では多要素認証の追加要素としてワンタイムパスワードへのサポートが追加されました。Cloud Firestore では @FirestoreQuery property wrapper が SwiftUI のアニメーションをサポートしました。@FirestoreQuery は、SwiftUI の @FetchRequest や SwiftData の @Query と似たようなものです。

    View full-size slide

  17. ここからさらに駆け足になります。8月1日のリリースでは、Google Analytics でオンデバイスコンバージョン測定のアップデートがあり、

    View full-size slide

  18. 同月22日には、Authentication のメール認証で reCAPTCHA 検証がサポートされ、

    View full-size slide

  19. 9月12日には Cloud Firestore のローカルでのクエリ実行が改善、

    View full-size slide

  20. 10月3日では reCAPTCHA v2 認証フローでカスタムドメインがサポートされました。

    View full-size slide

  21. 10月30日、10.17で大きな変更です。Firebase Apple SDK は多くが Objective-C や C++ で書かれており、それとは別に Swift から便利に扱えるようにした「Swift 拡張 API」が別モジュールとして用意されていました。

    View full-size slide

  22. しかし、将来的に新しい Swift 言語機能のサポートを強化するためにモジュールが一本化されました。これはとてもうれしい変更でした。現在、別モジュールは非推奨扱いで来年2月には別モジュールは廃止されます。

    View full-size slide

  23. 11月14日リリース分では、新しいバージョンの Xcode に対する対応が行われ、

    View full-size slide

  24. そして現時点で最新のリリースである10.19では、Authentication の一部のメソッドが非推奨になり、ブルートフォース攻撃であるメールアドレス列挙攻撃保護への準備がなされています。

    View full-size slide

  25. Firebase Apple SDK は Swift からさらに使いやすく、OS 側との連係も深めながら visionOS へのサポートも進んだ1年でした。

    View full-size slide

  26. 今回使った資料は SpeakerDeck にて公開しています。

    View full-size slide

  27. 最後です。個人開発では2つの iPhone アプリで Firebase にとってもお世話になっています!ありがとうございました!

    View full-size slide