Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

新規アプリの単体テスト戦略 / unit_tests_strategy_of_new_app

uhooi
October 28, 2022

新規アプリの単体テスト戦略 / unit_tests_strategy_of_new_app

uhooi

October 28, 2022
Tweet

More Decks by uhooi

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 新規アプリの 単体テスト戦略 2022.10.28(Fri) iOS Test Online @the_uhooi

  2. iOS app developer @uhooi @uhooi @the_uhooi

  3. 入社前の会話 新規アプリ作って!

  4. 入社前の会話 新規アプリ作って! はい!

  5. ウホーイ入社 ウホーイ 入社

  6. ・UI: フル SwiftUI ・リアクティブ: Combine ・非同期処理: Swift Concurrency (async/await) ・アーキテクチャ:

    MVVM ・その他: SwiftPM によるマルチモジュール、KMM ※開発中なので変更される可能性が大いにあります。 新規アプリの技術選定
  7. 最初に考えた単体テストの戦略

  8. できる限り にする 単体テストが不要な設計 最初に考えた単体テストの戦略

  9. できる限り にする 単体テストが不要な設計 必要な にする 単体テストを書きやすい設計 最初に考えた単体テストの戦略

  10. 01 単体テストが な 設計にする 不要

  11. アーキテクチャ(MVVM) View View
 Model UseCase KMM

  12. 単体テストを書く層を明文化する View View
 Model UseCase KMM : 単体テストを書かない : 必要に応じて単体テストを書く

    : 単体テストを書く
  13. View 層の単体テストを書かない理由 UI/UX を確認するため、 必ず から 手動でテストを行う

  14. どうしたら View 層から単体テストをなくせる? View View
 Model UseCase KMM : 単体テストを書かない

    : 必要に応じて単体テストを書く : 単体テストを書く
  15. ロジックを減らせば単体テストも減らせる View View
 Model UseCase KMM 少なくしたい 多くする : 単体テストを書かない

    : 必要に応じて単体テストを書く : 単体テストを書く View 層からロジックを なくすのが理想 ロジック
  16. ロジックを減らすには? ロジックを減らすには?

  17. 分岐をなくせばロジックを減らせる ロジックを減らすには? 分岐 をなくす (if 文や switch 文)

  18. View に分岐がある(Before) // Before // View 層 if viewModel.uiState.isLoading {

    Text("ロード中です。") } else { Text("ロードが完了しました。") }
  19. View から分岐をなくす(After) // After // View 層 Text(viewModel.uiState.loadingText) // ViewModel

    層 var loadingText: String { isLoading ? "ロード中です。" : "ロードが完了しました。" }
  20. View から分岐をなくす(After) // After // View 層 Text(viewModel.uiState.loadingText) // ViewModel

    層 var loadingText: String { isLoading ? "ロード中です。" : "ロードが完了しました。" } View 層の分岐を ViewModel 層に寄せる
  21. それでも View から分岐は完全にはなくせない // View 層 struct MonstersView: View {

    var body: some View { if viewModel.uiState.monsters.isEmpty { EmptyMonsterListView() } else { MonsterListView(monsters: viewModel.uiState.monsters) } } }
  22. それでも View から分岐は完全にはなくせない // View 層 struct MonstersView: View {

    var body: some View { if viewModel.uiState.monsters.isEmpty { EmptyMonsterListView() } else { MonsterListView(monsters: viewModel.uiState.monsters) } } } View の出し分けなどの 分岐はなくせない
  23. それでも View から分岐は完全にはなくせない // View 層 struct MonstersView: View {

    var body: some View { if viewModel.uiState.monsters.isEmpty { EmptyMonsterListView() } else { MonsterListView(monsters: viewModel.uiState.monsters) } } } View の出し分けなどの 分岐はなくせない monsters が空のときの UI の確認が手間
  24. そこでプレビュー そこでプレビュー

  25. Xcode 上で SwiftUI の View を確認できる

  26. 「UI を確認するだけの手動テスト」をなくせる プレビューでは ・端末のサイズ ・ライト / ダークモード ・データの最小 / 最大値

    ・エラー時の View  etc... 様々な状態をかんたんに作り出せる
  27. 02 単体テストを 設計にする 書きやすい

  28. ViewModel 層以下の単体テストを書きやすくしたい View View
 Model UseCase KMM : 単体テストを書かない :

    必要に応じて単体テストを書く : 単体テストを書く
  29. UI フレームワークを View 層のみでインポートする View View
 Model UseCase KMM SwiftUI

    Combine : 単体テストを書かない : 必要に応じて単体テストを書く : 単体テストを書く View 層のみで UI を完結させる
  30. UI フレームワークを View 層のみでインポートする View View
 Model UseCase KMM SwiftUI

    Combine : 単体テストを書かない : 必要に応じて単体テストを書く : 単体テストを書く ViewModel 層以下がロジックに集中でき、 単体テストが書きやすくなる
  31. Task があると単体テストしにくい(Before) // Before // ViewModel 層 struct FooViewModel: ObservableObject

    { func didTapLoginButton() { Task { await login() } } }
  32. Task があると単体テストしにくい(Before) // Before // ViewModel 層 struct FooViewModel: ObservableObject

    { func didTapLoginButton() { Task { await login() } } } ログイン処理を待たずに テストが終了してしまう
  33. ViewModel 層のメソッドを非同期にする(After) // After // ViewModel 層 struct FooViewModel: ObservableObject

    { func didTapLoginButton() async { await login() } }
  34. ViewModel 層のメソッドを非同期にする(After) // After // ViewModel 層 struct FooViewModel: ObservableObject

    { func didTapLoginButton() async { await login() } } 非同期にすると 並行処理もしやすくなる
  35. Task を View 層に書く(After) // After // View 層 struct

    FooView: View { // ... Task { await viewModel.didTapLoginButton() } // ... }
  36. ちなみに…

  37. ちなみに… まだ単体テストを書いていません これから書きます!

  38. 03 まとめ

  39. まとめ 設計を工夫することで、 、 できる 不安定な単体テストを減らし 安定した単体テストを書きやすく

  40. まとめ View View
 Model UseCase KMM UI ロジック Task 単体テストしにくい

    単体テストしやすい
  41. まとめ View View
 Model UseCase KMM 単体テストしにくい・しやすいものを 分離し、単体テストする層を明確にする UI ロジック

    Task 単体テストしにくい 単体テストしやすい
  42. まとめ View View
 Model UseCase KMM UI ロジック Task 単体テストを書かない層(View

    層)は プレビューや手動テストで品質を担保する 単体テストしにくい 単体テストしやすい