Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

TMC_Hands-on_Appendix_v2

E783e2d26dc6388730b73ced1348c638?s=47 vkbaba
January 19, 2022
12

 TMC_Hands-on_Appendix_v2

E783e2d26dc6388730b73ced1348c638?s=128

vkbaba

January 19, 2022
Tweet

Transcript

  1. ©2021 VMware, Inc. 1 ハンズオンの準備

  2. ©2021 VMware, Inc. 2 ラボについて • 今回使用するラボ(VMware ハンズオンラボ) • https://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/10506

    • ラボのアカウント作成方法 • https://vmware.my.salesforce.com/sfc/p/#400000009hQR/a/2H0000004n3v/4Bi.R2GrJTAMy .CpWjpoHIA7oQf8JqSKW2iDj771WI8 • ラボのPDF マニュアル(ハンズオンラボの中でも参照できます) • https://docs.hol.vmware.com/HOL-2022/hol-2234-01-map_pdf_ja.pdf • モジュール4 SONOBUOY による適合性検査は実施する必要はありません。代わりに、時間 が余ったら、補足シナリオにチャレンジしてみてください。 • 補足シナリオ https://speakerdeck.com/vkbaba/tmc-hands-on-appendix
  3. ©2021 VMware, Inc. 3 ラボへのアクセス https://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/10506

  4. ©2021 VMware, Inc. 4 ラボへのアクセス https://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/10506

  5. ©2021 VMware, Inc. 5 ラボへのアクセス https://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/10506 延長ボタンを何回か押してラボの有効期間を延長 PDF マニュアルを使用する場合は マニュアルを閉じても大丈夫です

    マニュアルを閉じた後、画面を最大 化することができます テキストの送信ボタンから、ハンズオンラボにテキ ストを送信することができます。ラボの外から何か をコピペしたい場合に使用します。
  6. ©2021 VMware, Inc. 6 ラボへのアクセス https://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/10506 画面がぼやけるという方はデスクトップを右クリック→Screen Resolution から解像度を1280 *

    800 に変更してください。
  7. ©2021 VMware, Inc. 7

  8. ©2021 VMware, Inc. 8 ラボへのアクセス https://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/10506 ハンズオンラボのアカウントの メールアドレスの入力

  9. ©2021 VMware, Inc. 9 ラボへのアクセス https://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/10506 この警告が出た方はチャットにて教えてください。

  10. ©2021 VMware, Inc. 10 ハンズオン

  11. ©2021 VMware, Inc. 11 ラボについて • 今回使用するラボ(VMware ハンズオンラボ) • https://labs.hol.vmware.com/HOL/catalogs/lab/10506

    • ラボのアカウント作成方法 • https://vmware.my.salesforce.com/sfc/p/#400000009hQR/a/2H0000004n3v/4Bi.R2GrJTAMy .CpWjpoHIA7oQf8JqSKW2iDj771WI8 • ラボのPDF マニュアル(ハンズオンラボの中でも参照できます) • https://docs.hol.vmware.com/HOL-2022/hol-2234-01-map_pdf_ja.pdf • モジュール4 SONOBUOY による適合性検査は実施する必要はありません。代わりに、時間 が余ったら、補足シナリオにチャレンジしてみてください。 • 補足シナリオ https://speakerdeck.com/vkbaba/tmc-hands-on-appendix
  12. ©2021 VMware, Inc. 12 注意事項 • @ が打てない場合はshift キー +

    2 キーをお試しください。 • もしくは、画面左上のテキストの送信ボタンからラボにキーを送信します。 • ラボガイド72 (PDF ではP.74) では、管理者が権限を与えたワークスペースmyvmware3XXと元から権 限のあるmyvmware4XX が見えるはずです(スクリーンショットでは4XX しか見えていません)。作 業自体はマニュアルに従いワークスペース4XX でNamespace を作成してください。 マニュアル(誤) 実際のラボ環境(正)
  13. ©2021 VMware, Inc. 13 ハンズオン 補足シナリオ アクセスコントロール

  14. ©2021 VMware, Inc. 14 補足シナリオ アクセスコントロール • これまでのシナリオで、管理者は開発者に対して特定のワークスペース(Namespace)にの みアクセスできるように権限を絞りました。 •

    実際に開発者としてクラスタにアクセスして確かめてみましょう。
  15. ©2021 VMware, Inc. 15 前提条件 管理者 (myvmware3XX ) 1. 管理者(myvmware3XX)でログインし、ク

    ラスタグループのアクセスポリシーに開発者 (myvmware4xx)の権限(cluster.admin など)が定義されていない 2. ワークスペースにpetclinic Namespace が作 成されており、アプリもデプロイされている 以降のシナリオでは、スライド右上にどのユー ザーで作業するかを記載
  16. ©2021 VMware, Inc. 16 開発者はクラスタは見えないがNamespace は見える 開発者 (myvmware4XX )

  17. ©2021 VMware, Inc. 17 TMC CLI のインストール • 以下コマンドでtmc cli

    をcli- vm にインストール • wget https://tmc-cli.s3-us- west- 2.amazonaws.com/tmc/0.4.0- 089ff971/linux/x64/tmc • chmod +x tmc && sudo mv tmc /usr/local/bin/ • tmc version • コマンドはいずれも一行で入力 • コマンドはテキストの送信から cli-vm のターミナルにコピペ 開発者 (myvmware4XX )
  18. ©2021 VMware, Inc. 18 API トークンの作成 開発者 (myvmware4XX )

  19. ©2021 VMware, Inc. 19 API トークンの作成 トークン名は任意 All Roles にチェックを入れ、

    後はそのまま作成 開発者 (myvmware4XX )
  20. ©2021 VMware, Inc. 20 API トークンの作成 画面を閉じるとコピーできなくなるため、 メモ帳などでトークンを保存しておく 開発者 (myvmware4XX

    )
  21. ©2021 VMware, Inc. 21 Kubeconfig ファイルのダウンロード Workspaces→ petclinic Namespace →

    ACTION →Access this namespace 出力されたKubeconfig ファイルのYAMLをコピー 開発者 (myvmware4XX )
  22. ©2021 VMware, Inc. 22 Kubeconfig ファイルの作成 cli-vm でdev-config というファイル を作成し、コピーしたKubeconfig

    ファイルの中身をvim やcat でコピペ 実際は開発者がTMC にログインして Kubeconfig ファイルを取得 開発者 (myvmware4XX )
  23. ©2021 VMware, Inc. 23 アクセスコントロールを試す • kubectl get pod --

    kubeconfig=dev-config • 事前にコピーしたAPI トークンを入力 • コンテキスト名は任意(コンテキスト名 はtmc コマンドで使用する) • 正常にPod にアクセスできることを 確認 • アクセスコントロールにより開発者 が他のNamespace やクラスタリ ソースにアクセスできないことを確 認 • kuebctl get pod -n default -- kubeconfig=dev-config • kubectl get node --kubeconfig=dev- config 開発者 (myvmware4XX )
  24. ©2021 VMware, Inc. 24 アクセスコントロールを試す 管理者 (myvmware3XX ) 管理者でログインし、クラスタグループを 選択、再び開発者にcluster.admin

    (と clustergroup.view) 権限を与える
  25. ©2021 VMware, Inc. 25 アクセスコントロールを試す • 今度は開発者はクラスタリソースにアクセスできることを確認 開発者 (myvmware4XX )

  26. ©2021 VMware, Inc. 26 ハンズオン 補足シナリオ クラスタの作成

  27. ©2021 VMware, Inc. 27 Pathfinder クラスタの作成 • pathfinder というvmware が

    提供するVMware 製品学習サイ トから、TMC のクラスタ作成 ができるラボにアクセス • https://pathfinder.vmware.com /v3/ • 別途アカウント作成が必要 • Customer Connect (旧My VMware のアカウント) でもOK • ただし企業ドメインのメールア ドレスでの登録が必須 • gmaill はNG • ハンズオンラボのように、クラ スタの作成を含んだシナリオ付 きでTMC を学習できます
  28. Thank You ©2021 VMware, Inc.