Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

210608_Company Introduction.pdf

4876e0ef70785ed85ae477041ba7f5d5?s=47 xID Inc
June 08, 2021

210608_Company Introduction.pdf

4876e0ef70785ed85ae477041ba7f5d5?s=128

xID Inc

June 08, 2021
Tweet

Transcript

  1. 0 xID, Inc. Updated:2021年6⽉8⽇ Company Introduction

  2. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. INDEX 1 CHAPTER

    01 CHAPTER 02 会社概要 P. 02 事業環境と事業内容等 P.06
  3. 会社概要 2 CHAPTER 01

  4. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. l 私たちは⽇本で唯⼀、マイナンバーカードに特化したデジタルIDとブロックチェーン技術で 次世代ビジネスモデル創造するGovtechカンパニーです。

    xID社について 当社は、総務⼤⾂認定の公的個⼈認証サービスを提供することができる⺠間事業者 であり、総務省のマイナンバーカード機能のスマホ搭載に関する検討会メンバーです。 デジタルIDやトラストサービスに関する国際標準化団体、経済団体とも連携し、 ⽇本におけるマイナンバーカードの官⺠利活⽤促進をリードしております。 ※2021年3⽉末現在 会社名 xID株式会社 (xIDInc.) 設⽴年⽉⽇ 2012年5⽉28⽇ 代表者 ⽇下 光 資本⾦(準備⾦含む) 148,199,975円 所在地 東京都千代⽥区永⽥町2-14-3 東急不動産⾚坂ビル 6階 事業内容 1.次世代デジタルIDアプリxIDの開発および運⽤ 2.デジタルIDを活⽤した⺠間・⾏政向けシステム開発 3
  5. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. 私たちのミッション 信⽤コストの低いデジタル社会を実現する。 お互いを信⽤するために(あるいは疑うために)、かかる時間やお⾦・それが信⽤コストです。

    信⽤コストを下げ、本来の業務に集中することが可能になる社会システムに変えることで無駄なコストをなくし、 新しいビジネスチャンスを産み、多様な⽣き⽅、働き⽅ができる。情報のフェアな透明性を担保し、 データ・個⼈・ 企業・政府の信頼性が⾼い社会をデジタルIDを通して創り出していきたいと考えています。 4
  6. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. Our Team 2012年創業時からブロックチェーン技術に注⽬し、政府機関や

    ⺠間企業のプロジェクトの企画・提案をブロックチェーン黎明期より 携わる。エストニアにおいても eResidencyや政府機関のアドバイ ザーを務める。⽯川県加賀市の次世代⾏政実現 に向けたDXア ドバイザー。浜松市フェロー。総務省地域情報化アドバイザー。東 京⼤学近未来⾦融システム創造プログラム講師。 CO-FOUNDER / 代表取締役CEO ⽇下 光 H I K A R U K U S A K A メンバー構成 ⽴教⼤学卒業。2012年創業時から⼀貫してブロックチェーン領 域の開発に従事して おり、⽇本・ベトナム・エストニアの開発チー ムを束ねる。2017年よりエストニア 政府のデータ連携基盤と接 続されたデジタルIDソリューションの開発や、スマート コントラクト とデジタルIDを活⽤したレンディングソリューションなどを開発。 CO-FOUNDER /取締役CTO ⻑澤 草 S O U N A G A S A W A 2011年株式会社C-mindを創業し、代表としてグループ従業 員数200名、年商20億の事業会社組織を経営した後、グルー プ事業を2018年にGAテクノロジーズに売却。2019年にxID Inc.に取締役として参画し、事業戦略策定や 組織構築、マネ ジメントを担う。 取締役CBO ⻁⽯ 克 S U G U R U T O R A I S H I 2003年から駐⽇エストニア共和国⼤使館にてエストニア投資 庁、ならびに政府観光局を所管するエンタープライズ・エストニア の⽇本⽀局⻑を15年間務める。⺠間企業の社外取締役等を 務める傍ら、DXアーキテクトとして地⽅⾃治体のアドバイスや講 演活動を⾏なう。エストニア共和国⼤統領よりテッラ・マリアナ⼗ 字勲章を受勲する。 株式会社FFRIセキュリティ社外取締 役(監査等委員)。 社外取締役 ⼭⼝ 功作 K O U S A K U Y A M A G U C H I 経営(社外取締役含む) 4名 事業開発・営業 7名※ PR・マーケティング 1名(兼務) プロダクト開発 11名※ コーポレート 2名※ 経営(社外取締役含む) 事業開発・営業 PR・マーケティング プロダクト開発 コーポレート 24名 ※恒常的な業務委託含む 5
  7. 事業環境と事業内容 6 CHAPTER 02

  8. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. データ連携における「トラスト」の課題 l A社、B社、Cさん、ともにデータの受け渡し相⼿と、受け渡される内容が正しいと信頼(本当に︖)

    l 異なるデータベース上に存在するCさんを、現実世界における唯⼀に識別できるの︖ l ⼆者間ならまだしも、複雑で多様な関係者が、物理的・論理的に離れた拠点間でデータを連携させても⼤丈夫︖ A社 業務プロセス B社 業務プロセス A社を信頼して、Cさんのデータを受け⼊れる Cさんを信頼して、Cさんのデータを受け⼊れる B社を信頼して、Cさんのデータを送信する Cさんを信頼して、Cさんのデータを提供する Cさん 本当に同じCさん︖ トラストの枠組みがなければ、信⽤コストが限りなく増⼤してゆく 7
  9. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. l Society5.0 (超スマート社会)の実現に向けて、社会全体のデジタル化が進展する中、信頼性あるデータやデータ流通基盤を確保するため、送信元の

    なりすましやデータの改ざん等を防⽌する仕組みであるトラストサービスの重要性が増しています。 l ⽇本においては、トラストサービスの枠組みとなる、⽇本版「トラスト基本法」の策定に向けて、菅政権下、デジタル庁を中⼼として急ピッチで検討が進められ ています。 l 政府によるトラストアンカー整備が進むことで、トラストに関する様々な課題を解決するため、トラストサービス、アプリケーションの進展が⾒込まれます。 l マイナンバーカードはデジタル政策の⼀丁⽬⼀番地で、当社のxIDサービスはマイナンバーカードをトラストアンカーにしたデジタルIDであるため、様々なサービ スの“要(かなめ)”と位置付けられます。 なぜ今トラストサービスなのか︖ 8 トラスト アンカー トラストサービス トラストサービス アプリケーション Society5.0(超スマート社会) デジタル・トランスフォーメーション • マイナンバーカード • トラステッドリスト • プリッジ認証局 • デジタルID • 電⼦署名サービス • 電⼦シールサービス • タイムスタンプサービス等 • データ連携基盤 • ゼロトラストネットワーク • 個⼈情報保護 政府による整備 デジタルガバメント ⺠間による提供 政府による適格性認証 ⺠間による提供 様々なサービス展開
  10. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. l 2021年10⽉から保険証との⼀体化利⽤が開始予定 l

    2022年4⽉からは成年年齢が18歳に→最も簡単に取得できる⾝分証=マイナンバーカード l 2023年度にはマイナンバーカード機能のスマホ搭載もスタート予定 l 運転免許証との⼀体化も2024年度末を⽬標に マイナンバーカードの普及状況 ※交付枚数は政府予測を元に作成しております。 9
  11. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. l リアルとデジタルを⾼度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両⽴する、⼈間中⼼の社会、Society5.0。 l

    パーソナルデータ(個⼈情報)を活⽤した個⼈最適なサービスの提供などを実現するにはデジタル世界で、あらゆるサービスを利⽤するAさんがどのサービスにお いても同⼀の⼈物である。と特定すること=”ユーザーの同⼀性・⼀意性担保”が重要です。利便性・信頼性と透明性を担保しながら利⽤できるデジタルID があれば、ユーザー同意に基づくパーソナルデータの活⽤が実現できます。 10 ⼈間中⼼のデジタル社会、Society5.0 デジタルな世界に”あなた”がたくさんいる 複数のアカウント作成が容易に可能 SNSアカウント Gアカウント1 Gアカウント2 L IDユーザー1 本⼈確認情報の 引き継ぎはできない ユーザー同⼀性は担保できない データ移転の際の 本⼈性担保ができない WebサービスA WebサービスB WebサービスC WebサービスD × × × WebサービスB WebサービスC WebサービスA サービスごとのユーザー情報(属性情報や 購買履歴…etc)は各事業者が管理 デジタルID UUID: 123456 UUID: 123456 UUID: 123456 サービス間のユーザーの同⼀性 をデジタルIDで確保 異なるサービス間での共通IDに よるパーソナルデータ連携の実現 デジタルな世界での 信頼性を確保 デジタルIDで繋がる社会 これまで
  12. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. xIDの事業全体概要 11 l

    マイナンバーカードに特化したデジタルIDを軸として、官⺠双⽅のドメインで事業を展開しています。 デジタルIDソリューション事業 官⺠共創・⾏政DX⽀援事業 エンタープライズ新規事業企画・開発事業 マイナンバーカード単体では実現できない、⺠間ID ならではのトラストテックサービスの開発と提供 マイナンバーカード・デジタルIDを活⽤した⾏政DXを 実現するためのデジタルサービスを パートナー企業・地⽅⾃治体と共創 エンタープライズ企業との共同開発による、デジタルID を活⽤した新規事業の企画・開発 官⺠双⽅で信頼される中⽴的なデジタルIDソリューションになることで、導⼊サービスを拡張していきます。 それによって、これまで不可能だった企業間や官⺠の壁を超えた、“信頼あるデータの利活⽤“をスムーズにし、 経済発展と社会的課題の解決を両⽴する、⼈間中⼼の社会、Society5.0を実現します。
  13. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. l マイナンバーカードで公的個⼈認証することで作成できるエンドユーザー向けデジタルIDアプリ「xID」と、 eKYCや電⼦契約、パスワードレスログインを簡単に

    実装できる開発者向けAPIを提供しています。 弊社が提供するサービス・ソリューション 利⽤者 開発会社・ xID導⼊サービス企業 当社 無料で利⽤ 開発者向けAPIの提供 無料アプリ提供 API利用料の支払い xIDでサービス利⽤ サービス提供 マイナンバーカードを NFC(⾮接触通信)で読み取り APIを活⽤してサービス開発 xID証明書 認証局 電⼦証明書 の発⾏ 12 エンドユーザー向け 開発者向け
  14. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. l xIDは、マイナンバーカードで公的個⼈認証をすることで誰でも無料で作成できるデジタルIDです。 l

    xIDの作成後は、スマートフォンが現実世界の「⾝分証」「鍵」「ハンコ」「個⼈番号」の機能を備え、※ 都度マイナンバーカードを読み取ることなく利⽤できます。 l 複数のパスワードを覚えたり、何度も同じ個⼈情報を⼊⼒したり、⾝分証を撮影して本⼈確認をする必要はありません。 13 xIDで、実現できること ※⼀部機能やマイナンバーカードの証明書更新時にはマイナンバーカードの再読み取りが必要です。 本⼈確認(eKYC)・個⼈情報⼊⼒の⾯倒を解決 1度だけマイナンバーカードをNFC読取りし て公的個⼈認証をすれば、 名前、性別、⽣年⽉⽇や住所など毎回の⾯倒な⼊⼒を省略し、⾝分 証撮影の不要なオンライン本⼈確認を実現できます。 l⾏政⼿続きの電⼦申請、電⼦契約 lweb施設予約(本⼈確認・越境予約) lふるさと納税⼿続きの電⼦化(ワンストップ特例申請) le-Residency(電⼦市⺠ID) l⼀⼈⼀票を担保した電⼦投票 l電⼦図書館 ID/パスワードなどの既存の認証⽅式によるログインをデジタルIDによる 本⼈性を担保した使いやすく安全な多要素認証へ。なりすましやリスト 型攻撃等のセキュリティリスクを低減します。 パスワード不要の多要素認証によるログインでUX改善 電⼦署名でハンコ(捺印)を置き換えてペーパーレスに 電⼦契約やオンラインバンク・⾏政サービス など、オンライン取引におい て本当に当⼈が 承認したのかの証明が容易になり、改ざん・否認防 ⽌を実現することが可能です。 スマホの⽣体認証を活⽤しマイナンバー提出の⾯倒を解決 本⼈確認がされたxIDアプリから安全かつ確 実に当⼈のマイナンバーの 提供を受けること ができるAPIです。公開鍵暗号の仕組みを使い、利 ⽤者から事業者に暗号化された状態でマイナンバーが提供されます。 l ⾝分証アップロードのいらないオンライン本⼈確認(eKYC) l 住宅ローンなどの⾦融商品契約の完全デジタル化 l E2E暗号化された安全なマイナンバー収集業務の実現 l BaaS更新系API利⽤時の強⼒な顧客認証⼿段 l パーソナルデータ連携によるデータ活⽤ビジネス 官⺠双⽅で 活⽤可能な 共有ID (識別⼦) として利⽤可能 ⺠間サービス ⾏政・公共サービス
  15. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. l xIDアプリは、マイナンバーカードとスマートフォンさえあれば誰でも無料でダウンロードして、5ステップで登録完了後に連携サービスをご利⽤いただけます。 l

    1度設定すれば、マイナンバーカードの証明書の更新・失効がない限りカードの再読み取りは不要です。 初回アプリ登録時の5ステップ(公的個⼈認証) ストアから「xID」アプリを 無料ダウンロード メールアドレスで認証 PINの設定 マイナンバーカードの読取と 署名⽤パスワードの⼊⼒ PINによるアクティベーション ステップ1 ステップ2 ステップ3 ステップ4 ステップ5 NFC対応スマートフォンであれば誰でも無 料でダウンロード可能です。 メールアドレスを⼊⼒し、受領した 確認メールのURLをクリックします。 認証⽤の4桁、電⼦署名⽤の6桁の PINをご⾃⾝で設定します。 (それぞれ⽣体認証の設定が可能です。) カードをNFCで読取り、6~16桁の マイナンバーカードの署名⽤パスワードを ⼊⼒します。 ステップ3で設定した2つのPINを ⼊⼒し、登録完了! 14
  16. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. ⽯川県加賀市との次世代電⼦⾏政実現に向けた連携協定 加賀市における⾏政サービスの100%デジタル化に向けた協定を締結 xIDを活⽤した「⾏政サービスのデジタル化推進」に向けて協業

    弊社代表がデジタルアドバイザーに就任 連携・協働の概要 1. デジタルIDを活⽤したオンライン⾏政サービスなどの推進 2. 加賀市におけるマイナンバーカード普及100%を⽬指した施策策定⽀援 3. 地域の⺠間サービス等とのデータ連携推進 4. デジタル化推進に伴う加賀市の組織改⾰⽀援 5. デジタルイノベーション推進による産業集積に関する⽀援 ⾏政サービスのデジタル化を⽬指す加賀市と、エストニアと⽇本を拠点に 活動す るGovtech企業・ xID株式会社は、今後⾏政サービスの核となるマ イナンバー カードの利活⽤を⾒据えて、「⾏政サービスのデジタル化推 進」や「マイナンバー カードの普及」などについて、お互いに取り組むこ とについて、合意に達したことによ り、連携協定を締結しました。 マイナンバーカード 普及施策⽀援により カード普及率 64%突破 (2021年4⽉1⽇現在) 協定締結の⽬的 15
  17. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. l ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクと業務提携。 l

    業界最⼤⼿、1560超の⾃治体顧客基盤(全⾃治体の90%近くをカバー)に、トラストバンクが開発・提供する⾃治体専⽤WEBフォーム作成ツール、 LoGoフォームとxIDアプリを連携し、次世代⾏政電⼦申請プラットフォーム「LoGoフォーム電⼦申請」を共同開発し、8⽉12⽇に⽯川県加賀市より提 供開始しました。 全国の⾃治体顧客基盤を獲得し、電⼦申請サービスを共同提供 全国1 5 6 0 超の⾃治体顧客基盤にxIDを共同展開 全国 160 ⾃治体突破 (トライアル導⼊⾃治体数 ︓2021年3⽉現在) ⾃治体向け電⼦申請 SaaS 16
  18. Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. 導⼊企業(サービス)⼀覧 17 ⾏政・⾃治体領域

    オンライン⾏政⼿続きサービス ワンストップふるさと納税サービス 官⺠共創デジタルブラットフォーム 不動産領域 不動産投資クラウドファンディング 不動産テックサービス? オンライン不動産内⾒予約・契約サービス その他 スケーラビリティを意識したサービスメニューの拡張(数よりもその領域での共通課題の深度を優先=カスタマイズなしで同領域で横展開できるサービス) 完全無料電⼦契約サービス xIDで解決できる領域ごとの共通課題や付加価値を⾒つける メンタルヘルステックSaaS
  19. 信⽤コストの低いデジタル社会を実現する Copyright ©2021 xID Inc. All Rights Reserved. 21 https://recruit.xid.inc/

    デジタルIDで「未来の当たり前」を ⼀緒に実現しませんか︖