Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

HENNGE会社紹介資料/company_introduction

B211e8f3fa3a083e79df9c2181cdbf20?s=47 HENNGE
July 29, 2022

 HENNGE会社紹介資料/company_introduction

目次
1. わたしたちについて
2. 事業概要
3. 今後の展望
4. 組織とPeople
5. 働く環境

B211e8f3fa3a083e79df9c2181cdbf20?s=128

HENNGE

July 29, 2022
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. © 2022 HENNGE K.K. 0 会社紹介資料 最終更新日:2022年7月29日 この会社紹介資料は、最終更新日時点のものであり、将来の状況を保証するものではありません。

  2. © 2022 HENNGE K.K. 1 1. わたしたちについて 2. 事業概要 3.

    今後の展望 4. 組織とPeople 5. 働く環境
  3. © 2022 HENNGE K.K. 2 HENNGE株式会社 代表取締役社長 小椋 一宏 代表取締役副社長

    宮本 和明 取締役副社長 永留 義己 取締役副社長 天野 治夫 1996年11月5日 213名* クラウドセキュリティ事業 メール配信事業 会社概要 会社名 経営陣 設立 従業員数 事業 *臨時雇用者を含まず 2021年9月末日現在
  4. © 2022 HENNGE K.K. 3 ビジョン Liberation of technology テクノロジーの解放で世の中を変えていく。

    私たちのビジョン「テクノロジーの解放」は、最先端の技術を広くお客様 に届け、世の中を変えていくことを意味します。 私たちはITの可能性を強く信じ、畏敬の念すら抱いています。 しかし素晴らしいテクノロジーは、必ずしも人々にとって手に入りやすい 形で出現するとは限りません。 社会全体がITの力を享受するためには、誰 かが理想と現実のギャップを埋める必要があるのです。 私たちは、このテクノロジーにおけるギャップの橋渡し役として、お客様 に新しい価値を提供し続けます。
  5. © 2022 HENNGE K.K. 4 変わらない志、変わり続ける事業領域 沿革 1996年の創業以来、私たちは時代に合わせて事業領域を変化させてきました。 どの事業領域にも、テクノロジーを解放したいという想いが流れています。

  6. © 2022 HENNGE K.K. 5 「テクノロジーの解放」を具現化するために私たちができることは、未 成熟な果実である新技術を、積極的に自分たちで食べ続けることです。 何回も失敗を繰り返しながら、どの果実がお客様にとって役立つ可能性 があるのかを見極め、最適な提供方法を模索していきます。 私たちは、どのお客様よりも多くの変化と失敗を経験し、毎日猛勉強を

    絶やさないアーリーアダプターであり続けたいと考えています。 バリュー Make mistakes early 青い果実を食べ続ける。
  7. © 2022 HENNGE K.K. 6 社名に込めた思い HENNKAと、 CHALLENGE 「HENNGE」には、変化と挑戦の意味が 込められています。この先何十年、何百年

    たっても、変化をやめないように。 HENNGEという社名には、私たちの覚悟 が刻まれています。
  8. © 2022 HENNGE K.K. 7 1. わたしたちについて 2. 事業概要 3.

    今後の展望 4. 組織とPeople 5. 働く環境
  9. © 2022 HENNGE K.K. 8 事業ドメイン クラウドサービスを用いた、 ワークスタイル変革の実現 クラウドサービスを用いた、企業の働き方改革を支援しています。

  10. © 2022 HENNGE K.K. 9 10 クラウドサービス導入における課題(2021年) 0 20 30

    40 50 (%) 必要がない 情報漏洩などセキュリティに不安がある メリットが分からない クラウドの導入に伴う既存システムの 改修コストが大きい ネットワークの安定性に対する不安がある 通信費用がかさむ ニーズに応じたアプリケーションのカスタマイズができない クラウドの導入によって 自社コンプライアンスに支障をきたす 法制度が整っていない その他 出典:通信利用動向調査(令和3年版)企業編15番 ( https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00200356&tstat=000001165891 )
  11. © 2022 HENNGE K.K. 10 主力事業

  12. © 2022 HENNGE K.K. 11 HENNGE Oneを利用すると、クラウドサービスへのアクセスをコントロールでき、 クラウドサービス利用時のセキュリティリスクを軽減できます。 未知の端末 アクセス許可

    〇 アクセス許可 〇 × アクセス遮断 プロダクト機能(一例) クラウド サービス 社内PC(許可済) スマートフォン(許可済) 社内IP
  13. © 2022 HENNGE K.K. 12 導入実績 多様な業種・業態で、2000社以上の企業様に導入頂いています。 他、多数

  14. © 2022 HENNGE K.K. 13 全社的に利用している クラウドサービス利用動向 クラウドサービスを利用している企業は国内で増加傾向にありますが、 全社的に導入している企業の割合はいまだ4割に満たず、市場の伸び代があります。 出典:総務省情報通信白書(令和3年版)

    P314 (一部修正)https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r03/pdf/n4200000.pdf 20 40 60 80 (%) 2015 2016 2017 2018 2019 44.6 46.9 56.9 58.7 64.7 28.6 25.6 27.5 22.5 21.7 22.8 24.4 29.4 33.1 36.1 一部の事業所又は部門で利用している 39.4 68.7 29.3 2020
  15. © 2022 HENNGE K.K. 14 HENNGE One 売上高推移 2012 2013

    2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 3,618 2,916 2,288 (会計年度) 2011 3,000 (百万円) 2,000 1,000 4,000 4,355 2021 5,000
  16. © 2022 HENNGE K.K. 15 1. わたしたちについて 2. 事業概要 3.

    今後の展望 4. 組織とPeople 5. 働く環境
  17. © 2022 HENNGE K.K. 16 中長期の目標 World-class IT Company テクノロジーを届ける先は日本だけとは限りません。

    日本から世界へ。そして世界レベルのIT企業になることを目指しています。
  18. © 2022 HENNGE K.K. 17 & 成長戦略 主力事業の拡大 新規事業の開発 主力事業を拡大しつつ、新規事業の開発にも注力します。

  19. © 2022 HENNGE K.K. 18 主力事業の拡大 収益 = 契約社数 ×

    平均ユーザー数 × ユーザー単価 契約社数の最大化 - 営業人員の増加 - 地域カバレッジ拡大 - 代理店との連携強化 など 平均ユーザー数の最大化 - 大規模顧客へのアプローチ - カスタマーサクセスの推進 など ユーザ単価の最大化 - 新機能や新サービスなど、付加価値の開発 収益 最大化
  20. © 2022 HENNGE K.K. 19 新規事業の開発 新規事業は不確実性が高く、成功するかどう かは、やってみないとわかりません。 私たちは新規事業をサイコロと呼び、失敗前 提で多くのサイコロを振ろうとしています。

    社内の新規事業コンテストは、所属部門や年 次に関係なく、全メンバーが参加できます。 メンバーの情熱から、 事業が生まれる
  21. © 2022 HENNGE K.K. 20 1. わたしたちについて 2. 事業概要 3.

    今後の展望 4. 組織とPeople 5. 働く環境
  22. © 2022 HENNGE K.K. 21 メンバー構成 単位:人 2021年9月末日現在 HENNGE One開発/研究開発

    11.7% HENNGE One営業 31% HENNGE Oneカスタマーサクセス 20.7% 事業開発 4.2% プロフェッショナル・サービス事業 10.3% その他 22.1% 213名
  23. © 2022 HENNGE K.K. 22 外国籍メンバー比率 5人に1人は、 海外メンバー HENNGEでは、20カ国からメンバーが集ま っており、外国籍メンバーの割合は20%を

    超えています。 私たちは、多様性の力を信じています。多 様な宗教へも配慮し、オフィスにはお祈り 部屋を設置するなど、多様性を保つための 意識的な努力を行っています。
  24. © 2022 HENNGE K.K. 23 TOEICスコアの推移 2013年に英語公用語化への取り組みを開始してから、 メンバーのTOEICスコアの平均点は上昇し続けています。 503 2014

    2015 584 2016 657 2017 682 2018 719 2019 759 2020 770 787 2021
  25. © 2022 HENNGE K.K. 24 社員紹介 HENNGEには、本当に多様なメンバーが揃って いると思います。バックグラウンドや性格がバラ バラなメンバーがお互いを尊重しあっているので 、様々な視点が学べて飽きることがありません。

    学びの多い環境の中で、自分からやりたいことを 発信して任せてもらえるのが、自分の成長にも繋 がっていると思います。 多様なメンバーから、 色々な視点を学べます。 江連 晶 Customer Growth Division所属 2019年入社
  26. © 2022 HENNGE K.K. 25 HENNGEでは、ビジネスサイドだからテクノロ ジーのことを知らなくても良い、というわけでは ありません。製品の技術仕様について開発サイド と話したり、事業開発の為にプログラミングを勉 強したりと、ビジネス側でもテクノロジーと密接

    に関われます。社内のいたるところで、新しいツ ールを試していたり、みんなテクノロジーが好き なんでしょうね(笑) テクノロジーもビジネスも。 とにかく、尖った集団です。 社員紹介 今泉 健 Business Development Division所属 2016年入社
  27. © 2022 HENNGE K.K. 26 行動指針 Stay Curious, Be a

    Learnaholic 好奇心を忘れずに、勉強熱心であろう Love & Adopt Technology to Our Work テクノロジーを愛し、仕事に取り入れよう Ignite Changes to Learn from Mistakes Early 変化を起し、早く失敗して学ぼう Help Passionate HENNGE People 情熱を持つ他のメンバーをサポートしよう Track & Trust, Rather Than Restrict & Suspect 疑って制限するより、ログだけ取って信用しよう Have Transparent & Open Communication 透明性のあるコミュニケーションを心がけよう Embrace Diversity & Inclusion 多様性とインクルージョンを大切にしよう Go Lead Yourself with Passion 自ら情熱を持って推進しよう 行動指針を、HENNGE WAYとして明文化しています。
  28. © 2022 HENNGE K.K. 27 1. わたしたちについて 2. 事業概要 3.

    今後の展望 4. 組織とPeople 5. 働く環境
  29. © 2022 HENNGE K.K. 28 オフィス

  30. © 2022 HENNGE K.K. 29 1.ご入社月により、付与日数が異なります。 2.ご入社月により、支給額が異なります。また、エンジニアなどの一部職種では年棒制の給与体型となっており、毎年の賞与支給はありません。 福利厚生 勤務時間 休日・休暇

    - フレックスタイム制度(部署により勤務時間、コアタイムが異なります) - 年間休日120日以上(完全週休2日制 、祝日、夏季、年末年始) - 年次有給休暇 初年度最大10日付与1 - 職能ランクに応じて支給(基本給+手当) ※手当に20時間分の残業代含む。超過分の残業代は別途支給 - 給与改定 年1回(1月)、賞与年2回(6月・12月)2 - 新卒初年度理論年収:440万(賞与含む) - 中途採用の方は、スキルやご経験などを総合的に考慮し決定 - 英語力に応じて特別手当を別途支給(年額換算12万〜156万) - 持株会制度 - 英語学習支援制度(英会話、学習アプリ、TOEIC受験費用補助など) - 日本語学習支援制度 など 給与体系 その他
  31. © 2022 HENNGE K.K. 30 働き方 テクノロジーを解放するには、私たち自身が新し い技術を率先して試す必要があります。 オフィスの各階には、Google製の最新デジタルホ ワイトボード、Jamboardを設置しており、全社的

    に導入しているクラウドサービスも、数十個にの ぼります。 最新のテクノロジーを 普段の仕事に取り入れる
  32. © 2022 HENNGE K.K. 31 トップメッセージ 過去数十年にわたり、ITは驚くべきスピードで発展して きました。技術革新の流れは今後も続き、ITが社会にも たらす価値はますます拡がっていくでしょう。 しかし、新しい技術の力を社会が享受するには、新しい

    技術を社会のニーズと結びつける必要があります。 私たちが、新しい技術を試し、社会へ提供する術を模索 しているのも、社会に技術の力を享受して欲しいと願っ ているからです。技術革新が続く限り、私たちはアーリ ーアダプターとしてテクノロジーを開放し続けます。 アーリーアダプターで居続けたいと願う方へ。情熱を存 分に発揮できる環境をご用意して、お待ちしています。
  33. © 2022 HENNGE K.K. 32 選考フロー *上記は一例です。候補者様によっては選考ステップが上記以外の順番になることや、選考ステップ数が異なる場合がございます。 私たちは、多様性の力を信じる企業として、候補者様一人一人の個性やバックグラウンド、 キャリアへの想いを最大限尊重するため、選考フローを候補者様ごとにご調整しています。 ご不明点などございましたら、是非お気軽に、採用担当までお知らせください。

    書類選考 一次面接 二次面接 面談 最終面接 適性検査 書類選考 適性検査 一次面接 二次面接1 最終面接 二次面接2 パターン例 A パターン例 B 書類選考 一次面接 二次面接 適性検査 最終面接 面談 パターン例 C
  34. © 2022 HENNGE K.K. 33 テクノロジーを愛し、変化を起こしたいと願う方の ご応募をお待ちしています。