Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「合意のない期待」を防ぐためのドラッカー風エクササイズ

970

 「合意のない期待」を防ぐためのドラッカー風エクササイズ

2023/5/19 福岡で開催されたTechBrew 〜 一杯のお酒で繋がるエンジニアたち〜@福岡 での発表資料

https://findy.connpass.com/event/281690/

Kazumichi Yamamoto

May 19, 2023
Tweet

More Decks by Kazumichi Yamamoto

Transcript

  1. • 社内向けKubernetes基盤の提供 • SAKURA monitoring suite • Enabling SREを通したAgile Cultureの育成

    SRE室の取り組み(の⼀部) 参考: 「IaaSにおけるPlatform Engineeringとこれから - Platform Engineering Meetup #2」 https://speakerdeck.com/kazeburo/platform-engineering-in-iaas
  2. • 社内向けKubernetes基盤の提供 • SAKURA monitoring suite • Enabling SREを通したAgile Cultureの育成

    SRE室の取り組み(の⼀部) 参考: 「IaaSにおけるPlatform Engineeringとこれから - Platform Engineering Meetup #2」 https://speakerdeck.com/kazeburo/platform-engineering-in-iaas テクニカルな⾯だけでなく ⽂化⾯での取り組みも担当
  3. • とあるプロダクトチーム • 従来はエンジニア 2⼈ + 企画担当(ビジネス寄りのメンバー) 1⼈ + SRE

    • 新年度を迎え新しいメンバーがジョイン • エンジニア + 2⼈ • 企画担当 + 1⼈ • ⼀気に倍の⼈数になった チーム体制と新年度での変化
  4. • チームビルディングの⼿法 • 書籍「アジャイルサムライ」で紹介されている • チームメンバー同⼠で4つの質問に答えていく • ⾃分は何が得意なのか? • ⾃分はどうやって貢献するつもりか?

    • ⾃分が⼤切に思う価値は何か? • チームメンバーは⾃分にどんな成果を 期待していると思うか? https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274068560/ ドラッカー⾵エクササイズ
  5. カスタマイズの例 • GMOペパボ様のブログ • 期待をすり合わせるために質問をカスタマイズ • 3つの質問 • ⾃分は何が得意なのか? •

    チームメンバーは⾃分に どんな成果を期待していると思うか? • 他のチームメンバーに期待することは何か? https://tech.pepabo.com/2017/07/07/the-drucker-exercise/
  6. • スプレッドシートを⽤意して オンラインで⼀⻫に編集できるようにした • 1時間で収まるように • 時間配分の例 • 1) 各質問への回答記⼊(10-15分程度)

    • 2) 1⼈づつ発表(3分程度) • 3) 結果のふりかえり/感想戦 作業⽤スプレッドシート 💡ふりかえりまでが1セット
  7. • 良かった点 • ⾃分が得意なこと/周りから期待されていることを可視化できた • これまで⾒えていなかった期待/(チームへの)需要が知れた • → 「合意のない期待」から「合意のある期待」になった 🎉

    • 改善点 • できるけれど好きではない、できないけど好き、といったことも知りたい • コメントを書きづらい相⼿もいた -> 相⼿のことをある程度知ってからの⽅が良かったかも ふりかえり/感想戦で出たメンバーの⽣の声