創業140年の古い会社でデータの民主化を進めた話 / nikkei data driven 20180823

3ceba985a8d8efb44ef9c7d74089efdb?s=47 Yosuke
August 23, 2018

創業140年の古い会社でデータの民主化を進めた話 / nikkei data driven 20180823

THE GUILD勉強会 #03「データ×UXデザイン」資料

データ分析のトレーニング「データ道場」など日経のデータドリブン関連の施策について

3ceba985a8d8efb44ef9c7d74089efdb?s=128

Yosuke

August 23, 2018
Tweet

Transcript

  1. 1 創業140年の古い会社でデータの民主化を 進めた話 日本経済新聞社 鈴木陽介

  2. 鈴木陽介(Suzuki Yosuke) ウェブサイトの運用・編集・記者、新聞記者などを経て2009年から 日経電子版の企画開発に関わる。 2011年ごろから社内エンジニアによる開発の内製化を主導、初代 スマホウェブ版や「爆速化」したウェブ版を担当。 2017年データドリブンを加速するための教育制度「データ道場」を 開始。現在は機械学習・AIのプロジェクトを管轄しつつ、開発環境 の改善や社内人員のトレーニングに取り組んでいる。 自己紹介

    2
  3. 日本経済新聞社について 3 1876年(明治9年)12月創刊 約140年の歴史 全世界で300万部(紙・電子 版の合計)を発行する世界 最大の経済新聞社

  4. 4 日経電子版って 消費者向けのインターネット有料サービスの先駆け。 月額4200円!という高いサービスに60万人もの有料会員がいる ※紙とのセット売りでは電子版部分は1000円

  5. • ブラウザー向け • iPhone/Android向けアプリ • 認証、課金 • CRM・データ分析 • コンテンツマネジメント・システム

    • 広告 • グループ会社、サードパーティー連携 • ビジュアライゼーションコンテンツ制作 などの企画・開発を手がける 日経電子版の開発業務 5
  6. 6 ビジュアライゼーション データ、技術、デザ インを総合的に駆 使するコンテンツ開 発 vdata.nikkei.com

  7. 日経電子版で働く人たち 7 エンジニア、データサインティスト、デザイナー、マーケ ター、ビジネス企画

  8. 8 FTとの連携 • 2015年買収 • 爆速サイト開発 • データ分析プロジェクト ◦ 1人渡英中

    • 編集システムなどの情報 を共有 • 英語力++ ◦ 英語ランチ会も実施中
  9. 新聞販売店が間に入り、読者が誰で、どんな風に、どんな記事を 読んでいるかの情報は持っていなかった。 ※アンケート等で収集したものは除く 日経電子版以前 9

  10. 電子版では読者との直接取り引きとなり、いつ、誰がどんな風 にどの記事を読んでいるかわかるようになった 日経電子版以降(2010年)以降 10

  11. 800万人以上の日経ID会員データ 250万件の記事 • どのボタンを押したか • どこまでスクロールしたか • どの記事の見出しをみて、どの記事を結果的に読ん だか/読まなかったか 平日1日のデータ量 1億件

    11
  12. 読者の過去20日間の利用頻度、閲覧した記事本数か ら算出される数値を事業に関わる人全体で向上させる べきものとして定義 →エンゲージメント指標 →この数値が高いほど読者が解約しにくい データを元に共通の目標を設定 12

  13. 13 • Super Loyal • Loyal • Middle • Light

    • Dormant エンゲージメントの数値によって5つのカテゴリーにわ けている エンゲージメントレベル
  14. 14 • 外部のSaaS型+オンプレからAWS上に内製のプラットフォーム を構築 • データを分析したり、収集したりする自由度が圧倒的に上がった ◦ RedashやElasticsearch/Kibanaで分析 新データプラットフォーム Atlas

  15. ここまでの話 • そもそも顧客データを持っていなかった会社が集める ようになった • 自社製のデータプラットフォームを構築 →あとはデータを扱える人を増やしていく 「データ分析の民主化」 15

  16. お金や人をかけて、仕組みは作った。 、、、でも誰も使わない 実際よくある話 16 触り方がわからない、 アクセス方法がわからない、 忙しくて手が付かない

  17. 2017年からデータドリブンを進めていくためのトレーニングの枠組み として「データ道場」を開始 そこで「データ道場」 17

  18. データ道場の概要 • 3ヶ月に渡ってデータ分析のためのノウハウを身につけるための トレーニング • 毎週1日3時間、5〜10人ぐらい • 宿題が出るときも • データ分析のトレーニングをやっているデータミックス社にカリ

    キュラム作成と講師役を委託 18
  19. データ道場のカリキュラム 19 • SQL基礎 ◦ 簡単なSELECT文 ◦ 縦持ち横持ち ◦ with句

    • 実践編 ◦ PDCAサイクルをど う回すのか ◦ 各チームごとの事 情に合わせてカス タマイズ
  20. 施策をやるときの基本姿勢を身につける • ビジネス上のゴールに結びついているか • ビジネスゴールに結びつくKPIを設定 • KPIとそれをトラッキングするダッシュボード • 施策の中止条件 •

    サンプルサイズの決め方 • 予想されるインパクト(期待値) ◦ できればシミュレーションする 20
  21. 21 ダッシュボード 各担当者がredashでクエリを書いて、ダッシュボードを作成 Kibanaなど他の可視化ツールを使うこともある

  22. • シミュレーションをしてみると、やろうと思っていた施 策があまりインパクト出ないかもしれないことがわか る ◦ 例:機械学習でユーザーの回遊性をあげるよりも、 スマホアプリのインストール率/利用率を上げるほう が効果がある • 特に直接経費がかかるようなものは試算してみる

    施策をする前にインパクトを考えてみる 22
  23. 事例:PC版の記事下リンクパーツ 23 データ道場に参加した担当者がその後UI改善に取り組んで、クリッ ク率を4倍にアップさせた

  24. • 分析・マーケティング担当者向け • 編集関係者向け • PCサイト担当者向け • SQL基礎編のみコース(デザイナー、マーケティング、広告担当 者なども) •

    B2B担当者向け • マーケティング・プロモーション担当者向け 社員200人以上がSQLの基礎的な知識を持っている これまでのデータ道場 24
  25. • データ分析はまともにやろうとするとかなりコストがかかる ◦ 一部のデータサイエンティストだけに任しておいても、やれる範 囲が限られる • 分析をすることで担当者が初めて足りないデータに気がつく ◦ たいてい最初はPVなどの最低限のデータしかとってない ◦

    分析ができないことで、追加で取得しないといけないデータがわ かる→開発時にそれを入れ込むようになる • 各プロダクトの担当者が関わることで初めて本当に役立つデータ が取れるようになる そもそも何でデータの民主化が必要なんだっけ? 25
  26. • まだまだ道半ば • より大きな施策にたくさん取り組んでいかないといけな い ◦ その際に必ずデータを見る能力が必要になる ◦ たくさんの人が同じ知識レベルで話せるようにしたい 実際には

    26