$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

ローカル開発環境をAWSへ移行して爆速にした

yuu26
September 12, 2022

 ローカル開発環境をAWSへ移行して爆速にした

Kyash TechTalk #4 の登壇資料です。
登壇時の動画は YouTube から閲覧できます。

yuu26

September 12, 2022
Tweet

More Decks by yuu26

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. ローカル開発環境を AWSへ移行して爆速にした 2022/09/12 Kyash

    TechTalk #4
  2. ©2022 Kyash Inc. 自己紹介 株式会社Kyash SREチーム (Engineering Manager, Tech Lead) SIerでオンプレミスのインフラ構築を経験後、

    Webサービス企業2社でのSREを経てKyashへ入社。 副業でECサイトのSREやチャットボット開発など。 最近はスプラトゥーン3で色塗り業をしています。 Kyash: @yuu26 Twitter: @m_on_yu GitHub: @yuu26jp 上原 佑介 2
  3. ©2022 Kyash Inc. 3 目 次 1. ローカル開発環境の課題 2. AWS開発環境の整備

    3. 構築を自動化する 4. 今後の取り組み 5. まとめ Table of contents
  4. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. 1. ローカル開発環境の課題 4 4

  5. ©2022 Kyash Inc. 1. ローカル開発環境の課題 マイクロサービス構成でサービス数は30前後 アプリAPI用と決済ネットワーク用でシステムの入口が主に2つある インフラはAWS、コンテナはECS + Fargate

    環境は主に以下の4つ • AWS本番環境 • AWS検証環境 x2 • Mac上のローカル開発環境 Kyashのシステム構成 5
  6. ©2022 Kyash Inc. 1. ローカル開発環境の課題 MacのDocker上で各マイクロサービスのコンテナを起動 一通りの機能を試すには13個ほどのサービス起動が必要 CPUが張り付いたりI/O遅い問題で重すぎる状態に…… さらにiOSやAndroidのシミュレータも起動すると非常につらい ⇒開発に支障が出るため対策を検討することに

    ローカル開発環境における課題 6 Service A Service B Service C ・ ・ ・ Editor Simulator
  7. ©2022 Kyash Inc. 7 1. ローカル開発環境の課題 Linuxの開発マシンを用意する • I/O遅い問題が解決できる •

    MDMなどの関係ですぐには導入が難しい • エンジニア全員のマシンを一度に入れ替えるのは厳しそう クラウド上に開発環境を用意する 【採用】 • I/O遅い問題が解決できる • 物理マシンではないのでMDM面での懸念がない • 平日昼間のみ稼働させることでコストは比較的抑えられる 検討した案
  8. ©2022 Kyash Inc. 8 1. ローカル開発環境の課題 ローカルで起動するリソースが減ることでMacの負荷が軽減されるはず クラウド上に開発環境を用意する Editor Simulator

    Service A Service B Service C ・ ・ ・ Editor Simulator Service A Service B Service C ・ ・ ・ +
  9. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. 2. AWS開発環境の整備 9 9

  10. ©2022 Kyash Inc. 10 2. AWS開発環境の整備 要件を洗い出すと…… 1. 個人ごとに環境を分離したい 2.

    サクッと構築したい 3. ローカルでのファイル変更をスムーズに反映したい 4. 維持コストはなるべく抑えたい AWS上でどのように環境を構築するか
  11. ©2022 Kyash Inc. 11 2. AWS開発環境の整備 要件を洗い出すと…… 1. 個人ごとに環境を分離したい 2.

    サクッと構築したい 3. ローカルでのファイル変更をスムーズに反映したい 4. 維持コストはなるべく抑えたい FargateではなくEC2を利用する方針に決定 1. インスタンス単位で完全に分離できる 2. EC2イメージから3分で構築可能 3. GoLandやVSCodeのSSHリモートホスト機能が使える 4. Fargateを多数起動するよりEC2の方が安い AWS上でどのように環境を構築するか
  12. ©2022 Kyash Inc. 12 2. AWS開発環境の整備 ・個人用EC2インスタンス (m5.large)   ⇒ ローカル用の

    docker-compose.yml を流用 ・個人用ドメイン   ⇒ <name>.kyash-dev.com ・ALB (共有)   ⇒ モバイルアプリのリクエスト受信用   ⇒ サブドメイン名で転送先を振り分け ・WAF (共有) ・ACM (共有) システム構成 ※ドメイン名はダミーです
  13. ©2022 Kyash Inc. 13 2. AWS開発環境の整備 GoLandやVSCodeのSSHリモートホスト機能を用いて、 ローカルで変更したファイルを即座にリモートホストへ反映できる。 SSH機能でファイル変更を即反映 Editor

    Simulator Service A Service B Service C ・ ・ ・ + SSH on SSM
  14. ©2022 Kyash Inc. 14 2. AWS開発環境の整備 • インスタンスへのSSH直接接続は禁止 ◦ 必ずSSM経由のSSHを利用すること

    ◦ SSHポートは開放しない • インスタンスは毎日22時に自動シャットダウンされる ◦ 止め忘れによる費用増加を防ぐ ◦ 夜間に検証を走らせたいときは自動シャットダウン自体を止める (余談) クラスメソッド社のopswitchを使うと リソースタグ単位でスケジュールした時刻にEC2やRDSを起動停止できるので便利 運用ルール
  15. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. 3. 構築を自動化する 15 15

  16. ©2022 Kyash Inc. 16 3. 構築を自動化する 1. Terraformのworkspaceを作る 2. terraform

    apply 3. gitconfigやユーザ名の設定を行う 4. 利用可能! 環境を立ち上げるまでの流れ
  17. ©2022 Kyash Inc. 17 3. 構築を自動化する Terraformの管理イメージ (共有リソース) ※ドメイン名はダミーです terraform

    ├── README.md ├── modules ├── general  ※Terraform Workspace │ ├── 個人用リソース (EC2, ALBルール等) │ └── _tfvars │ ├── uehara.tfvars │ ├── tanaka.tfvars │ └── <workspace name>.tfvars └── shared └── 共有リソース (ALB本体, ACM, WAF等)
  18. ©2022 Kyash Inc. 18 3. 構築を自動化する Terraformの管理イメージ (個人用リソース) ※ドメイン名はダミーです terraform

    ├── README.md ├── modules ├── general  ※Terraform Workspace │ ├── 個人用リソース (EC2, ALBルール等) │ └── _tfvars │ ├── uehara.tfvars │ ├── tanaka.tfvars │ └── <workspace name>.tfvars └── shared └── 共有リソース (ALB本体, ACM, WAF等)
  19. ©2022 Kyash Inc. 19 3. 構築を自動化する 環境を追加する際は、genaralでWorkspaceを 増やすだけで個人用リソースのみが追加作成される。 【工夫点】 ALBのサブドメイン振り分けを自動化するために、

    リスナールールのみ general に配置した。 Terraform上での管理方法 terraform ├── README.md ├── modules ├── general  ※Terraform Workspace │ ├── 個人用リソース (EC2, ALBルール等) │ └── _tfvars │ ├── uehara.tfvars │ ├── tanaka.tfvars │ └── <workspace name>.tfvars └── shared └── 共有リソース (ALB本体, ACM, WAF等)
  20. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. 4. 導入効果と今後の取り組み 20 20

  21. ©2022 Kyash Inc. 21 4.導入効果と今後の取り組み 導入効果 • コンテナリソースがEC2に移ったためMacの高負荷問題が解消! ◦ 遅いときは10分ほど掛かっていた起動待ち時間がなくなった

    • 環境追加が容易になった ◦ 新メンバーのオンボーディングが少し楽になった ◦ Mobileチームが自前でサーバサイドの検証環境を追加可能になった 今後の取り組み • Slackコマンドでインスタンスを起動可能にする ◦ マネジメントコンソールやCLIを毎度叩くのは手間なのでSlackでシュッとやりたい • PRベースの検証環境を自動生成する ◦ EC2を1台立ち上げるだけなら現実的な待ち時間で生成できそう
  22. ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. 5. まとめ 22 22

  23. ©2022 Kyash Inc. 23 5. まとめ ローカル開発環境をAWSへ移行して爆速にした • マイクロサービス数が30近くありローカルでは限界が来ていた •

    Dockerリソースの動作場所をAWSへ移すことで解決した • 検証環境をスムーズに増やせるようになった Kyashでは各職種にて絶賛採用中! • エンジニアも、エンジニア以外の方も様々なポジションがあります • まずは話を聞くだけのカジュアル面談から始められますのでぜひ!