Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

セキュリティ・キャンプ2017 集中Zトラック成果報告

セキュリティ・キャンプ2017 集中Zトラック成果報告

丸3日間、アンチウィルスソフトウェアに必要なあれこれを作り続けました。圧倒的成長。

F84f8fb6188c67bd9bd9477f546a8347?s=128

bachi/yuzuhara

August 31, 2017
Tweet

More Decks by bachi/yuzuhara

Other Decks in Technology

Transcript

  1. セキュリティ・キャンプ 全国⼤会2017 集中Zトラック成果報告 2017/08/18 集中Z

  2. 何をやったトラックなのか? ・・・するようなシステムに耐えうる、 アンチウィルス製品の技術開発 をやりました

  3. Overview アンチウィルスクライアント (PCでもIoTでも何でも) Z4. 圧倒的⾼速な FireWall(IDS) インターネット 圧倒的なシグネチャマッチング コンポーネント Z3.

    圧倒的⾼速な シグネチャスキャン Z1. 圧倒的な ELFマルウェア シグネチャ Z5. 圧倒的⾼速な マルウェア検知付き ファイルストレージ Z2. 圧倒的な ELFマルウェア 分類器
  4. 圧倒的コンテンツ⼒を誇る講師による28時間 • Z1: ⾼品質なELFマルウェアシグネチャ(yara)の作成 • Z2: ⾼精度なELFマルウェア分類 • Z3: yaraシグネチャマッチングの⾼速化

    • Z4: 圧倒的⾼速なIDS(パケットフィルタ)の作成 • Z5: 圧倒的⾼速なマルウェアスキャンクラウドストレー ジの作成
  5. 講師の紹介 • Z1. アドリアン ヘンドリック (@unixfreaxjp) 株式会社ラック • Z1. 丑丸

    逸⼈ (@ucq) 株式会社サイバーディフェンス研究所 • Z2.⼤居 司 リサーチエンジニア • Z3. 新屋 良磨 東京⼤学 • Z4. 浅⽥ 拓也 (@syuu1228) ScyllaDB • Z2., Z5. 忠鉢 洋輔 (@ybachi) 株式会社アクティブディフェンス研究所 / 情報セキュリティ⼤学院⼤学
  6. None
  7. Before After Z1 Linuxのコマン ドわかんない ELF?なにそれ 3⼈ともリックさんも「うん、 すごくいいと思う」と納得のシ グネチャを量産 Z2

    ELFマルウェア とは⼀体なん だったのか 新しいELFマルウェアの検知⼿ 法を講師と⼀緒に考え、検知率 などを測定、圧倒的検知⼒
  8. Before After Z3 正規表現は少しわかる C⾔語はちょっと 圧倒的⾼速化により固定⻑⽂字列検 索を最⼤4.5倍に Z4 C⾔語の講義は⾚点で した

    ゆるふわWeb系プログ ラミングはできるけど、 ポインタ? DPDKで10Gbpsを捌くパケットフィ ルタ(⼿作りACK/RSTで⽌める)実 装しました Z5 Go初めて書きます 1プロセスで1024並列TCPデータ転 送が可能なストレージ作りました。 当然マルウェアも⾼速スキャン
  9. 集中Zの成果報告発表(Day5) • Zコースは希望者が発表しました • 発表者 • ⽯⽥さん(Z1) • 楠⽬さん(Z2) •

    藤⽥さん(Z4)