Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Reactハンズオンラーニングを読んだので感想を語る

あけの
September 08, 2022

 Reactハンズオンラーニングを読んだので感想を語る

あけの

September 08, 2022
Tweet

More Decks by あけの

Other Decks in Programming

Transcript

  1. @akeno_0810 2022.09.08 Reactハンズオンラーニング を読んだので感想を語る フロントエンドLT会 - vol.8 #frontendlt

  2. 自己紹介 About me あけの (@akeno_0810) Webエンジニア歴2年くらい API/コード設計, チーム開発の効率化, 要件定義 Amplify使ったことないので気になる…

    触っている技術 最近興味のある分野
  3. 概要 About this talk X React(Next.js)歴10ヶ月くらd X 体系的な知識を仕入れない状態でやってき$ X 一通り読んで気になった部分を話す(積読だった)

    X 関数型プログラミン’ X フッ„ X パフォーマン€ X データ取t X Suspense https://www.oreilly.co.jp/books/9784873119380/ Alex Banks、Eve Porcello 著、宮崎 空 訳 Reactハンズオンラーニング 第2版 オライリー・ジャパン発行 ISBN: 978-4-87311-938-0
  4. 関数型プログラミング

  5. 関数型プログラミング JavaScriptにおける関数型プログラミングの説明が盛り込まれている 命令型との対比でこれから目指すコードの形が表されている ここを理解することがReactの設計の理解に繋がっている 宣言的に書けるか否かがReactらしいコードかどうか https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-03/3.3/3.3.7

  6. フック

  7. フック ステートを管理して、値をバケツリレーで各コンポーネントに配るのが基本 ステートの管理に使えるフックなるものがある https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-06/6.1/6.1.1 ステートの変更が再描画をトリガーするという認識は持った - useState - useReducer -

    useContext Formのcontrolled/uncontrolled 前者はReactでステート管理出来る分多少重い 後者はRefを用いてDOMを参照する必要がある https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-06/6.3/6.3.1
  8. フック カスタムフックの設計 https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-06/6.3/6.3.3 どんどん宣言的になっていくので、そちらを向いて作るのが良さそう 関心の分離を進めている フックの種類 useLayoutEffect...? → render後paint前に呼ばれる(useEffectとは違いレンダリングをブロックする) useEffect

    → 描画の副作用という認識を持つ https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-07/7.1/7.1.1 render内ではUI構築に関する処理のみが書かれているべき console.logをuseEffect内で書くという発想はなかった →ログを非同期的に出力するカスタムフックになるのか…?
  9. フック 依存配列の同一性について https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-07/7.1/7.1.2 Reactで用意されているフックは参照を比較するが、深い比較をするライブラリもある… 参照を比較するのでスプレッド演算子が多用される傾向にある useMemoとuseCallbackの使い方 依存しているものが変わらない限り同一のものとして扱いたい →変更されると副作用や再描画が起こるため useReducerでのさらなる抽象化 https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-07/7.3/7.3.1

  10. パフォーマンス

  11. パフォーマンス React.memo 使ってない… 複雑さを受け入れてでもパフォーマンスを求める場面が来たら使うという認識 理解せずに使うと意図せぬ挙動が起こりやすく見える とりあえず囲っておくのもありに見える predicateを使うより親でuseMemoやuseCallbackを使うパターンを取っている →linterもあるし楽 問題のあるところを計測して修正するのが良くて、 最初からパフォーマンスを過度に気をつけて作る必要はなさそう

    →ある程度はReactがよしなにやってくれる
  12. データ取得

  13. データ取得 localStorage + FetchAPI + useEffectでの取得をしている https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-08/8.3 データの管理が複雑なのでデータ取得ライブラリの有用性がわかる UIの構築に必要な戻り値を持つフックの提供があると楽(data,error,loading,etc...) 末端のコンポーネントでのAPI呼び出し

    https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-08/8.5/8.5.2 親コンポーネントでのデータ取得から分配するパターンを取ることが多いので 表現の違いが見える unmountされた際の検出とリクエストのキャンセル https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-08/8.5/8.5.3 →データ取得を自前で実装することの面倒さを感じる
  14. Suspense

  15. Suspense ErrorBoundaryの関数コンポーネント or フックが欲しい https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-09/9.u e React.lazyを使ったコンポーネントの遅延読み込V e Promiseを返す非同期処理 データ取得ライブラリと対応している

    https://github.com/oreilly-japan/learning-react-2e-ja/tree/master/chapter-09/9.3/9.3.3 loading → Suspense.Fallback error → ErrorBoundary.Fallback Promise(非同期処理)の状態に合わせてどうするかを明確に書ける 異常系の処理を正常系の処理をしているコンポーネントの外に追い出せるのが良い
  16. まとめ

  17. まとめ 本を眺めた結果、Reactは - カスタムフックをどう設計するか - 1つのフックで多くのことをせずに複数のフックに分割する - 既存のライブラリがどういうフックを提供しているかから学ぶ - TypeScript力が試される

    - State・Promiseをどう管理するか - Server/Global/Localの切り分けと再描画の管理 - 今のところ前2つはライブラリ依存なので、 LocalState以外を意識することがない に尽きる。(現在の自分の見える範囲) 書く時もこの辺で迷ってることが多く…
  18. https://www.oreilly.co.jp/books/9784873119380/ Thank you! フックの依存チェーンが出来るのが厄介 これを分かりやすいと捉えるのが難しい 結局カスタムフックをどう作るかにぶつかる - 宣言的な書き方に慣れる - 手続き的なコードを末端に寄せていく

    コンテナ・プレゼンテーションパターン 疎結合であること 反省 ハンズオンラーニングなのに手元でコードをまだ動かしていない…