Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

What about Temporal in JavaScript

012765e2e29cd000be9e0f32236c46d2?s=47 Araya
February 07, 2019

What about Temporal in JavaScript

Temporalについてまとめています。
Meguro.es #19のLTでトークした際のスライドです。

012765e2e29cd000be9e0f32236c46d2?s=128

Araya

February 07, 2019
Tweet

Transcript

  1. Temporal について Temporal について あらや @arayaryoma Meguro.es #19 @ oRo

  2. 自己紹介 自己紹介 あらや/Ryoma Abe あらや/Ryoma Abe 合同会社ヘマタイト/ フリーランス 合同会社ヘマタイト/ フリーランス

    @arayaryoma @arayaryoma JavaScript/TypeScript/Go/Kotlin 好き JavaScript/TypeScript/Go/Kotlin 好き Angular/React/ReactNative/Next.js Angular/React/ReactNative/Next.js
  3. 話すこと 話すこと Temporal とはなにか なぜ提案されているのか 使い方 注意点 議論されている内容

  4. Temporal とは Temporal とは ECMAScript に出されているproposal の1 つ(Stage2) 一言でいうとDate よりも日付・時間を扱いやすくするためのもの

    Microsoft の方3 名・Bloomberg の方1 名の計4 名 がChampion ISO8601, IANA などの規格に準拠している Proposal: polyfill: https://github.com/tc39/proposal-temporal https://github.com/pipobscure/tc39-proposal-temporal
  5. なぜproposal が出されたか なぜproposal が出されたか JavaScript のDate object が扱いづらい

  6. Date の問題点 Date の問題点 Date object がタイムゾーンをサポートしていない Date の計算が扱いづらい グレゴリオ暦以外のカレンダーがサポートされていない

    parser が貧弱かつ無効なdate format 等について標準化されていない mutable である より https://maggiepint.com/2017/04/09/fixing­javascript­date­getting­started/
  7. Date の問題点 Date の問題点 Date object がタイムゾーンをサポートしていない Date の計算が扱いづらい グレゴリオ暦以外のカレンダーがサポートされていない

    parser が貧弱かつ無効なdate format 等について標準化されていない mutable である より https://maggiepint.com/2017/04/09/fixing­javascript­date­getting­started/ Date への機能追加で対応できる 挙動を変えてしまうため、新しいobject がほしい
  8. おまけ: なんでこんな使いづらいの? おまけ: なんでこんな使いづらいの? より https://maggiepint.com/2017/04/09/fixing­javascript­date­getting­started/ Brendan Eich がJavaScript を10

    日で作り上げた時に、 Java のjava.Util.Date の実装をコピーした ただ、当時のjava.Util.Date は非常に使いづらく、 事実それらのほとんどが2 年後のJava1.1 でdeprecated となった
  9. Temporal の用語 Temporal の用語 Civil Civil Instant Instant UTC と関連性を持たないオブジェクト

    UTC と関連性を持つオブジェクト CivilDate CivilTime CivilDateTime Instant ZonedInstant
  10. 使い方: 使い方:CivilDate const date = new CivilDate(2019, 2, 7); console.log(date.year,

    date.month, date.day); // -> 2019 2 7 console.log(date.dayOfWeek); // -> 4 // Monday - Sunday : 1 - 7 ISO 8601 準拠!! const newDate = date.plus({years: 1, months: 2, days: 30}); console.log(date.year, date.month, date.day); // -> 2019 2 7 console.log(newDate.year, newDate.month, newDate.day); // -> 2020 5 7 console.log(date.toDateString()); // -> "2019-02-07"
  11. 使い方: 使い方:CivilTime const time = new CivilTime(22, 45, 0, 0,

    0, 0); console.log(time.hour, time.minute, time.second, time.millisecond, time.microsecond, time.nanosecond); // -> 22 45 0 0 0 0 const newTime = time.plus({hours: 1, minutes: 20}); console.log(time.hour, time.minute, time.second); // -> 22 45 0 console.log(newTime.hour, newTime.minute, newTime.second); // -> 0 5 0 console.log(time.toString()); // -> "22:45:00.000000000" const dateTime = time.withDate(new CivilDate(2018, 2, 7)); // CiviDate object を返す
  12. 使い方: 使い方:CivilDateTime const dateTime = new CivilDateTime(2019, 2, 7, 22,

    45, 0); const newDateTime = dateTime.plus({years: 1, hours: 1}); console.log(dateTime.toString()); // -> "2019-02-07T22:45:00.000000000" console.log(newDateTime.toString()); // -> "2020-02-07T23:45:00.000000000" const zoned = dateTime.withZone('Asia/Tokyo'); // ZonedInstant object
  13. 使い方: 使い方:Instant const instant = new Instant(1549547100000) const instantWithNanoSec =

    new Instant(1549547100000000000n) // Polifyll のdoc ではnano 秒をBigInt で渡す仕様になっている const zoned = instant.withZone('Asia/Tokyo'); // ZonedInstant object console.log(instant.toString()); // -> "2019-02-07T22:45:00.000000000Z"
  14. 使い方: 使い方:ZonedInstant const instant = new Instant(1549547100000) const zoned =

    new ZonedInstant(instant, 'Asia/Tokyo'); const date = zoned.toCivilDate(); const time = zoned.toCivilTime(); const dateTime = zoned.toCivilDateTime(); const str = zoned.toString(); // "2019-02-07T22:45:00.000000000+09:00[Asia/Tokyo]" const newZoned = zoned.fromString(str); // fromString はtoString で返されうる文字列のみをサポート
  15. 議論されていること 議論されていること https://github.com/tc39/proposal-temporal/tree/master/meetings Temporal のAPI をDate にも登載するようなproposal を出すか否か Temporal にフォーカスすべき(

    全会一致) Temporal って名前変えたほうがいい?批判受けたことある? No. どちらかというとCivil prefix への文句が多い。 Civil prefix については議論しましょう。 2 月末に仕様完成させたい。その後@std/temporal としてpolyfill をnpm に publish できるから最高。 入力として有効なものと無効なものを完全に定義したい。
  16. 使う際の注意点 使う際の注意点 仕様がまだ定まっていなく、doc の項目がTBD だったり polifyll とspec で合わない箇所がザラにある そもそもproposal が落ちる可能性あり

    format を指定して文字列をparse するといったことはできない。 ( 例えばWeb API が日付を"2019/02/07" で返してきた時など) // Go だとこういうことができる t, _ = time.Parse("2006/01/02", "2019/02/07")
  17. まとめ まとめ Temporal はDate の失敗を繰り返さないためのmodule 実用するにはまだ厳しい 気になるproposal のmeeting note などを読むと、策定者たちが何を考えているのか見

    られるのでオススメ // import standard library import { CivilDateTime, ZonedInstant } from 'std:Temporal'; const dateTimeTokyo = new CivilDateTime(2019, 2, 7, 22, 45); const instantInTokyo = dateTimeInTokyo.withZone('Asia/Tokyo'); const instantInSydney = new ZonedInstant(instantInTokyo.instant, 'Australia/Sydney'); const dateTimeInSydney = instantInSydney.toCivilDateTime(); dateTimeInTokyo.toString(); // '2019-02-07T22:45:00.000000000' dateTimeInSydney.toString(); // '2019-02-07T20:45:00.000000000' 20xx 年のJavaScript(??)
  18. 参考資料 参考資料 https://github.com/tc39/proposal-temporal https://github.com/pipobscure/tc39-proposal-temporal https://maggiepint.com/2017/04/09/fixing-javascript-date-getting-started/ https://en.wikipedia.org/wiki/ISO_8601