Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CLAPオーディオプラグイン is 何?

CLAPオーディオプラグイン is 何?

at MusicLT vol.2 (2022/5/26)

24837993455f54c957883ba1f1db7f2d?s=128

Atsushi Eno

May 26, 2022
Tweet

More Decks by Atsushi Eno

Other Decks in Technology

Transcript

  1. CLAPオーディオプラグイン is 何? atsushieno

  2. CLAPとは 2021年末にu-heとBitwigがKVRでサポート表明して話題になった、 新しいオープンソースのオーディオプラグインフォーマット

  3. オーディオプラグインフォーマットとは 「任意のDAW」と「任意の楽器やエフェクター」の任意の組み合わせでお互いが問題なく 動作する仕組み(API、ライブラリ、フレームワーク) Steinberg VST, Apple AudioUnit (AU), LV2 (LADSPA

    v2), DirectX plugin (DX/DXi)など source
  4. u-he? Bitwig? KVR? u-he : オーディオプラグインベンダーのひとつ (Zebra, Hive, etc.) 󰎲

    Bitwig : Bitwig Studio DAWの開発元󰎲 KVR : 音楽系ポータルサイト(新製品の告知などを自分で出せる)
  5. 新し…新しくない? 実は昔からあった Post

  6. プラグインAPIってどんなやつ? プラグインはこういうやつを実装する(free-audio/clap-plugins のC++コード)

  7. CLAPの特徴 (1) MITライセンス • 誰にも許諾を得ること無く商用プラグインをリリースできる • VST3はライブラリなのにGPLv3 = 実質商用ライセンス or

    自由ソフトウェア ◦ JUCEとかもそう
  8. CLAPの特徴 (2) C API 他言語でバインディングを作りやすい(ただRT audioの制約は厳しい) 実際にプラグインを作るときはC++等でいい

  9. CLAPの特徴 (3) パフォーマンスが良い? プラグインリストの取得が高速 (LV2もそう) スレッドの生成をホストから指示できる (LV2もそう) プラグインのリソースを分離しており、ホストで共有できる (KVR)

  10. CLAPの特徴 (4) シンプルで誤解の余地が小さい? Cヘッダコメントが想定される挙動を 細かく説明している (ドキュメントはほとんどない) events.h

  11. CLAPでできること 全部拡張機能として作り込まれている

  12. LV2でもよかったんじゃないの? (ISC, C API, cross-plat...) u-he「詳しくないんだけど、移植してもらったら投げ出されたことがあって…」 (LV2はわりと難解なのでまあわかる)

  13. CLAP対応プラグイン u-he  ※READMEのリンク先が死んでて見つけられず SurgeXT  OSSのシンセサイザー  メイン開発者がCLAPにも少しコミットしている  nightly buildには含まれている(らしい) ※現状ほとんどない(free-audio/clap-plugins などはある)

  14. CLAP対応DAW Bitwig Studio 4.2 beta1以降で隠しオプションを有効にすれば利用できるが古い 現在 = 2022/5/26 時点でのCLAPバージョンなら4.3beta ※現状ほとんどない(free-audio/clap-hostなどはある)

  15. 新しいオーディオプラグインフォーマットの課題 DAW「新しいプラグインフォーマットに対応するのは大変…」 プラグイン「新しいプラグインフォーマットに対応するのは大変…」 …でもC++の閉鎖空間とSteinberg(とApple)の独占状況は何とかなったほうがいい

  16. 展望: 対応プラグインは増えるのか…? マルチプラグインSDKを使う • JUCE + clap-juce-extension JUCEが想定しているプラグイン機能の全てに対応しているわけではないが、基本部分は使える • Avendish

    CLAP export DSPなども作れる新手のメディア系 C++20ライブラリ(動作未確認) プラグインラッパーを作る • どのプラグイン規格も概ね同じなので、他の規格のプラグインを包み込むプラグインにする ◦ lv2vst (LV2をVSTとして使う) ◦ LinVst, yabridge (Windows VSTをwine経由で使う) →そこそこ楽観視してもいいのではないか
  17. Resources 資料・コミュニティ https://github.com/free-audio/clap https://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?t=574861 https://www.theaudioprogrammer.com/ のDiscord server (#clap)