Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Annotate Windows API!

Be27f3e349639f80e28f5fff1d0bc4a2?s=47 Bigdrea6
October 17, 2021

Annotate Windows API!

seccamp2021のZ7トラックで制作したGhidraの拡張機能の説明スライドです

Be27f3e349639f80e28f5fff1d0bc4a2?s=128

Bigdrea6

October 17, 2021
Tweet

More Decks by Bigdrea6

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Annotate Windows API ! Z-VII リバースエンジニアリングを支えるGhidra拡張機能の開発

  2. • 高専4年 • Cトラック + Z-VII • Twitter : @Bigdrea6_

    • Github : Bigdrea6 今回発表するスクリプトは以下に上げています https://github.com/Bigdrea6/winapi-ghidra 自己紹介
  3. Ghidraのおさらい、 Ghidra API CookBookの学習&ハンズオン Day1 Day2 Day3 Flow Ghidra Scriptの開発演習、各自の

    テーマで拡張機能の実装開始 オレオレ拡張機能のお披露目会 8/22、9/19、9/26 当日ごとの感想+メモは https://scrapbox.io/bigdrea6/ の キャンプ五日目(後半)、キャンプ七日目(後半)、キャンプ八日目(後半)にあります。
  4. As a PE Analyst I want WindowsAPIの詳細表示 So that 見やすい

    + なんとなく分かる User Story • 日頃はELFを触ることが多い(CTFとか) • 名前で予測できないWindows API。なんの意味を持つかいまいち分からない引数たち。 これを毎回調べるのは時間がかかる。
  5. call_api_table.py api_summary.py auto_equate_setting.py (by my dictionary) 01 02 03 04

    auto_equate_setting.py (by gdt) Step APIをCALLするアドレスとそのAPIを一覧表示する APIの概要をコメントもしくはAPIにかざした際に見えるようにする 一部のAPIの引数(constのみ)にequateをセットする gdtから行うことである程度のAPIに対応する キャンプ中
  6. call_api_table.py Logic and results of this script 01 APIをCALLするアドレスとそのAPIを一覧表示する

  7. Logic Ghidraの解析後の情報を扱う 1. すべての外部参照に対するイテレータを取る 2. 参照タイプがcallであるかのチェック 3. このイテレータからアドレス、APIの取得 4. アドレスの順番に表示

    + APIの種類数、CALL数の表示 修正していないミス -> Thunk FunctionとかができあがるAPIはこれで拾えない 1. https://ghidra.re/ghidra_docs/api/ghidra/program/model/symbol/ReferenceManager.html#getExternalReferences() 2. https://ghidra.re/ghidra_docs/api/ghidra/program/model/symbol/Reference.html#getReferenceType() 3. https://ghidra.re/ghidra_docs/api/ghidra/program/model/symbol/Reference.html#getFromAddress() 4. https://ghidra.re/ghidra_docs/api/ghidra/app/events/ExternalReferencePluginEvent.html#getExternalLocation() 5. https://ghidra.re/ghidra_docs/api/ghidra/program/database/external/ExternalLocationDB.html#getLabel() Ghidra APIの情報
  8. Results

  9. auto_equate_setting.py Logic and results of this script 03 一部のAPIの引数(constのみ)にequateをセットする

  10. Logic Ghidraのデコンパイル後のPCodeを扱う PCodeとはGhidra独自の中間言語 1. APIの引数の取得 2. タイプがconstか、constであればoffsetの取得 3. equateを作成した辞書とoffsetの照らし合わせで決定する 4.

    equateのセット。ここでDynamicHashを使用することでPUSHのアドレスがいらない 対応しているAPIは次の4つ。 CreateProcessA、RegCreateKeyExA、RegValueExA、SHGetSpecialFolderPathA 1. https://ghidra.re/ghidra_docs/api/ghidra/program/database/symbol/EquateManager.html#createEquate(java.lang.String,long) 2. https://ghidra.re/ghidra_docs/api/ghidra/program/model/pcode/DynamicHash.html#%3Cinit%3E(ghidra.program.model.pcode.Varnode,int) 3. https://ghidra.re/ghidra_docs/api/ghidra/program/model/symbol/Equate.html#addReference(long,ghidra.program.model.address.Address) Ghidra APIの情報
  11. ① ① ② ② ③ ③

  12. Results ① ② ③ ④

  13. Future • 引数のタイプに依存しない(unique, register, stack) ※ポインタはequate付の対象外 • 対応APIの増加 • 変数名の変更とか(local_210

    → pszPath) Before After
  14. Impressions • Z7でスクリプトを2つほど制作したが、講師の方々の力が大きいのでキャンプ後も続けて 自分のスクリプトを完成させる • スクリプト開発だけでなくGhidraの仕様や豆技術も知れたのがよかった • Ghidraは拡張することで使いやすくできる。積極的に開発していくべきである • インスタ映えではなくGhidra映えを考えて生きていく

    • ボタン適当に押せばおもしろい機能に出会える • PCodeとtoAddrは偉大である
  15. CREDITS ◂ Icons by Flaticon ◂ Presentation template by Slidesgo

    ◂ Ghidra API information by ghidra.re ◂ Windows API information by MSDN ◂ English by DeepL ご清聴ありがとうございました