Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

raytracingcamp6-seminar-zin

Acba696bf598b2ebf35f9b6fe832ecc0?s=47 Zin
September 04, 2018

 raytracingcamp6-seminar-zin

Acba696bf598b2ebf35f9b6fe832ecc0?s=128

Zin

September 04, 2018
Tweet

Transcript

  1. レイトレ合宿6 Zin 実装してきたこと、 これからやってみたいこと

  2. これまで実践してきたこと

  3. Blenderからシーンをエクスポート Blenderでシーンを作成 Pythonスクリプトで変換 マテリアル設定などを編集 レンダリング Blendファイル JSONファイル JSONファイル

  4. 他のレンダラー ❖Cycles ❖PBRT ❖RenderMan ❖RadeonProRender

  5. 色んなコンパイラで試してみる (C++) ❖ Windows • MSVC • Clang ❖ Linux

    (Ubuntu) • GCC • Clang ❖ macOS • GCC • Clang 私のレンダラーでのパフォーマンスは・・・ Clang (Win) [1.5x] = Clang (Ubuntu) > MSVC [1.0x] = GCC
  6. これから実践していきたいこと

  7. テストを充実させたい ❖ コードが大きくなってくると自分のレンダラーを 信じられなくなってくる ❖ 一から書き直したくなる ❖ テストを書いておきましょう

  8. テストを充実させたい ❖ 解析的なテスト • PDFの積分やエネルギー保存則、衝突判定など ❖ 機能毎のテスト • 簡単なシーンをレンダリングしてリファレンスと比較 ❖

    統合テスト • 実践的なシーンをレンダリングしてリファレンスと比較 簡単なシーンの例 実践的なシーンの例
  9. レンダラーの効率化 ❖ 年々レンダリング時間が減っていて辛い・・・ ピクセル当たりにかけられるサンプル数はどんどん減ってる ❖ レンダラーを効率化したい

  10. None
  11. None
  12. None
  13. None
  14. None
  15. None
  16. レンダラーのGPU実装 ❖CUDA ❖METAL ❖OpenGL (GLSL) ❖DirectX Raytracing ❖Vulkan などなど

  17. Vulkanについて ❖ 様々なOS上で動作 (Windows, Linux, macOS(MoltenVK)) ❖ Compute Shader を持っており、SPIR-Vを受け取る

  18. Vulkan compute shader実行までの流れ ❖ SPIR-V自体は中間表現言語、 何らかのプログラミング言語から変換する ❖ GLSLならglslang、OpenCLならclspv といったツールでコンパイルする

  19. 以上です