$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

PipeCD Introduction -Japanese-

PipeCD Introduction -Japanese-

PipeCDの概要の日本語資料です

"Continuous Delivery for Declarative Kubernetes, Serverless and Infrastructure Applications"

https://github.com/pipe-cd/pipe
https://pipecd.dev/

Tweet

More Decks by CA Developer Productivity Div

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Continuous Delivery for Declarative Kubernetes, Serverless and Infrastructure Applications Developer

    Productivity Div, CyberAgent, Inc. Presents
  2. Continuous Delivery(CD)は何故重要か? 2 Commit Changes Build Test Staging Production 継続的インテグレーション(CI)

    継続的デリバリー(CD) CD リリースの完全自動化 開発者体験の向上 迅速なリリース 優れたデリバリプロセスにより もたらされるもの
  3. CDの成熟度 3 • デプロイが十分に手順化されていない • デプロイが手動で行われている Crawl 這う • デプロイが手順化されている

    • スクリプトやUIにより、簡単にデプロイできる Walk 歩く • デプロイデータがVersioningされている • Sensitive Dataが秘匿化されている • パイプラインが整備され、一連のデリバリプロ セスが完全に自動化されている Run 走る • より安全にデプロイできる • 迅速なロールバックができる • デプロイのモニタリング、分析ができる Fly 飛ぶ CDの習熟が高まれば、より開発者は本質に集中でき、リリースのリスクも小さくできる
  4. CDの成熟がもたらす効果 4 従来型の リリースサイクル Coding Build/Delivery QA/Test Production/Verify 洗練された リリースサイクル

    デリバリ時間だけではなく、リリースプロセス全般の効率化が期待できる リードタイムの短さと、リリース回数がソフトウェア開発の競争力のひとつ
  5. より洗練されたデリバリプロセスが必要 • 複雑化するアーキテクチャに対応できる柔軟性 ◦ コンテナオーケストレーション、Service Mesh ◦ サーバレスアーキテクチャ • リリース安全性

    ◦ Approve ◦ Canary Release, Blue-Green Deployment, etc... • セキュア ◦ ユーザーが管理するネットワーク内で完結するCD ◦ 秘匿性 • 低コスト ◦ シンプルな概念やUIがもたらす低い学習コスト ◦ 安価なランニングコスト 5
  6. 6

  7. シンプルなUIと可視性 7 UIはアプリケーションの状態をリアルタイムで可視化し、 どのタイミングで何が発生したかが明示される

  8. 高度な自動化 8 エラーレートに基づく 自動ロールバック 構成変更の自動検知

  9. Self-hosted Runnerモデル 9 デプロイはクラスタに配置するpipedにより行われ、 アプリケーションのクレデンシャルが外部に漏れることがない メンテナンス性にも優れており、安価に運用が可能

  10. Multi-provider & Multi-tenancy 10 様々なプラットフォーム、アプリケーション、テレメトリーに対応 マルチクラスタ・テナンシーでの運用が可能

  11. Kubernetesエコシステムとのインテグレーション 11

  12. 今後対応予定のデプロイメント種別 12 Cloud Run AWS Lambda [Alpha] [Alpha] [Incubating] Beta:

    ドキュメント化されて利用可能 Alpha: デモ・動作可能だが、下位互換性は保証しない Incubating: プロトタイプ計画・開発中でまだ利用できない Amazon Elastic Container Service(ECS) [Incubating] [Incubating] ※2020/10/06 時点の開発状況です 最新の状態は Feature Status をご覧下さい
  13. Control Planeのコア機能 • [Beta] Web UIでのDeploymentのSyncやCancel • SSO ◦ [Beta]

    GitHub & GitHub Enterprise SSO ◦ [Incubating] Google, BitBucket • Control Planeのセルフホスティング ◦ [Beta] GCPベース(GKE + Firestore + GCS) ◦ [Incubating] AWSベース(EKS + DynamoDB + S3) ◦ [Alpha] カスタム環境(カスタムk8sクラスタ + MongoDB+ MinIO etc) • 通知 ◦ [Beta] Slack ◦ [Incubating] Webhook • [Incubating] ImageWatcher 13 Beta: ドキュメント化されて利用可能 Alpha: デモ・動作可能だが、下位互換性は保証しない Incubating: プロトタイプ計画・開発中でまだ利用できない ※2020/10/06 時点の開発状況です 最新の状態は Feature Status をご覧下さい
  14. すぐに体験できます 14 https://pipecd.dev/docs/quickstart/ ※CAグループの方は社内にマネージド環境を用意しているの で、クイックスタートの構築も不要です

  15. pipe-cd/pipe @pipecd_dev 15 https://pipecd.dev/