Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

PipeCD Introduction -Japanese-

PipeCD Introduction -Japanese-

PipeCDの概要の日本語資料です

"Continuous Delivery for Declarative Kubernetes, Serverless and Infrastructure Applications"

https://github.com/pipe-cd/pipe
https://pipecd.dev/

Tweet

Transcript

  1. Continuous Delivery for Declarative Kubernetes, Serverless and Infrastructure Applications Developer

    Productivity Div, CyberAgent, Inc. Presents
  2. Continuous Delivery(CD)は何故重要か? 2 Commit Changes Build Test Staging Production 継続的インテグレーション(CI)

    継続的デリバリー(CD) CD リリースの完全自動化 開発者体験の向上 迅速なリリース 優れたデリバリプロセスにより もたらされるもの
  3. CDの成熟度 3 • デプロイが十分に手順化されていない • デプロイが手動で行われている Crawl 這う • デプロイが手順化されている

    • スクリプトやUIにより、簡単にデプロイできる Walk 歩く • デプロイデータがVersioningされている • Sensitive Dataが秘匿化されている • パイプラインが整備され、一連のデリバリプロ セスが完全に自動化されている Run 走る • より安全にデプロイできる • 迅速なロールバックができる • デプロイのモニタリング、分析ができる Fly 飛ぶ CDの習熟が高まれば、より開発者は本質に集中でき、リリースのリスクも小さくできる
  4. CDの成熟がもたらす効果 4 従来型の リリースサイクル Coding Build/Delivery QA/Test Production/Verify 洗練された リリースサイクル

    デリバリ時間だけではなく、リリースプロセス全般の効率化が期待できる リードタイムの短さと、リリース回数がソフトウェア開発の競争力のひとつ
  5. より洗練されたデリバリプロセスが必要 • 複雑化するアーキテクチャに対応できる柔軟性 ◦ コンテナオーケストレーション、Service Mesh ◦ サーバレスアーキテクチャ • リリース安全性

    ◦ Approve ◦ Canary Release, Blue-Green Deployment, etc... • セキュア ◦ ユーザーが管理するネットワーク内で完結するCD ◦ 秘匿性 • 低コスト ◦ シンプルな概念やUIがもたらす低い学習コスト ◦ 安価なランニングコスト 5
  6. 6

  7. シンプルなUIと可視性 7 UIはアプリケーションの状態をリアルタイムで可視化し、 どのタイミングで何が発生したかが明示される

  8. 高度な自動化 8 エラーレートに基づく 自動ロールバック 構成変更の自動検知

  9. Self-hosted Runnerモデル 9 デプロイはクラスタに配置するpipedにより行われ、 アプリケーションのクレデンシャルが外部に漏れることがない メンテナンス性にも優れており、安価に運用が可能

  10. Multi-provider & Multi-tenancy 10 様々なプラットフォーム、アプリケーション、テレメトリーに対応 マルチクラスタ・テナンシーでの運用が可能

  11. Kubernetesエコシステムとのインテグレーション 11

  12. 今後対応予定のデプロイメント種別 12 Cloud Run AWS Lambda [Alpha] [Alpha] [Incubating] Beta:

    ドキュメント化されて利用可能 Alpha: デモ・動作可能だが、下位互換性は保証しない Incubating: プロトタイプ計画・開発中でまだ利用できない Amazon Elastic Container Service(ECS) [Incubating] [Incubating] ※2020/10/06 時点の開発状況です 最新の状態は Feature Status をご覧下さい
  13. Control Planeのコア機能 • [Beta] Web UIでのDeploymentのSyncやCancel • SSO ◦ [Beta]

    GitHub & GitHub Enterprise SSO ◦ [Incubating] Google, BitBucket • Control Planeのセルフホスティング ◦ [Beta] GCPベース(GKE + Firestore + GCS) ◦ [Incubating] AWSベース(EKS + DynamoDB + S3) ◦ [Alpha] カスタム環境(カスタムk8sクラスタ + MongoDB+ MinIO etc) • 通知 ◦ [Beta] Slack ◦ [Incubating] Webhook • [Incubating] ImageWatcher 13 Beta: ドキュメント化されて利用可能 Alpha: デモ・動作可能だが、下位互換性は保証しない Incubating: プロトタイプ計画・開発中でまだ利用できない ※2020/10/06 時点の開発状況です 最新の状態は Feature Status をご覧下さい
  14. すぐに体験できます 14 https://pipecd.dev/docs/quickstart/ ※CAグループの方は社内にマネージド環境を用意しているの で、クイックスタートの構築も不要です

  15. pipe-cd/pipe @pipecd_dev 15 https://pipecd.dev/