Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

New Features in C# 10/11

New Features in C# 10/11

2022/5/14
TechFeed Conference 2022

New Features in C# 10/11
C# 10 および C# 11 (Preview) の主な新機能について

1c3658db58f755e44fc1a70255c08ff7?s=128

Akira Inoue

May 14, 2022
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Senior Cloud Solution Architect, Microsoft Japan 井上 章 (いのうえ あきら)

    @chack411 2022/5/14 New Features in C# 10/11 
  2. None
  3. Simplify your code with C# 10

  4. global using ディレクティブ using ディレクティブ - C# リファレンス | Microsoft

    Docs // ex: HomeController.cs using Microsoft.AspNetCore.Mvc; using Microsoft.Extensions.Logging; using System; using System.Diagnostics; using System.Linq; using System.Threading.Tasks; using static System.Console; using Env = System.Environment; namespace WebApplication1.Controllers { ... } 通常の using ディレクティブ (ファイル スコープ) // ex: globalusings.cs global using Microsoft.AspNetCore.Mvc; global using Microsoft.Extensions.Logging; global using System; global using System.Diagnostics; global using System.Linq; global using System.Threading.Tasks; global using static System.Console; global using Env = System.Environment; global using ディレクティブ (プロジェクト スコープ) // ex: HomeController.cs namespace WebApplication1.Controllers { ... }
  5. 暗黙的な global using ディレクティブ 次の SDK を使⽤するプロジェクトには、暗黙的な global using ディレクティブが追加される

    SDK 既定の名前空間 Microsoft.NET.Sdk System System.Collections.Generic System.IO System.Linq System.Net.Http System.Threading System.Threading.Tasks Microsoft.NET.Sdk.Web System.Net.Http.Json Microsoft.AspNetCore.Builder Microsoft.AspNetCore.Hosting Microsoft.AspNetCore.Http Microsoft.AspNetCore.Routing Microsoft.Extensions.Configuration Microsoft.Extensions.DependencyInjection Microsoft.Extensions.Hosting Microsoft.Extensions.Logging Microsoft.NET.Sdk.Worker Microsoft.Extensions.Configuration Microsoft.Extensions.DependencyInjection Microsoft.Extensions.Hosting Microsoft.Extensions.Logging Microsoft.NET.Sdk.WindowsDesktop (Windows Forms) Microsoft.NET.Sdk 名前空間 System.Drawing System.Windows.Forms Microsoft.NET.Sdk.WindowsDesktop (WPF) Microsoft.NET.Sdk 名前空間 .NET プロジェクト SDK の概要 | Microsoft Docs
  6. 最上位レベル ステートメントによる Program.cs の簡素化 using System; namespace ConsoleApp2 { internal

    class Program { static void Main(string[] args) { Console.WriteLine("Hello World!"); } } } Console.WriteLine("Hello World!"); Program.cs (Console app in .NET 5) Program.cs (Console app in .NET 6, C# 10) .NET 6 での C# コンソール アプリ テンプレートの変更 - .NET | Microsoft Docs 最上位レベルのステートメント - Main メソッドを使⽤しないプログラム | Microsoft Docs
  7. ファイル スコープ名前空間 宣⾔ namespace SampleNamespace { class SampleClass { }

    interface ISampleInterface { } struct SampleStruct { } enum SampleEnum { a, b } delegate void SampleDelegate(int i); } namespace SampleNamespace; class SampleClass { } interface ISampleInterface { } struct SampleStruct { } enum SampleEnum { a, b } delegate void SampleDelegate(int i); 通常の名前空間宣⾔ ファイルスコープ名前空間宣⾔ (C# 10) 名前空間キーワード - C# リファレンス | Microsoft Docs
  8. New Features in C# 11 Preview

  9. C# 11 プレビュー機能 • .NET 6.0.200 SDK または Visual Studio

    2022 バージョン 17.1 以降で利⽤可能 • コンパイラ オプション (.csproj) の LangVersion を preview に設定 <Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk"> <PropertyGroup> <OutputType>Exe</OutputType> <TargetFramework>net6.0</TargetFramework> <ImplicitUsings>enable</ImplicitUsings> <Nullable>enable</Nullable> <LangVersion>preview</LangVersion> </PropertyGroup> </Project> ※ C# 11 は .NET 7 (2022年11⽉) での正式リリースを予定 C# 11 の新機能 - C# ガイド | Microsoft Docs
  10. 未加⼯の⽂字列リテラル / ⽂字列補間の改⾏ const int veryCold = -30; const int

    comfortable = 20; string jsonString = $$""" { "TemperatureRanges": { "Cold": { "High": {{comfortable}}, "Low": {{veryCold}} } } } """; 未加⼯の⽂字列リテラルと⽂字列補間 string message = $"The usage policy for {safetyScore} is { safetyScore switch { > 90 => "Unlimited usage", > 80 => "General usage, with daily safety check", > 70 => "Issues must be addressed within 1 week", > 50 => "Issues must be addressed within 1 day", _ => "Issues must be addressed before continued use", } }"; ⽂字列補間の式と改⾏ $ - ⽂字列補間 - C# リファレンス | Microsoft Docs
  11. UTF-8 ⽂字列リテラル (proposal) byte[] array = "hello"; // new byte[]

    { 0x68, 0x65, 0x6c, 0x6c, 0x6f } Span<byte> span = "dog"; // new byte[] { 0x64, 0x6f, 0x67 } ReadOnlySpan<byte> span = "cat"; // new byte[] { 0x63, 0x61, 0x74 } // u8 suffix on string literals string s1 = "hello"u8; // Error var s2 = "hello"u8; // OK and type is byte[] Span<byte> s3 = "hello"u8; // OK due to an implicit user-defined conversion from byte[] ReadOnlySpan<byte> s3 = "hello"u8; // OK due to an implicit user-defined conversion from byte[] csharplang/utf8-string-literals.md at main · dotnet/csharplang · GitHub
  12. and more … ! GitHub - dotnet/csharplang The official repo

    for the design of the C# programming language
  13. References • .NET SDK • https://dotnet.Microsoft.com/download • Visual Studio •

    https://visualstudio.microsoft.com/downloads • Learn more: • https://docs.microsoft.com/dotnet/csharp/whats-new/csharp-9 • https://docs.microsoft.com/dotnet/csharp/whats-new/csharp-10 • https://docs.microsoft.com/dotnet/csharp/whats-new/csharp-11 • https://devblogs.microsoft.com/dotnet/welcome-to-csharp-10/ • https://devblogs.microsoft.com/dotnet/early-peek-at-csharp-11-features/ • https://devblogs.microsoft.com/dotnet/csharp-11-preview-updates/
  14. n 本書に記載した情報は、本書各項⽬に関する発⾏⽇現在の Microsoft の⾒解を表明するものです。Microsoftは絶えず変化する市場に対応しなければならないため、ここに記載した 情報に対していかなる責務を負うものではなく、提⽰された情報の信憑性については保証できません。 n 本書は情報提供のみを⽬的としています。 Microsoft は、明⽰的または暗⽰的を問わず、本書にいかなる保証も与えるものではありません。 n

    すべての当該著作権法を遵守することはお客様の責務です。Microsoftの書⾯による明確な許可なく、本書の如何なる部分についても、転載や検索システムへの格納または挿⼊を⾏ うことは、どのような形式または⼿段(電⼦的、機械的、複写、レコーディング、その他)、および⽬的であっても禁じられています。これらは著作権保護された権利を制限する ものではありません。 n Microsoftは、本書の内容を保護する特許、特許出願書、商標、著作権、またはその他の知的財産権を保有する場合があります。Microsoftから書⾯によるライセンス契約が明確に 供給される場合を除いて、本書の提供はこれらの特許、商標、著作権、またはその他の知的財産へのライセンスを与えるものではありません。 n Microsoft, Windows, その他本⽂中に登場した各製品名は、Microsoft Corporation の⽶国およびその他の国における登録商標または商標です。 その他、記載されている会社名および製品名は、⼀般に各社の商標です。