Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Red Hat Runtimes - August 2020 日本語版

484571ccba0db66b69dc11761afdd0c4?s=47 Chihiro Ito
November 26, 2020

Red Hat Runtimes - August 2020 日本語版

クラウドネイティブアプリケーション開発の基盤となる Red Hat 社の Runtimes という製品群について概要を紹介する資料です。なぜこの様な製品群が必要なのかと言う背景から製品群に含まれる各製品について簡単に紹介しています。

484571ccba0db66b69dc11761afdd0c4?s=128

Chihiro Ito

November 26, 2020
Tweet

Transcript

  1. クラウドネイティブアプリケーション開発の基盤 Red Hat Runtimes Presenter’s Name Title Presenter’s Name Title

    1
  2. “既存のニーズの更新、新しいニーズの革新” 近代化と革新のバランスは難しい美学

  3. 3 企業はアプリケーション開発を 近代化する間も革新をしている CIOとIT組織は、維持と革新という ジレンマを解決する必要がある Red Hat と Illuminasより “幹部らは競争力を維持するためには、

    デジタル化のペースを加速させる必要 があると考えている” 2018年現在 60% ガートナーより 既存インフラ・アプリの近代化 新規インフラの納入・建設
  4. アジャイル、近代化、敏感な組織への転換 4 デジタル・リーダーになるチャンスをつかむ ITとビジネスの両方に 対応する新しい方法 協調文化 アジャイルプロセス 新しい協力方法と組織の構築 次世代アーキテクチャ システムとアプリケーションを

    開発、提供、統合する新しい方法
  5. APIs マイクロサービス コンテナ CI/CD ハイブリッド クラウド 最新のクラウドサービス、インフラストラクチャ、およびテクノロジーを 活用しながら、最新のアプリケーション開発フレームワークの採用を 支援する適切な製品とテクノロジーを選択する。 アプリケーション開発のための

    新しいパターンと手法の採用 5
  6. 6 アプリケーション開発の合理化、標準化、最適化を 実現する解決策をどのように選択しますか。

  7. 既存アプリの適応と 新しいアプリの開発 アプリケーションと システムの統合 手動プロセスを自動化 軽量なランタイムと フレームワーク、 インメモリキャッシング、 高性能なメッセージングと 移行ツール

    アプリケーションとシステムの 内部および外部統合のための 使いやすく、柔軟で、柔軟な ツール ビジネス・アプリケーションとプ ロセス中心の アプリケーションを作成 および変更するための 一貫した開発モデル 標準化を支援する組織 採用、トレーニング、パートナー、運用、開発の手順とガバナンス 複数のニーズに対応する包括的なソリューション お客様の環境での近代化と革新 7
  8. アプリの構築と移行 アプリの統合と組立 ビジネスプロセスの 合理化と自動化 オンプレミス、クラウド、またはハイブリッド アーキテクチャ向けの従来型および クラウドネイティブのアプリケーションの 作成、実行、および保守 物理 仮想

    プライベート クラウド パブリック クラウド Red Hat Middleware 自分のペースで近代化と革新を実現 8
  9. PROCESS AUTOMATION RUNTIMES INTEGRATION 最高クラスのランタイム、フレーム ワーク、言語; EAPとQuarkusを含 む 近代化・最適化への取り組み インメモリデータグリッドと

    標準ベースのエンタープライズメッ セージング アプリケーションのセキュリティ向上 のためのSSO認証 パターンベースの統合エンジン コネクタとデータ形式の包括的な セット 外部および内部に分散されたAPIへ のアクセスを管理および保護 ストリーミングおよび相互接続メッ セージング ビジネスアプリケーションを 作成および変更するための 一貫した開発モデル マイクロサービス・レベルでのプロセ スの自動化と意思決定 ビジネス・ユーザーおよび 開発者が自動化を実現するための 独自のプラットフォーム ルールおよびプロセス中心の アプリケーションの管理 Runtimes, Integration and Process Automation 9
  10. PROCESS AUTOMATION RUNTIMES INTEGRATION 最高クラスのランタイム、フレーム ワーク、言語; EAPとQuarkusを含 む 近代化・最適化への取り組み インメモリデータグリッドと

    標準ベースのエンタープライズメッ セージング アプリケーションのセキュリティ向上 のためのSSO認証 パターンベースの統合エンジン コネクタとデータ形式の包括的な セット 外部および内部に分散されたAPIへ のアクセスを管理および保護 ストリーミングおよび相互接続メッ セージング ビジネスアプリケーションを 作成および変更するための 一貫した開発モデル マイクロサービス・レベルでのプロセ スの自動化と意思決定 ビジネス・ユーザーおよび 開発者が自動化を実現するための 独自のプラットフォーム ルールおよびプロセス中心の アプリケーションの管理 Runtimes, Integration and Process Automation 10
  11. アーキテクトは新技術を配備す る必要がある • 同じプラットフォーム上での近代化と革新に 対応する能力 • クラウドに最適化された統合製品および コンポーネントのポートフォリオを入手 • クラウドネイティブなアプリケーション開発

    フレームワークを採用する能力 • 手続きの正式な標準化を促進する製品を入手 • IT部門と基幹業務部門の協調を促進 “すべてのアプリと環境に対応するアーキテクチャの設計”
  12. 開発者は革新的な アプリケーションを提供する必 要がある • 使いやすく、ポータブルで軽量なサービス • アプリケーション開発に適したランタイム、 言語、フレームワークを選択できる柔軟性 • 最新の一般的な統合ツール

    • テスト済みオープンソースの再利用可能な機能 • 共同作業のためのツールと手法 “適切なタスクに適切なツールを選択する”
  13. 組織はセキュリティを継続的に 改善する必要がある • セキュリティは最初から組み込まれていなければ ならず、余計なものとして追加しない。 • データを保護するためにアクセス制御が必須 • ハイブリッドクラウド、分散型マイクロサービス、 サーバーレスは複雑さを増す。一方、開発者はセ

    キュリティの専門家ではない • 実績のあるセキュリティソリューションとの簡単な 統合が必要 “現代のアーキテクチャにおけるデータセキュリティの向 上”
  14. 選択肢は圧倒できる • 従来のN層アーキテクチャやフレームワーク (Java EE,Spring, .NET,など) からの明確な移行 • コンテナ技術とクラウド技術の採用 •

    リアクティブでサーバレス、軽量、 埋め込み可能な言語とフレームワーク • 分散アーキテクチャは新しい標準 “デジタル変革をサポートする”
  15. RED HAT RUNTIMES の利点 15 柔軟性、移行性、オープン性、コスト効率に優れたアプリケーションを作成し、ビジネス の成果と成功を維持する 適切なツールを 選択できる柔軟性 チーム間の

    コラボレーション アプリケーション開 発の効率化 革新による 効率性の向上 アプリケーションの 市場導入を短縮
  16. RED HAT MIDDLEWARE & OPENSHIFTによる包括的な品ぞろえ 16 OpenSHIFTおよびKubernetesサービスとのネイティブ統合による開発の合理化 セルフサービ スによる提供 構築と導入の

    自動化 CI/CD パイプライン 一貫性のある 環境 構成管理 アプリログとメト リック
  17. お客様との出会い 17

  18. RED HAT RUNTIMES 現代の企業アプリケーション開発の基盤

  19. マイクロサービスやサーバレスのような高度に分散した クラウドネイティブなアーキテクチャのための軽量な ランタイムとフレームワークを提供し、高速なデータアクセスのための分散インメモリキャッシュ、認証と承認のためのシングル サインオン、既存と新規アプリケーション間の信頼性の高いデータ転送のための永続的な メッセージングを提供する。 • 最高の組み合わせのランタイム、フレームワーク、言語 • OpenShiftとKubernetesサービスのネイティブ統合 •

    近代化・最適化への取り組み • ミドルウェア技術の確立(EAP) • インメモリデータグリッド • 標準ベースのエンタープライズ・メッセージング • SSO認証 19 サービスを起動 SSO CLOUD-NATIVE RUNTIMES
  20. 簡素なTOMCAT JAVASCRIPT の順応性 SPRING アプリケーション リアクティブ・システム JAVA マイクロサービス エンタープライズJAVA ランタイムと言語の選択指針

    20
  21. OpenJDKを使用してデスクトップ、 サーバ、およびクラウドでJavaを標準化 • 開発者のデスクトップ、データセン ター、およびクラウドで使用される Javaプラットフォームの違いを排除 • RHELおよびWindowsの本番 ワークロードを完全にサポート •

    革新のスピードに合わせた長いライ フサイクル • Red HatはOpenJDKの主要な開発 者かつ貢献者 エンタープライズ全体で使用できるRed Hat Enterprise LinuxおよびWindows向 けJavaプラットフォームの無償かつオー プン・ソースの実装 21
  22. Supersonic, Subatomic Java with Quarkus • 最適化されたJavaフレームワーク で、メモリ消費量が少なく、最初のレ スポンスタイムが非常に速い •

    開発者は、低い学習曲線で仕事をよ り速くこなせられる • 命令型とリアクティブのプログラミン グモデルを統合 • Eclipse MicroProfile、厳選された Spring API、Hibernateなどの人気 フレームワークと互換性を持つ Quarkusは、サーバーレス、マイクロサー ビス、コンテナ、Kubernetes、サーバーレ ス、クラウド全般を扱うJavaアプリケー ションを実行するための効果的なソリュー ションを提供 22
  23. メモリ内に分散されたデータで アプリケーションのパフォーマンスを向上 • コンテナ最適化、クラスタ対応、 データセンター横断 • オンプレミス、Web、クラウド、ビッグ データ、IoTアプリに理想的 • ほとんど手間をかけずにデータ駆動型

    アプリのパフォーマンスを向上 • Java開発者向けの使い慣れたAPI • レガシーアプリの拡張が可能 アプリケーションデータ用の分散型 インメモリデータ管理システム。 複数のシステム間でデータを同期し、 データへの高速アクセスを実現 23
  24. Red Hat AMQでアプリケーションを疎結合 • 最新のアプリケーションに対応する、信頼 性と耐久性に優れたメッセージングバック ボーン • 非同期メッセージングは分散マイクロサー ビスにとって素晴らしいソリューション

    • 複数の標準プロトコルのサポート • Spring Apps用のRabbitMQの代替とし て完全にサポート • IoTアプリケーションで特に有用(Red Hat IoTアーキテクチャとの互換性) エンタープライズ、クラウド、 IoT向けの柔軟な標準ベースの メッセージング。 24
  25. Enhance Security By Leaving Credential Management To The Experts •

    認証と承認に関する最新のセキュリ ティ標準をサポート • Red Hat Runtimes 用アダプタ • OpenShift用に最適化 • 既存の記録のシステム(SoR)との 統合(LDAP、ADなど) • データ・グリッドとの統合で、データセ ンター間のセキュリティを確保 • 統合およびプロセス自動化プロジェク トを確実にするための基盤 安全なWebアプリケーションと、SAML 2.0、OpenID Connect、OAuth 2.0など の一般的な標準に基づく シングル・サインオン機能を提供 SSO 25
  26. RED HATと共に既存のアプリケーションをクラ ウドへ移行する • レガシーアプリケーションを現代の世 界に移行するための制御された方法 • 移行プロジェクト開始前のROI予測 • アプリケーションサーバ、統合プラット

    フォーム、クラウド対応など、様々な ソースおよびターゲットプラットフォー ムをサポート • 広範なアプリケーション状況の視覚化 と移行の見積り 独自仕様または旧式のミドルウェア プラットフォームから、最先端の軽量、モ ジュール式、クラウド対応 ミドルウェアアプリケーション インフラストラクチャへの移行 26
  27. RED HAT MIDDLEWARE の付加価値 27 独自のペースでの 革新、最適化、およ び近代化 柔軟性 より迅速な開発を促

    進する共同作業のた めのツールと手法 協調 より迅速な開発を促進 する共同作業のための ツールと手法 最適された統合 ポートフォリオ全体の機能 と再利用機能を活用して スピードアップ 市場への投入時間 革新と競争力の維持 により多くの時間を 費やす 生産性
  28. RED HAT MIDDLEWARE の付加価値 28 数値による実績 Source: (1) https://www.redhat.com/en/resources/business-value-jboss-eap-idc-whitepaper (2)

    https://www.redhat.com/en/resources/value-red-hat-integration-products (3) https://www.redhat.com/cms/managed-files/mi-business-value-process-automation-idc-analyst-paper-f14406bf-201810-en.pdf 481% 520% 556% Red Hat Integration2の 3年間の ROI JBoss EAP1の 3年間の ROI Red Hat Process Automation3の 3年間の ROI
  29. 29 Source: 1 https://www.developerweek.com/awards/ 2 https://quarkus.io/blog/quarkus-wins-devies-award/ 3 https://stevieawards.com/aba/product-management-new-product-awards#BusinessTechnology 2020 Stevie

    Bronze award for Best Software Development Solution for Quarkus3 202 Best Innovation In Code Frameworks/Libraries for Quarkus2 2019 Best Innovation for Node.js1 RED HAT MIDDLEWARE の付加価値 表彰
  30. 有用なコンテンツとリソース クラウドネイティブアプリケーションへの道 クラウドネイティブアプリケーションを理解する アプリケーションの近代化 統合に関する挑戦 Red Hat プロセス自動化 OpenShift ホワイトペーパーのIDCビジネス価値

    アジャイル統合 - エンタープライズアーキテクチャの青写真
  31. linkedin.com/company/red-hat youtube.com/user/RedHatVideos facebook.com/redhatinc twitter.com/RedHat Red Hat is the world’s leading

    provider of enterprise open source software solutions. Award-winning support, training, and consulting services make Red Hat a trusted adviser to the Fortune 500. Thank you 31