カスタマーサクセス天下一武闘会_Sansan予選

5003dde674054fce111e231fd55a2e2a?s=47 CS HACK
August 29, 2018
1.1k

 カスタマーサクセス天下一武闘会_Sansan予選

カスタマーサクセス天下一武闘会 - CS HACK #20での登壇資料

5003dde674054fce111e231fd55a2e2a?s=128

CS HACK

August 29, 2018
Tweet

Transcript

  1. クラウド名刺管理サービス

  2. CSの真髄は Onboardingにあり

  3. 稀にOnboardingに失敗することも…

  4. 名刺スキャンするだけで、 名刺・人脈管理ができる こんなに簡単なサービスなのに… ◯%のカスタマーが Onboardingに失敗 WHY?

  5. 仮説 4 Sansanの導入に失敗する企業は、 どんなクラウドサービスを導入しても失敗する (ハズ)

  6. Sansan立ち上げ成功率の推移 5 55% UP (2017.07 ~ 2018.07)

  7. Sansan Startup Seminar

  8. Sansan Startup Seminarとは 7 • Sansanをご導入頂いた顧客(の管理者)全員がSansanに触れる前に受講頂くセミナー • Sansan導入の推進責任者、及び課長以上役職者の参加必須 • 基本は集合型のオフラインセミナー

    • 地方顧客などは個別にオンラインで開催 • Sansanの利用方法はほぼ教えない • 教えるのは、“Sansanの導入を進めるには社内をどう巻き込めばいいか? ” のみ
  9. 8 つまり、Sansanが悪くて導入が進まないのではない。 推進責任者の巻き込み方の問題で導入が進まないのである ここを徹底的に教えることがこのセミナーの目的 方針

  10. Sansan Startup Seminar

  11. Success Mapで導入目的を決定 10

  12. 11 Sansan運用開始までのスケジュールをガイド 環境を整える 全名刺スキャン 基本機能マスター Step 01 Step 02 Step

    03
  13. スケジュール達成のためのカレンダーを提示 12 Sansan周知 全社員ID発行 スキャナ設置 社内説明会 名刺取込 / ログイン Step

    01 ① 初期名刺のデータ化 Step 03 ② 運用ガイドラインの作成 Step 02
  14. Step 01 環境を整える 13 やること いつ 誰が 社内周知 全社員ユーザ追加 スキャナ設置

    Sansanの利用開始を 全社に対してお知らせ ユーザ登録画面またはCSVで 全社員に一括でID付与 スキャンしやすい場所に スキャナを設置 全社集会・事業部MTG 社内周知に合わせて サービス開始後 導入決定者・管理者 管理者 管理者
  15. 14

  16. Step 02 全名刺のスキャン 15 自分の名刺は自分でスキャン 名刺は選ばず全てスキャン 取込期限を必ず設定 ・名刺スキャンの習慣化に時間がかかる ・管理者に工数が膨大 ・本格運用開始が遅れる

    ・取り込みきれない人続出 ・機会損失が起きる ・自分のお客様が管理できない 回収してスキャンをして… 名刺を選んだり、重複を省くと… 取込期間を長めに設定すると… 成功のコツ 失敗例
  17. None
  18. Step 03 Sansanの基本機能マスター 17 ① 社内説明会実施 ② 進捗確認 名刺スキャンより、1~2週間後 社内説明会を実施しましょう。

    社内説明会から1~2週間後、 進捗確認とお声がけをしましょう。
  19. 説明会の流れ 18 1 名刺スキャン PC基本活用 スマホアプリ 質疑応答 • • •

    • • • (約2分) (約5分) (約3分) (約3分) 2 3 4 Q&A 説明会用の パワポあります
  20. Sansan Startup Seminar

  21. Summary

  22. 教えるのは、 「段取り」と「巻き込み方」だけ

  23. Customer Successとは顧客の立場を想像すること (自分たちのことばかり言わない)

  24. None