Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

デジタル広告とコピーライターの関係 | CA BASE NEXT

デジタル広告とコピーライターの関係 | CA BASE NEXT

□ 登壇者
大塚 麻里江

□ 発表について
デジタル広告におけるコピーについて、
サイバーエージェントの現場で働くコピーライターからお話しさせていただきます。
また、広告クリエイティブ領域における、
仲畑貴志さんとのコピーライター採用プロジェクト、佐藤雅彦教授との表現の共同研究等、
さらなる、クリエイティブ力の強化に向けた取り組みについてもご紹介をさせていただきます。

詳細はこちら

□ CA BASE NEXT (CyberAgent Developer Conference by Next Generations) とは
20代のエンジニア・クリエイターが中心となって創り上げるサイバーエージェントの技術カンファレンスです。
当日はセッション・LT・パネルディスカッション・インタビューセッションを含む約50のコンテンツをYouTube Liveを通じて配信します。
イベントページ

□ 採用情報
サイバーエージェントに少しでも興味を持っていただきましたら、お気軽にマイページ登録やエントリーをおねがいします!

◆新卒エンジニア採用
エントリー・マイページ登録はこちら
採用関連情報のまとめはこちら

◆新卒クリエイター採用
エントリー・マイページ登録はこちら

◆中途採用
採用情報はこちら

2016ba6b977a2e6691811fa66d5f4336?s=128

CyberAgent
PRO

May 28, 2021
Tweet

Transcript

  1. None
  2. ‧⾃⼰紹介 ‧仲畑貴志さんとのプロジェクトご紹介 ‧インターネット広告のコピーを書くときにチェックする  3つのポイント   1. 本当のことを⾔えているか。 
   2. 整いすぎてないか。 


      3. 世の中に出していいものか。 ‧その他 クリエイティブプロジェクトのご紹介
  3. ⾃⼰紹介 かんたんな

  4. 2015年度 新卒⼊社 インターネット広告事業本部 ブランドクリエイティブ部⾨ ⼤塚 マリエ ⼤塚 ⿇⾥江 ダイレクトクリエイティブ部⾨を経て、 ブランドクリエイティブ部⾨で、コピー開発‧企画を⾏う。

    2020年TCC新⼈賞を受賞。
  5. 2020年度 
 仲畑貴志さんとのプロジェクトご紹介

  6. 仲畑貴志さんをエグゼクティブアドバイザーとして迎えた コピーライター採⽤プロジェクト

  7. ブレーン掲載 Copyright © 2021 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

  8. 2019.03.18,19毎⽇新聞 ∕六本⽊ヒルズ前アートボード掲載 Copyright © 2021 CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

  9. インターネット広告の 
 コピー書くときにチェックする 
 3つのポイント

  10. 1. 本当のことを⾔えているか。 2. 整いすぎてないか。 3. 世の中に出していいものか。

  11. 1. 本当のことを⾔えているか。

  12. ほとんどの⼈は、 
 広告を信じていません。 インターネット広告のルールは、年々厳格になっています 。 #PRがついているのか? 広告案件の動画なのか? 広告コピーを⾒る側の⽬も厳しくなってきています。

  13. コピーを書いた本⼈(⾃分⾃⾝)が、 
 「ほんとうにそうだよね。 」 と頷けること。 
 コピーを書く側こそが、⾒る側以上に、 ほんとうにそうなのか?という問いかけを ⾃分⾃⾝に⾏っていくことが、⼤事だと思います。

  14. 2. 整いすぎてないか。

  15. ⾔葉の整えすぎに、注意。 テレビで放送するコンテンツと、 Youtubeで⼈気のコンテンツが異なるように、 インターネットでは整えられた⾔葉が、受け⼊れられにくいこともあります。

  16. コピーの向こう側に、 
 ⼈柄が透けてみえるくらいでちょうどいい。 
 Youtuberになったつもりでコピーを書いてみる? 綺麗に整えられたものよりも、 ⼈間らしさや、リアリティがある⽅が、 ⼈の⼼に届きやすいのは、きっと⾔葉も同じです。

  17. 3. 世の中に出していいものか。

  18. 全員の賛同は得られなくて、 
 あたりまえ。 この時代に、100%の⼈に受け⼊れられることを⽬指す必要はない。 SNSなどで否定されること⾃体は、 極端に怖がらなくていいと思います。

  19. どんな⼈が、どんなことを⾔ってくる可能性があるか、 事前に予想できていることは重要です。 何度も想像して、ポジティブな意⾒の⽅が上回るという結論に⾄ったら、 世の中に出すようにしています。 世の中に出す前に、 
 社会のいろんな⽬でコピーをみる。 


  20. その他  
 クリエイティブプロジェクトのご紹介

  21. 佐藤雅彦教授との 広告クリエイティブ表現の共同研究 「脳科学の知⾒に基づく、⼈間に潜んでいる認知能⼒を発現させうる表現の研究と開発」をテーマに、  脳科学を活⽤し、佐藤雅彦教授、研究室チームと共に、  クリエイティブの枠組みを⼤きく変える、新しい表現⼿法について取り組みました。

  22. ご清聴ありがとうございました!

  23. None