Rancherで始めるCloudNative!! Hands-on編

Rancherで始めるCloudNative!! Hands-on編

CloudNative Days Tokyo 2019

7bcf6f29a0b9a348fe422a31a4f44752?s=128

cyberblack28

July 22, 2019
Tweet

Transcript

  1. Rancherで始めるCloudNative !! ~ Hands-on ~ AP Communications Co., Ltd. Educational

    Solution Architect/Developer Advocate/Technical Evangelist Yutaka Ichikawa CloudNative Days Tokyo 2019
  2. 1. Prepare 2. Rancher Server Install 3. Create Kubernetes Cluster

    4. WordPress Deploy form Catalog 5. Prometheus Function Enabled 6. Information Agenda
  3. PREPARE

  4. Prepare ハンズオン環境構築

  5. Prepare 1.GCPにログインして、ダッシュボードを確認 GCP作業

  6. Prepare 2.「Compute Engine」-「VMインスタンス」を選択 GCP作業

  7. Prepare 3.しばらく待ちます GCP作業 4.「作成」ボタンをクリック

  8. Prepare 5.以下パラメータを設定 GCP作業 1.名前で「rancher-server」と⼊⼒します。 3.ゾーンで「asia-northeast1-b」を選択します。 2.リージョンで「asia-northeast1(東京)」を選択します。

  9. Prepare 6.ブートディスク「変更」ボタンをクリックして、以下のパラメータを設定 GCP作業 1.OSイメージで「Ubuntu 18.04 LTS」を選択します。 2.サイズ(GB)で「20」と⼊⼒します。 3.「選択」ボタンをクリックします。

  10. Prepare 7.以下のパラメータ設定を⾏い、「作成」ボタンをクリック GCP作業 1.両⽅のチェックボックスにチェックを⼊れます。 2.「作成」ボタンをクリックします。

  11. Prepare 8.「インスタンスを作成」ボタンをクリック GCP作業 9.以下パラメータを設定 1.名前で「rancher-host」と⼊⼒します。 3.ゾーンで「asia-northeast1-b」を選択します。 2.リージョンで「asia-northeast1(東京)」を選択します。 4.マシンタイプで「n1-standard-2(2 vCPU、7.5GBメモリ)」を選択します。

  12. Prepare 10.ブートディスク「変更」ボタンをクリックして、以下のパラメータを設定 GCP作業 1.OSイメージで「Ubuntu 18.04 LTS」を選択します。 2.サイズ(GB)で「20」と⼊⼒します。 3.「選択」ボタンをクリックします。

  13. Prepare 11.以下のパラメータ設定を⾏い、「作成」ボタンをクリック GCP作業 1.両⽅のチェックボックスにチェックを⼊れます。 2.「作成」ボタンをクリックします。

  14. Prepare 12.以下2つのインスタンスが作成されていることを確認 GCP作業

  15. Prepare 13.左メニュー「VPCネットワーク」-「ファイアウォール ルール」を選択 GCP作業

  16. Prepare 14.「ファイアウォール ルールを作成」をクリック GCP作業

  17. Prepare 15.以下パラメータを設定 GCP作業 1.名前で「all-allow」と⼊⼒ 2.ターゲットで「ネットワーク上のすべてのインスタンス」を選択

  18. Prepare 16.以下パラメータを設定 GCP作業 3.ソースIPの範囲で「0.0.0.0/0」と⼊⼒ 4.「すべて許可」を選択 5.「作成」ボタンをクリック

  19. RANCHER INSTALL

  20. Rancher Install 1.「rancher-server」の「SSH」ボタンをクリック GCP作業 2.SSHコンソールの起動を確認

  21. Rancher Install 3.「rancher-server」にDockerをインストール $ curl https://releases.rancher.com/install-docker/18.09.sh | sh $ sudo

    docker run -d --restart=unless-stopped -p 80:80 -p 443:443 rancher/rancher 4.Rancher Serverをインストール 5.ブラウザを起動して、RancherUIにアクセス(rancher-server) https://EXTERNAL-IP/ ハンズオンテキスト:http://bit.ly/rancher_handson
  22. Rancher Install 6.「詳細設定」をクリック 7.「グローバルIPアドレスにアクセスする(安全ではあ りません)」をクリック

  23. Rancher Install adminユーザのパスワード作成 任意のパスワードを⼊⼒します。 ここでは「admin123」とします。 Rancher Server URLの登録 「Save URL」ボタンをクリック

    ログイン完了 8.初回ログイン設定 9.「Tools」をクリックして、「Catalogs」を選択
  24. Rancher Install 10.「Helm Stable」を「Enabled」に変更

  25. Rancher Install 11.「rancher-host」の「SSH」ボタンをクリック GCP作業 12.SSHコンソールの起動を確認

  26. Rancher Install 13.「rancher-host」にDockerをインストール $ curl https://releases.rancher.com/install-docker/18.09.sh | sh ハンズオンテキスト:http://bit.ly/rancher_handson

  27. CREATE KUBERNETES CLUSTER

  28. Create Kubernetes Cluster 1.上部メニュー「Global」をクリックして、「Global」を選択

  29. Create Kubernetes Cluster 2.「Add Cluster」ボタンをクリック

  30. Create Kubernetes Cluster 3.「Custom」を選択

  31. Create Kubernetes Cluster 4.「Cluster Name」に「rancher-k8s-cluster」と⼊⼒して、「Next」ボタンをクリック

  32. Create Kubernetes Cluster 5.「Show advanced options」ボタンをクリック

  33. Create Kubernetes Cluster 6.「etcd」と「Control Plane」にチェック。GCPダッシュボードを確認して「Public Address」と「Internal Address」を⼊⼒

  34. Create Kubernetes Cluster 7. コピーボタンをクリック 8.「rancher-host」でペーストして、コマンドを実⾏ $ sudo docker run

    -d --privileged --restart=unless-stopped --net=host -v /etc/kubernetes:/etc/kubernetes -v /var/run:/var/run rancher/rancher-agent:v2.2.3 --server https://35.243.109.19 --token hv5bbhshz4cvlsvzjz7b5llp297ck4nzm4hbmbpttdl9nsq88tn7hg --ca-checksum fcea3e42ec13e2aa90a7e1b3763c5c2ee0a60704e93f69ec1c98fda60cec3dbc --address 35.187.221.173 --internal-address 10.146.0.63 --etcd --controlplane --worker
  35. Create Kubernetes Cluster 9.「Done」ボタンをクリック 10.しばらくするとkubernetesクラスタが作成されて、リストに表⽰されます。

  36. WORDPRESS DEPLOY FROM CATALOG

  37. WordPress Deploy From Catalog 1.上部メニュー「Apps」を選択 2.「Launch」ボタンをクリック

  38. WordPress Deploy From Catalog 3.検索フィールドで「word」と⼊⼒して、「wordpress(from Library)」の「View Details」ボタンをクリック

  39. WordPress Deploy From Catalog 4.以下パラメータを設定 1.「wordpress」と⼊⼒します。 2.「Default」を選択します。

  40. WordPress Deploy From Catalog 5.「Cluster」を選択

  41. WordPress Deploy From Catalog 6.「WordPress Password」(wppass)と「MariaDB Password」(mdpass)に任意のパスワードを設定

  42. WordPress Deploy From Catalog 7.以下パラメータを設定 8.「Launch」ボタンをクリック

  43. WordPress Deploy From Catalog 9.しばらくするとデプロイが完了します

  44. WordPress Deploy From Catalog 10.「rancher-k8s-cluster」をクリック

  45. WordPress Deploy From Catalog 11.リンクをクリック

  46. WordPress Deploy From Catalog 12.リンクをクリック http://IPアドレス:30080/wp-login.php https://IPアドレス:30443/wp-login.php ID:user Pass:設定したパスワード

  47. PROMETHEUS FUNCTION ENABLED

  48. WordPress Deploy From Catalog 1.上部メニュー「Global」-「rancher-k8s-cluster」を選択 2.上部メニュー「Tools」-「Monitoring」を選択

  49. WordPress Deploy From Catalog 3.「Prometheus CPU Reservation」を「150」に変更して、「Enable Monitoring」ボタンをクリック 1.「150」に変更 2.「Enable

    Monitoring」ボタンをクリック
  50. WordPress Deploy From Catalog 4.上部メニュー「Global」-「rancher-k8s-cluster」を選択

  51. WordPress Deploy From Catalog 5.グラフのデザインが変り、Grafanaボタンが追加されていることを確認

  52. WordPress Deploy From Catalog 6.アコーディオンを展開するとグラフが表⽰されることを確認 グラフをクリックすると詳細が表⽰されます。

  53. WordPress Deploy From Catalog 7.Grafanaボタンをクリック 新規ウィンドウでGrafana画⾯が起 動します。

  54. WordPress Deploy From Catalog 8.インスタンスの削除 1.すべてチェックを⼊れる 2.「削除」ボタンをクリック 9.「削除」をクリック

  55. INFORMATION

  56. Information Docker関連書籍 Windowsコンテナー技術⼊⾨ 出版社: インプレス ISBN-10: 4295000957 ISBN-13: 978-4295000952 Windowsコンテナーについて詳しく書かれている唯⼀の⽇本語書籍です。

    Docker実践ガイド 第2版 出版社: インプレス ISBN-10: 4295005525 ISBN-13: 978-4295005520 Dockerの基本から、オンプレミスでコンテナー環境を築く上で必要なことが網羅されている ⾮常に興味深い内容です。
  57. Information プログラマのためのDocker教科書 第2版 出版社: 翔泳社 ISBN-10: 4798153222 ISBN-13: 978-4798153223 プログラマがインフラ環境からDockerまでを体系的に学べる良書です。インフラエンジニア

    にも読み応えあります。 Docker実践⼊⾨――Linuxコンテナ技術の基礎から応⽤まで 出版社: 技術評論社 ISBN-10: 4774176540 ISBN-13: 978-4774176543 本セミナーの参考図書でもありますが、LinuxコンテナーからDockerまで丁寧に解説し、 Linuxコンテナーの仕組みから理解できます。 Docker関連書籍
  58. Information Kubernetes関連書籍 ⼊⾨kubernetes 出版社: オライリージャパン ISBN-10: 4873118409 ISBN-13: 978-4873118406 こちらの書籍は、「Kubernetes

    Up & Running」の⽇本語訳です。訳者のお話によると、原書を元にかなり⽇本向けに 改善されているとのことです。 コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 出版社: 翔泳社 ISBN-10: 4798155373 ISBN-13: 978-4798155371 Google,RedHat,IBM,さくらインターネット,Rancherを中⼼にコンテナー単体からオーケスト レーションを始めるにあたりあらゆる側⾯からプラットフォームを紹介し、実践へ導く内容と なっています。
  59. Information Kubernetes関連書籍 Docker/Kubernetesの基礎から、コンテナでのアプリケーション開発および運⽤のスタイル が網羅されています。コンテナ開発のバイブル本といっても過⾔ではありません。 良書過ぎたので、感謝の気持ちを込めて書評を書きました︕︕ https://cyberblack28.hatenablog.com/ Kubernetes完全ガイド 出版社:インプレス ISBN-10: 4295004804

    ISBN-13: 978-4295004806 Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発⼊⾨ 出版社:技術評論社 ISBN-10: 4297100339 ISBN-13: 978-4297100339 Kubernetesの基礎から応⽤までを網羅するバイブルです。
  60. Information Kubernetes関連書籍 しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識 出版社:翔泳社 ISBN-10: 4798157848 ISBN-13: 978-4798157849 限られた時間で効率よく理解できるよう、できる限り抽象的/難解な⾔葉を避け、図や

    イラストを⼊れて丁寧にわかりやすく解説しているのが本書の⼤きな特徴です。さら に、実際にシステムに導⼊する際に検討しなければいけないシステムの可⽤性や拡張 性、保守性などの基礎となる考え⽅も詳解しています。
  61. Information Kubernetes関連書籍 Kubernetes実践⼊⾨ プロダクションレディなコンテナ&アプリケーションの作り⽅ 出版社:技術評論社 ISBN-10: 4297104385 ISBN-13: 978-4297104382 本書は、コンテナイメージの作成・デプロイ・運⽤という⼀連の流れに沿って、アプリケーション(コンテナ)

    を本番運⽤で使える状態(プロダクションレディ)にまで持っていく⽅法を解説します。 具体的には、アプリケーションの開発や運⽤に携わる⼈向けに、Kubernetesクラスタ上で、アプリケーショ ン(コンテナ)のデプロイ、更新、安定性の向上、セキュリティの強化、ロギング、モニタリングなどを⾏う⽅ 法を扱います。 (Kubernetesクラスタそのものの構築や運⽤については扱っていないため、ご注意ください)
  62. Information Kubernetes関連書籍 みんなのDocker/Kubernetes 出版社:技術評論社 ISBN-10: 429710461X ISBN-13: 978-4297104610 Docker/Kubernetesの実践ノウハウがぎっしり! 今や当たり前に使われるようになったコンテナ技術ですが、実際の利⽤に裏打ちされたノウハウについては

    未だまとまった情報がないのが現状です。そんななか本書では、現場でDocker/Kubernetesを活⽤している読 者に向けて、実践のための知識や事例の紹介を⾏います。まず第1部では、Docker/Kubernetesの歴史をひも ときながらコンテナ技術の概要を復習します。続く第2部では、コンテナイメージの作り⽅や宣⾔的なシステ ム管理といった実践的な知識やそのために役⽴つツールを解説します。いずれもゼットラボのエンジニアに よる濃い内容となっています。そして第3部では、freee、Wantedly、CyberAgent、サイボウズという有名企 業におけるDocker/Kubernetes活⽤の舞台裏を、こちらも現場のエンジニアが紹介していきます。ここにしか ないノウハウが満載の⼀冊です!
  63. Information Kubernetes関連書籍 Kubernetes実践ガイド クラウドネイティブアプリケーションを⽀える技術 出版社:インプレス ISBN-10: 4295006637 ISBN-13: 978-4295006633 Kubernetesを活⽤した開発・運⽤プロセスのデジタル変⾰

    本書では、クラウドネイティブに求められる背景やトレンドを押さえるとともに、「Kubernetes」やそのエコシステムを利⽤し、クラウ ドネイティブアプリケーションの実装について解説しています。Kubernetesはやそのエコシステムを活⽤することで、適切なインフラリ ソースの提供だけではなく、アプリケーションの開発や展開が、容易かつ動的に⾏える環境を構築できます。 本書の読者対象は、これからクラウドネイティブアプリケーションの開発・運⽤を始める⽅です。したがってその内容も、Kubernetesと そのエコシステムを活⽤したアプリケーションの開発、運⽤にフォーカスしています。最初にKubernetesそのものの仕組みの基礎を説明 したあとは、その上で動くアプリケーションを運⽤するために必要なエコシステムやその活⽤⽅法に重点を置いています。 全体は、2部構成になっており、第1部では、Kubernetesの機能概要を紹介します。クラウドネイティブの考え⽅からKubernetesが提供す るコンポーネントの役割まで、本書を読み進める上で必要となるポイントを取り上げます。 第2部では、Kubernetesエコシステムを活⽤して、クラウドネイティブアプリケーションの開発やその上で動くアプリケーションの管理⽅ 法を解説します。クラウドの特徴を活かしたアプリケーション開発や運⽤の重要性を取り上げます。
  64. Information Rancher関連書籍 会場ブースで先⾏販売中︕︕

  65. Information Kubernetesの資格 Certified Kubernetes Administrator(CKA) CNCFが主催するkubernetesの資格です。トレーニングコースと試験料合わせて$499,トレーニングコースのみ $299,試験のみ$300となっています。 試験は、Webカメラで試験官が監視のもと⾏われるそうです。なので、⽇本からも受験できます。トレーニング コースは、Webブラウザを利⽤したEラーニングです。申し込み先(https://goo.gl/pUZYvv) ⽇本語でのトレーニング、受験⽀援も始まるそうです︕(https://www.creationline.com/lab/21622)

    Certified Kubernetes Application Developer(CKAD)
  66. Information Kubernetesの資格 • Kubernetes&Docker管理⼊⾨ KD100 + KCM100 Exam • Kubernetes&Docker管理

    KD200 • Kubernetes&Docker管理 KD250 トレーニング詳細︓https://www.mirantis.co.jp/training/ MIRANTISが主催するkubernetesの資格で、トレーニングとセットです。
  67. Information Docker & Kubernetes⾃⼰学習 https://www.katacoda.com/ Webブラウザ上でコマンドを打ちながらチュートリアルを実⾏していきます。 Docker,Kubernetes,Istio,Prometheus等、⾃⼰学習できます。 katacoda

  68. Information Docker & Kubernetes⾃⼰学習 https://labs.play-with-docker.com/ Play with Docker https://training.play-with-docker.com/ Play

    with Docker Classroom
  69. Information Docker & Kubernetes⾃⼰学習 http://play-with-kubernetes.com/ Play with Kubernetes https://training.play-with-kubernetes.com/kubernetes-workshop/ Play

    with Kubernetes Classroom
  70. Information Docker & Kubernetes⾃⼰学習 「今こそ始めよう︕Kubernetes⼊⾨」 https://thinkit.co.jp/author/13290 「cndjpコミュニティ資料集」 https://speakerdeck.com/hhiroshell 「コンテナ未経験新⼈が学ぶコンテナ技術⼊⾨」 http://ur0.work/NQqi

  71. 71 https://rancher.co.jp/rdt2019/ RancherによるKubernetes活⽤ Rancherで試して実感する 開発プロセス

  72. Thank you for your attention !!