Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2019-16 GraphQL

A97eee01397705443a72a48ce29d3e19?s=47 Cybozu
July 31, 2019

2019-16 GraphQL

A97eee01397705443a72a48ce29d3e19?s=128

Cybozu

July 31, 2019
Tweet

Transcript

  1. 開運研修2019 スキーマファースト開発入門 GraphQL 編 ymmt

  2. Agenda ▌問い合わせ言語とは ▌GraphQL 概説 ▌GraphQL サーバーの実装 ▌GraphiQL でクエリを楽々開発 ▌sabakan /

    CKE 連携の実装例 ▌GraphQL vs OpenAPI vs gRPC
  3. 問い合わせ言語(Query Language)とは ▌利用者が指定した情報をデータベースから得る記法 ⚫ SQL, LDAP, JSON Pointer, … ▌対象とするデータモデルに強く依存

    ⚫ SQL = Relational モデル ⚫ LDAP = LDAP Schema ⚫ JSON Pointer = JSON
  4. 問い合わせ言語がなぜ必要か データベースの内部実装を隠蔽したい • B-Tree で実装されているといった内容は隠したい 複雑なデータ取得処理を何度も実装したくない • 汎用の問い合わせ(Query)実行エンジンさえあれば、 問い合わせをテキストで書くだけで済む 同じ問い合わせ言語で複数のシステムを利用したい

    • SQL を学べば、広範囲に役立つ
  5. GraphQL とは ▌Facebook が 2015 年に公開 ⚫ 2018 年 11

    月に GraphQL Foundation に移管 ⚫ graphql.org で仕様などを公開 ▌SQL に少し似たスキーマとクエリ言語の仕様 ▌可能な操作 ⚫ データの取得(Query) ⚫ データの変更(Mutation) ⚫ イベント購読(Subscription)
  6. GraphQL の特徴 • データモデルと Query, Mutation, Subscription を定義 • スキーマからサーバー実装・クライアント実装の一部を自動生成可能

    Schema First • 無限に複雑なクエリが書ける (DoS 注意) • 関連するデータを一つのクエリで一括取得できる データモデルが循環参照できる • 一般的な実装では応答形式は JSON • ブラウザやモバイルの画面描画で便利 JSON との親和性
  7. GraphQL の採用例 ▌Facebook ⚫ https://developers.facebook.com/docs/graph-api/ ▌GitHub API v4 ⚫ https://developer.github.com/v4/

    ▌AWS AppSync ⚫ https://aws.amazon.com/appsync/ ▌Kibela ⚫ https://github.com/kibela/kibela-api-v1-document
  8. スキーマの書き方

  9. スキーマ定義言語(SDL) ▌データ型と操作の型を定義する ▌データ型の種別 ⚫ Scalars(Int, String, Float, Boolean, ID, カスタム)

    ⚫ Enum ⚫ List ⚫ Objects / Input types ▌すべての型は nullable ⚫ Non-null な場合「String!」のように ! をつける
  10. Objects ▌各フィールドは実質的にメソッドの定義 ⚫ 引数が持てる enum Instrument { PIANO FLUTE }

    type Person { name: String! age: Int! friends: [Person!] canPlay(inst: Instrument!): Boolean! }
  11. Input types ▌クエリで渡せる値はスカラ・Enum・もしくはイン プット型のみ ▌インプット型のフィールドは引数を持たない input SearchCondition { names: [String!]

    minAge: Int } type Query { searchPerson(cond: SearchCondition!) [Person!]! }
  12. Objects vs Input types ▌Objects の各フィールドはサーバーサイド処理の宣言 ⚫ 各フィールドは値を返す resolver として実装

    ▌Input types は単なるデータフォーマット ⚫ JSON へのシリアライズ・デシリアライズを実装 ⚫ custom scalar も同じ
  13. Root types ▌スキーマは、可能な操作を列挙する必要がある ▌それぞれ Query, Mutation, Subscription という type のオブジェクトで指定する

    type Query { searchPerson(cond: SearchCondition!) [Person!]! } type Mutation { addPerson(name: String!, age: Int!) Person! declareFriend(p1: String!, p2: String!) Bool! }
  14. ドキュメント ▌スキーマの各要素の前に説明を文字列で書ける ▌文字列は markdown で書ける ””” Person represents a **human**

    being. ””” type Person { name: String! age: Int! friends: [Person!] canPlay(inst: Instrument!): Boolean! }
  15. クエリの書き方

  16. GraphQL クエリとは ▌Query や Mutation を呼び出す書式 ▌一度に複数呼び出すこともできる(Aliases) ▌クエリ自体を関数化することもできる ▌受け取るオブジェクトのフィールドは必ず指定が必要 ⚫

    SELECT * はできない
  17. Simplified Query { searchPerson(cond: {minAge: 30}) { name age friends

    { name friends { name } } } }
  18. Non-simplified Query query Search { searchPerson(cond: {minAge: 30}) { name

    age } }
  19. Multiple queries query MultiSearch { over30: searchPerson(cond: {minAge: 30}) {

    name age } mitz: searchPerson(cond: {names: [”mitz”]}) { name age } }
  20. Variables ▌Query のパラメーターを $var で変数化できる ▌変数は別途 JSON で与えられる query Search($cond:

    SearchCondition!) { searchPerson(cond: $cond) { name age } } --- { ”cond”: {”age”: 30} }
  21. 任意のキーバリューはどう扱うの?

  22. name/value ペアのリストで扱う type Label { name: String! value: String! }

    type Person { name: String! labels: [Label!]! }
  23. GraphQL サーバーの実装

  24. サーバー実装 ▌各言語に多数のライブラリが存在 ⚫ https://graphql.org/code/#server-libraries ▌Schema First 開発に向いていそうなもの ⚫ Node: Apollo

    ⚫ Go: gqlgen ⚫ Java: GraphQL Java Tools ⚫ PHP: Siler
  25. gqlgen ▌スキーマから Go のコードを自動生成 ▌自動で生成できなかったレゾルバだけ実装すれば動く ▌生成例 ⚫ https://github.com/ymmt2005/graphql-example

  26. GraphiQL でクエリを楽々開発

  27. GraphiQL とは ▌https://github.com/graphql/graphiql ▌JavaScript 製の GraphQL クエリ開発 IDE ▌gqlgen 等にも簡単に組み込める

    ▌Let’s try! ⚫ go run github.com/ymmt2005/graphql-example/server ⚫ http://localhost:8080/ にアクセス ⚫ ここまでに出てきたクエリを入力してみよう!
  28. sabakan / CKE 連携の実装例

  29. sabakan と CKE の関係 ▌sabakan ⚫ 物理サーバーの情報を一元管理 ⚫ ネットブート機能もある ▌CKE

    ⚫ Kubernetes クラスタを自動構築 ⚫ 利用する物理サーバーの情報は外部から提供 ▌CKE -> sabakan ⚫ CKE が sabakan に利用可能機材を問い合わせ ⚫ 機材の条件を人間が指定したい
  30. GraphQL を利用 ▌sabakan ⚫ GraphQL API を実装 ⚫ 機材を複雑な条件で検索可能にした ▌CKE

    ⚫ GraphQL クライアントを実装 ⚫ クエリは固定 ⚫ 検索条件は変数化 ⚫ 人間は検索条件を JSON で指定可能
  31. クライアントの試験 ▌CKE の単体テストで sabakan 連携をテストしたい ▌スキーマから自動生成したモックサーバーでテスト ⚫ Resolver で適当なものを返すだけ! ⚫

    https://github.com/cybozu-go/cke/tree/master/sabakan/mock
  32. GraphQL vs OpenAPI vs gRPC

  33. OpenAPI とは ▌REST API 用のスキーマ ⚫ 旧 swagger ⚫ YAML/JSON

    で書く ▌見てのとおり、複雑 openapi: "3.0.0" info: title: Simple API overview version: 2.0.0 paths: /: get: operationId: listVersionsv2 summary: List API versions responses: '200': description: |- 200 response content: application/json: examples: foo: value: { "versions": [ { "status": "CURRENT", "updated": "2011-01-21T11:33:21Z", "id": "v2.0", "links": [ { "href": "http://127.0.0.1:8774/v2/", "rel": "self" } ] }, { "status": "EXPERIMENTAL", "updated": "2013-07-23T11:33:21Z", "id": "v3.0", "links": [ { "href": "http://127.0.0.1:8774/v3/", "rel": "self" } ] } ] } '300': description: |- 300 response content: application/json: examples: foo: https://github.com/OAI/OpenAPI-Specification/blob/master/examples/v3.0/api-with-examples.yaml
  34. 比較表 GraphQL OpenAPI gRPC スキーマファースト Yes! 不可能ではない Yes! スキーマが書きやすい Yes!

    No Yes! クエリが手書きできる Yes! No (curl?) No ストリーミング サーバーのみ No 双方向 成熟している No Yes? Yes BLOB No (拡張はある) Yes No IDE GraphiQL 等 swagger-editor 等 RPC なので不要 ブラウザからの利用 Yes Yes gRPC-Web が必要 Versioning 普通しない 普通する 普通しない 性能 ひとつのクエリにまとめ る最適化ができる やり方次第 やり方次第
  35. 個人的所見 ▌GraphQL は Query にとどめるのが無難 ⚫ Mutation の応答内容をクエリ書式でかける柔軟性は多くの 場合不要なので、単に実装コストが高くつく ▌OpenAPI

    はコードファーストでスキーマ自動生成が楽 ⚫ Kubernetes API 方式 ⚫ https://www.blazemeter.com/blog/how-to-generate-openapi-definitions-from-code/ ▌gRPC が総合的に楽なので、なるべく使う ⚫ BLOB については REST を併用