Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

designsprint-Jobs-To-Be-Done01

Designsprint
March 13, 2019
80

 designsprint-Jobs-To-Be-Done01

ジョブ理論「ジョブ定義文」の作り方。このDeckでは、顧客課題の創出法として「ジョブ理論」の中核にあたる「ジョブ定義文」の作り方を最も簡単に解説しています。

Designsprint

March 13, 2019
Tweet

Transcript

  1. 13 「成し遂げたい進歩」の分類 1. 機能的ジョブ その機能を得たいというジョブ: 「どのように成し遂げたいか?」が重要。なんらかの物差しで測定が可能である。 例:頭痛をおさえたい、冷たい飲み物を飲みたい、早く家に帰りたい、など 2.感情的ジョブ 顧客が個人的に感じたいこと、または感じたくないこと: 「どのように感じたいか?」が重要。

    個人の感情なので、他者が測定することが難しい。 例:いつもと同じ体調に戻したい、暑さを和らげたい、早くゆっくりしたい、など 3.社会的ジョブ 顧客が第三者からも思われたいこと、または思われたくないこと 「どのように見られたいか?」が重要。 個人の感情なので、他者が測定することが難しい。 優れた人物だと思われたい、デキル人物と思われたい、家庭を大事にする人物と思われた い、など 【3’】のヒント