Erlang/OTP と ejabberd を活用した Nintendo Switch(TM)向け プッシュ通知システム 「NPNS」の 開発事例

Erlang/OTP と ejabberd を活用した Nintendo Switch(TM)向け プッシュ通知システム 「NPNS」の 開発事例

任天堂 ネットワークシステム部
わたなべ たいよう
渡邉 大洋

私たちは、家庭用ゲーム機 Nintendo Switch (TM) 向けに、プッシュ通知のシステム「Nintendo Push Notification Service (NPNS)」を開発・運用しています。
NPNS には常に1000万台超のデバイスが接続していますが、日々安定してさまざまな通知を送り続けています。

NPNS の全体像およびインフラ面の構成については別の機会にお話ししたことがありますが、今回の Erlang and Elixir Festでは、特に NPNS の常時接続部分の基盤技術として採用している Erlang/OTP、およびその上で動作する OSS である ejabberd に重点を置いて説明します。

具体的には、NPNS に求められる要件に対して、
・Erlang/OTP および ejabberd を選定するに至った理由
・事前の負荷試験/障害試験を受けて行った NPNS ならではのカスタマイズ
・実運用上で直面した課題とその分析・対策の内容
などをお話しします。
NPNS で対応してきた課題の多くはWebシステム開発において普遍的なものですのでErlang/OTP になじみが無い方にも参考になる内容があると考えております。

なお NPNS は現在、企画・開発・運用をすべて社内のメンバーで行っていますので、任天堂のネットワークサービス開発における考え方や実際の開発の雰囲気の一端を皆様に感じとっていただける機会になれば幸いです。

B9bd75cf321e63c5399b99e36c527cff?s=128

elixirfest

June 01, 2019
Tweet