Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

同時多発的に価値創出していく Ubie Discoveryのフロントエンド開発 / 20211127 JSConf JP Ubie Discovery

empitsu
November 27, 2021

同時多発的に価値創出していく Ubie Discoveryのフロントエンド開発 / 20211127 JSConf JP Ubie Discovery

2021年11月27日開催 JSConf JPで使用したスポンサーLTの資料です

empitsu

November 27, 2021
Tweet

More Decks by empitsu

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 同時多発的に価値創出していく
    Ubie Discoveryのフロントエンド開発
    2021/11/27 JSConf JP 2021
    Ubie株式会社 Kaneno Yoshie @empitsu

    View full-size slide

  2. 2
    自己紹介
    Kaneno Yoshie / @empitsu
    食べログのフロントエンドチーム →2021年6月に
    Ubie Discoveryにソフトウェアエンジニアとして入社
    3歳の娘がいます。
    オンライン大学でComputer Scienceの勉強中。
    empitsu88

    View full-size slide

  3. 3
    Ubieのミッション
    テクノロジーで人々を適切な医療に案内する

    View full-size slide

  4. 4
    ユビーが解こうとしている課題

    View full-size slide

  5. 5
    解決しなくてはいけない課題は山積み。
    患者向け
    プロダクト
    クリニック向け
    プロダクト 病院向け
    プロダクト
    病院向け
    プロダクト
    個人医師向け
    プロダクト

    View full-size slide

  6. 6
    シンガポールでも事業を展開中
    生活者向け (toC) クリニック向け (toB)

    View full-size slide

  7. 7
    複数の事業を立ち上げて同時多角的に解決する
    「同時多拠点突破」という取り組み

    View full-size slide

  8. 8
    やることが…
    やることが…
    多い!
    つまり…

    View full-size slide

  9. 9
    同時多発的に価値創出していく
    Ubie Discoveryのフロントエンド開発

    View full-size slide

  10. 10
    患者向けプロダクト:ユビーAI受診相談 (Web / iOS App / Android App)
    ● Capacitor
    ● Next.js + TypeScript + CSS Modules
    ● GraphQL
    ● Spring Boot + Kotlin
    症状を回答・関連する病気を表示する機能
    医療機関をさがす機能
    回答結果を医療機関に共有する機能
    CapacitorでNext.jsのWebアプリをiOSアプリ、Androidアプリとしても展開

    View full-size slide

  11. 11
    医療機関向けプロダクト:ユビーAI問診
    ● React + TypeScript + Redux
    ● styled-components
    ● Spring Boot + Kotlin
    ● Ruby on Rails
    タブレット問診・スマートフォン問診
    紹介状生成機能
    お薬手帳スキャン機能
    カスタムアンケート作成機能

    View full-size slide

  12. 12
    新規事業も立ち上げ中!
    ● Next.js
    ● Tailwind
    ● microCMS
    Coming Soon… Coming Soon…
    ● Next.js
    ● GraphQL
    ● Node.js(fastify)

    View full-size slide

  13. 13
    デザイン生産基盤も整備中
    figmaで管理しているアイコンセットを自
    動でReact Componentに変換する
    package
    デザイントークンも整備中

    View full-size slide

  14. 14
    採用のためのページもサクッと開発
    ● Gatsby
    ● TypeScript
    ● styled-components
    ubieness チェック
    https://ubieness.ubie.life/

    View full-size slide

  15. 15
    Ubieのエンジニアの個人ブログまとめサイトもあります
    ● Next.js
    ● Fork of catnose99/team-blog-hub
    ubie エンジニア ブログ
    https://blog.ubie.tech/

    View full-size slide

  16. 16
    やりたいことにたいして…
    人が…
    人が足りない…!
    つまり…

    View full-size slide

  17. 17
    [New!] デザインエンジニア
    ● 期待される役割
    ○ 医療機関向けの業務効率化SaaS「ユビーAI問診」および一般患者向けの症状チェックサービス「ユビーAI受診相
    談」など、自社事業におけるプロダクト開発
    ○ プロダクトオーナー、医師、エンジニアなどチームメンバーと協働しながら現場の課題探索、ソリューション検討
    ○ 改善施策や新機能に関わる情報設計やプロトタイピング、ユーザーインターフェースの設計や実装
    ○ チーム開発のスピード・アウトプット最大化に貢献できるデザイン基盤の構築
    ● 必須スキル
    ○ チームでのプロダクト開発経験 (toC/toB、受託など形態問わず)
    ○ デザインとエンジニアリング両輪の専門性を発揮されたご実績があること
    ○ モダンなフロントエンド開発に関する基礎知識
    ○ デザインやUI/UXに関する基礎知識
    https://recruit.ubie.life/jd_dev/des_eng

    View full-size slide

  18. 18
    ソフトウェアエンジニア (Product Development)
    ● 必須スキル
    ○ チームでのプロダクト開発経験(toB、toC、受託など形態問わず)
    ● 歓迎スキル
    ○ toBプロダクトの改善経験
    ○ toCプロダクトのグロース経験
    ○ スタートアップ初期の混沌としたコードと向き合った経験
    ○ 日本向けプロダクトの海外展開の開発経験
    ○ Google Cloud Platformを用いたサービスの運用経験
    ○ Kubernetesを用いたサービスの運用経験
    ○ Kotlin, Java, Ruby, TypeScript のいずれかを用いた開発経験
    ○ Ruby on Rails, Spring Boot を用いた開発経験
    ○ RDBMSを用いた開発経験
    https://recruit.ubie.life/jd_dev/eng_prod

    View full-size slide

  19. 19
    詳しくはカジュアル面談へ!
    https://meety.net/matches/qukQUDqsANjT
    
 https://meety.net/matches/zwJFAjywiATn

    View full-size slide

  20. 20
    Ubie 採用

    View full-size slide

  21. 21
    Ubie 採用

    View full-size slide

  22. 23
    ご清聴ありがとうございました

    View full-size slide