Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

自分流・自転車旅行の楽しみ方

 自分流・自転車旅行の楽しみ方

自分流・自転車旅行の楽しみ方

696e66ab859446f91081e37e56444730?s=128

Presentation

October 17, 2020
Tweet

Transcript

  1. ⾃分流・⾃転⾞旅⾏の 楽しみ⽅ 松⽥ 真 2020/10/17 第7回プレゼン&交流会

  2. ⽬次 2 1. ⾃⼰紹介 2. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 3. 記憶に残る⾃転⾞旅⾏ 4. まとめ

  3. ⾃⼰紹介 3 個⼈情報が多かったため割愛します。 ・⾃転⾞旅⾏と花が好き ・じゃない⽅の松⽥ …と覚えてもらえれば。

  4. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 4 Q. 皆さんは何のために旅⾏しますか?

  5. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 5 @スペイン(2016) 景⾊のため?

  6. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 6 @北海道・羅⾅町(2014) ⾷べ物のため?

  7. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 7 @⻘森県・⼗和⽥湖(2009) 家族・友⼈と過ごすため?

  8. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 8 @モンゴル(2013) 買い物のため?

  9. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 9 @ニューカレドニア(2017) ⾮⽇常的な時間のため?

  10. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 10 @オーストリア(2012) 勉強のため?

  11. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 11 旅⾏の⽬的は⼈それぞれ =⾃分に合った楽しみ⽅がある

  12. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 12 旅⾏の⽬的は⼈それぞれ =楽しみ⽅は無限⼤?

  13. ⾃転⾞旅⾏の⽬的 13 私が⾃転⾞旅⾏をする⽬的 =⾃分の脚で⾏けるとこまで  ⾏ってみたいため @オーストラリア最東端・バイロンベイ(2013)

  14. 14 @オーストラリア最東端・バイロンベイ(2013) 記憶に残る⾃転⾞旅⾏ ① 豪州北上チャリ ② 商品単価縛り北海道チャリ ③ 北海道市町村踏覇チャリ 14

    • 普通に考えたら引かれそうな⾃転⾞旅⾏企画
  15. 15 @オーストラリア最東端・バイロンベイ(2013) 記憶に残る⾃転⾞旅⾏ 何が楽しいのかわからないドM企画 当時の私だからできた貴重な経験 15 • 3つの企画の共通点

  16. 16 @オーストラリア最東端・バイロンベイ(2013) ①豪州北上チャリ 16 • ⾃⾝初の単独海外⾃転⾞旅⾏ • オーストラリア・シドニ〜ケアンズまでの約3000kmを   ⾃転⾞と電⾞移動で北上

    • 宿を閉め出されて野宿も経験 • もう⼆度とやらない 出典:http://www.ryokojoho.jp/aus/other/map.cfm
  17. 17 ①豪州北上チャリ 17 ひたすらこんな道が続きます

  18. 18 ①豪州北上チャリ 18 オーストラリアで野宿を経験 (今⽇のベッドはこのベンチ →)

  19. 19 ①豪州北上チャリ 19 ← 要するに 「次の休憩所まであと72km」

  20. 20 ①豪州北上チャリ 20 1⽇に1⼈か2⼈すれ違います

  21. 21 @オーストラリア最東端・バイロンベイ(2013) ②商品単価縛り北海道チャリ 21 • ただの北海道⼀周では満⾜せず、前⽇の⾛⾏距離に応じた   商品単価縛りを導⼊ • 要は「前⽇の移動距離が100kmなら税抜100円以下の商品

     が買えるよ」というもの • 200km/⽇漕げれば   商品の幅が広がるよ
  22. 22 ②商品単価縛り北海道チャリ 22 ⾛ ⾏ 距 離 第 ⼀ 主

    義 。
  23. 23 ②商品単価縛り北海道チャリ 23 岬巡りのため悪路も漕ぎます

  24. 24 @オーストラリア最東端・バイロンベイ(2013) ③北海道市町村踏覇チャリ 24 • 北海道⼀周達成後、「次にやりたい事」として開始 • ⾃転⾞で全市町村を巡り、カントリーサインを撮影する   のが最終⽬標

    • 現在161/179市町村を踏覇。(継続中)
  25. 25 ③北海道市町村踏覇チャリ 25 カントリーサインのためなら峠でも

  26. 26 @オーストラリア最東端・バイロンベイ(2013) まとめ 26 • 今回の発表で伝えたかったこと(※個⼈の⾒解です) ① 旅⾏の楽しみ⽅は⼈それぞれなので、   きっと⾃分に合った楽しみ⽅があるはず!

    ② やりたい事は都度変わるし、いつ出来なく   なるかわからない。後悔しようが何だろう   が、今の⾃分に出来る旅⾏を楽しむべき! ③ 当時の経験は後の⾃分にいつか活かされる   …はず!
  27. 27 27 ご清聴ありがとうございました。