$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

SaaSインテグレータのプリセから見たAWS

Fumiya Osaka
October 29, 2021

 SaaSインテグレータのプリセから見たAWS

JAWS-UG名古屋 エンジニアに特化しない ~ユーザー目線でAWSを語ろう
https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/128698
での登壇資料です。

Fumiya Osaka

October 29, 2021
Tweet

More Decks by Fumiya Osaka

Other Decks in Business

Transcript

  1. JAWS-UG名古屋 エンジニアに特化しない~ユーザー目線でAWSを語ろう~ 2021.10.29 株式会社エクレクト 逢坂文哉 SaaSインテグレータのプリセから見たAWS

  2. 2 自己紹介 逢坂 ⽂哉(おおさか ふみや) 出⾝: ⼤阪市此花区 住まい: 兵庫県⻄宮市 勤務:

    なんばのWeWork(無限⽣ビールを飲みにたまに⾏ってる。ほぼ在宅) 所属: 株式会社エクレクト 職歴: 出版・印刷業を相⼿にするSIerでSE: 4.3年 AWSとか物理サーバとかApacheの再起動とかを売る営業・プリセ: 5年 エクレクトでSaaSを売るプリセ: 2年 コミュニティ: JAWS DAYS 2021 実⾏委員 JAWS-UG Osaka JAWS-UG Sales 趣味: 映画: スピルバーグとタランティーノと成瀬⺒喜男を敬愛 ⾳楽: すべての踊れる⾳楽を愛しています あとお酒を飲むのが普通の⼈より少しよけいに好きです
  3. 3 会社名 株式会社エクレクト( eclect, Inc. ) 設立日 2017年 12月1日 資本金

    2,000万円 東京本社 〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-36-9 ベル下北沢3F 大阪オフィス 〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ WeWork内 役員/従業員 CEO 辻本 真大 COO 井口 博誠 CTO 中村めぐみ 取締役 松﨑 太 監査役 小村 充広 (元ジャパンネット銀行会長) 従業員 約 60名 事業内容 Zendesk ソリューション提案/導入コンサルティング/アプリケーション開発 主要取引先 株式会社Zendesk 株式会社アドバンスクリエイト 株式会社イープラス 株式会社NTTPCコミュニケーションズ 東京電力エナジーパートナー株式会社 株式会社電通 トランスコスモス株式会社 株式会社博報堂プロダクツ 株式会社マネーフォワード 株式会社エクレクトは の製品思想と可能性に共感/感動し Zendeskの価値をより広げていくために創業した会社です インプリメント デザイン構築 システム・データ移管 アプリケーション開発 ソリューション提案
  4. 4 Zendeskって何? 複数チャネルからのお問合せや コンタクトを集約しチケット化する コミュニケーション統合プラットフォーム 外部システム連携 アプリケーション ブログのようにメンテナンスしやすい FAQサイト構築ソフトウェア デザインのカスタマイズも自由です

    Webサイトなどに簡単に設置できる リアルタイムチャットソフトウェア AIサービスとの連携も可能です コールセンターに必要な様々な機能を 備えた、簡単に構築ができるクラウド 型のコールセンターソフトウェア Zendesk各種製品に蓄積されたデータ を集約し、分析するBIソフトウェア CX全体の測定と改善を可能にします マーケットプレイスからのインストール/ オリジナルアプリケーションの開発によって より使いやすい環境の構築が可能 基幹システム/コミュニケーションシステム 受注管理システム/CRMやSFA 様々なシステムとの連携が可能 各関係部署 カスタマー 無制限のデータ蓄積 Zendeskの製品群は、顧客とオムニチャネルでシームレスにコミュニケーションをするために必要な、あらゆるサービスを提供します。 オペレーター
  5. 5 SaaSインテグレータのプリセから⾒たAWS

  6. 6 エクレクトのプリセールスエンジニアって何してるの? ・営業段階(プリセールスフェーズ)で営業に商談同⾏して、技術的な観点からお客さんにヒアリン グしたり、質問に回答したりする ・サービス選定、導⼊⽀援作業の想定ボリュームの算出、追加アプリケーション開発の要否、技術⾯/ スケジュール⾯でのリスク判断、といったところで営業の提案/⾒積作成のお⼿伝いをする (期待値を最⼤限上げつつ、リスクを最⼩限に抑えることをこころがけてます) ・受注後にスムーズにプロジェクトが始まるように、デリバリーチームや実装エンジニアとお話をし て引き継ぐ(そのままプロジェクトに巻き込まれてしまうこともある) ・プロジェクト進⾏中もデリバリーチームに技術的なアドバイスをする

    ・新しいサービスや新しい機能がリリースされたら触ってみて社内に伝える ・新⼊社員、営業、デリバリーチーム向けにIT基礎講座的な勉強会をやったりもする
  7. 7 SaaSインテグレータのプリセから見たAWS ・お客さんとお話するのに使うAWS ・お客さんにデモするのに使うAWS ・社内勉強会するのに使うAWS

  8. 8 お客さんとお話するのに使うAWS お客さんがSaaSを利⽤するクライアントPCのおかれている環境、移⾏元のシステム、連携先のシステ ムについてヒアリングする時の⽤語としてAWSを使う。 EC2 VPC Direct Connect CloudFront S3

    このあたりはまるで⼀般⽤語かのように会話に登場することもある。
  9. 9 お客さんにデモするのに使うAWS 動くものを⼀緒に⾒ながら話をした⽅がより具体的な要件をヒアリングしやすいのでデモをするのに AWSを使います。 SaaS間の連携部分のデモをするのに簡単なアプリケーションを書いたりもしますが、そんな時に簡単 にアプリケーションを動かせる環境としてのAWSはとても便利です。 SaaSとSaaSをつなぐ提案をする時に重要なのは、必要なWebhook、APIエンドポイント、SDKのメ ソッドが⽤意されているかの調査/検証で、そのためにもデモ環境の作成は役⽴ちます。 Connect Lambda

    EventBridge API Gateway S3 AppFlow
  10. 10 社内勉強会するのに使うAWS 社内全体のリテラシーが向上して、みんながプリセールスエンジニアチームのフォローなしに案件に 挑める状態になるのが理想です。「技術的なことはプリセにまかせておけばいい」となってしまって はよろしくありません。 そのため、ネットワークやサーバ、セキュリティなどに関する「IT基礎講座」的な社内向け勉強会を 開催したりします。 そんな時に教材としてなんでも揃っているAWSはとても便利です。 IaaS/PaaS/SaaSの分類、責任共有モデルによるセキュリティの責任分界点の考え⽅、従来Webサー ビス公開までに必要だったプロセスや要素、DNSのレコードの種類などなど、概念の説明だけだとな

    かなか伝わりにくい話題を、AWSを例に出してデモを交えながら説明すると、「やっと腑に落ちた」 といい反応が返ってきたりします。
  11. 11 SaaSインテグレータのプリセから見たAWS ・お客さんとお話するのに使うAWS ・お客さんにデモするのに使うAWS ・社内勉強会するのに使うAWS

  12. 12 We’re Hiring プリセールスエンジニアチームのメンバー募集中です︕︕︕

  13. 13 Thank you