Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

専任メンバー0人でも技術広報の活動を継続することができているワケ

 専任メンバー0人でも技術広報の活動を継続することができているワケ

forcia_dev_pr

August 15, 2021
Tweet

More Decks by forcia_dev_pr

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 専任メンバー0人でも技術広報の活動を継続す ることができているワケ
 高橋 優樹 
2021.08.10 FORCIA Meetup #3 エンジニアとして技術を「伝える」技術

  2. 自己紹介 • 高橋 優樹 (Yuki Takahashi) ◦ 新卒3年目 ◦ 旅行会社のECサイトのアプリケーション開発

    • 技術広報リーダー ◦ 2年前に発足した技術広報チームのリーダーを今年から担当 ◦ 詳しくは後ほど • マイブーム ◦ 読書 ◦ サウナ 2
  3. 本日のアジェンダ • Why 技術広報 ? • How 技術広報 ? 3

  4. 私とフォルシアと技術広報🐤 • ~ 2019/10 ◦ 数名の社員が外部向けイベントを企画 ◦ 負荷の集中、ノウハウの俗人化 • 2019/10/09

    技術広報発足! ◦ 松本、高橋、谷井の3名でスタート ◦ 週次のMTGなどを通して持続可能な活動 ◦ 新規イベントの立ち上げやノウハウの文書化などが可能に • 2021/08 現在 ◦ 技術MG、広報、1年目エンジニアも加入しパワーアップ💪 4
  5. 技術広報のミッション ◦ 大目標: エンジニアにフォルシアで働きたいと思ってもらう ▪ フォルシアの認知度を向上させる ▪ 技術面でフォルシアの存在感を向上させる ▪ 採用・広報チームと連携する

    5
  6. 技術広報のお仕事💉 • 外部向け勉強会・イベントの開催 ◦ RustのLT会 Shinjuku.rs ◦ FORCIA Meetup ◦

    ゆるふわ競技プログラミング • アドベントカレンダーの運営 ◦ 12月1日 ~ 12月25日まで毎日記事更新 ◦ https://www.forcia.com/blog/advent-calend • その他 ◦ スライドテンプレートの作成 ◦ 社内にイベントの紹介 6
  7. 活動の実績🏆 7 Rustの書籍の監修
 https://www.amazon.co.jp/dp/4798061700/ logmi Techに書き起こし記事の掲載
 https://logmi.jp/events/2575

  8. 8 アドベントカレンダーの運用改善 技術広報には専任メンバーはいません


  9. small start dev promotion • 週次のMTGでTODOの確認 ◦ 担当者と期限を明確にする • ことあるごとに振り返り

    ◦ KPT法(Keep, Problem, Try) ◦ あがったTryに対しては担当者を決めて実践 • ノウハウの蓄積、フローの仕組化 ◦ 振り返りで得た知見を社内ドキュメントにまとめる ◦ ノウハウを個人にためず、仕組化できないか 9 「効果的」な活動
 「効率的」な活動

  10. MTG進行のテンプレート 10 MTGまでに各自が事 前に記入しておく 各自のTODOを明確に

  11. 外部向け勉強会の開催 • 手順のまとめ ◦ Slackのwork flow ◦ ドキュメントの整理 • オンライン開催

    ◦ ツールには使い慣れたGoogle Meetを利用 • 過去のイベントのまとめ ◦ Google SpreadSheetでイベントURL、アンケートなどをまとめておく 11
  12. アドベントカレンダーの運用改善 • 2019年度 ◦ 有志の活動から、技術広報がアドベントカレンダーの運用を開始 ◦ 声かけ、レビュー、締め切り管理 ◦ 組織的な運用はできたが、メンバーの負担が大きい😢 •

    2020年度 ◦ 記事の下書きにGitLabを利用してみる ▪ issueとカンバンによる進捗管理 ▪ 下書きが上がってきた際にSlackに通知 ▪ レビューが容易に ▪ GitLabになれない営業の方などのために、利用の手引きを作成 12
  13. 13 アドベントカレンダーの運用改善

  14. おまけ) GAS + Slack API: connpassイベント通知bot 14

  15. Future Work • メンバーが増えても活動の継続 ◦ 各種手順でわかりにくいところはないかどうか ◦ 誰でも運用ができるようになっているかどうか • 活動の質の向上

    ◦ 効果の計測! ◦ 認知度の向上や採用につながる活動ができているかどうか ▪ より質の高い活動にするにはどうすればいいか 15
  16. 16 まとめ • 専任メンバーがいなくても活動を継続できているのは、徹底 的な「仕組化」のおかげ • Slack, GitLab, SpreadSheetは効率化の強い味方 •

    今後は効果の測定に取り組みます!
  17. EOF