Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

10分でわかるfreeeのPdM

3adaa5e19f64345a0fbdb2e5d00be571?s=47 freee
March 19, 2021
770

 10分でわかるfreeeのPdM

3adaa5e19f64345a0fbdb2e5d00be571?s=128

freee

March 19, 2021
Tweet

Transcript

  1. 1 freee 株式会社
 freeeのご紹介
 as of 2019.08


  2. 2 2 freeeとは
 会社概要


  3. 3 一橋大学商学部卒。データサイエンス専攻。
 実家は下町の美容院。
 
 博報堂、株式会社ALBERTにてCFO(最高財務責任者)を経て
 
 Googleにて日本およびアジア・パシフィック地域での
 中小企業向けマーケティングを統括
 
 Googleで感じた社会課題を解決すべく


    2012年7月 freee 株式会社を設立
 
 趣味はランニングと娘と食とビールと海で浮かぶこと
 
 
 日経ビジネス 2013年日本のイノベーター30人 / 2014年日本の主役100人/Forbes JAPAN 日本の起業家BEST10に3回選出。2019年殿堂入り。
 
 著書に『「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェア№1クラウド会計ソフト freeeを生み出した「3か月ルール」』(日本実業出版社)がある。
 
 Daisuke Sasaki 佐々木 大輔
 freee株式会社 CEO
 3 About CEO 

  4. 4 freeeのミッション
 「スモールビジネスを、世界の主役に。」
 アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、
 ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム 161億603万円 (資本準備金等含む) 従業員数 事業内容 クラウド型バックオフィスサービスの開発・販売

    資本金 設立年月日 2012年7月 505名(2019年1月末時点) 

  5. 5

  6. Mind Set of Majikachi マジ価値原則(マインドセット) 社会の進化を担う責任感 freeeは社会の進化を担う集団である。社会を進化させるべく、世の中を前にすすめる集 団であって、社会の前提を変えるようなことであってもあきらめずに挑戦する。また、世の 中を変えうるよい事例は率先してつくる ムーブメント型チーム

    freeeは「スモールビジネスを世界の主役に」することをめざすムーブメント(社会運動) だ。ムーブメントは、目指すべき世の中の方向性に共感する仲間たちが自律的にアク ションを起こす。世の中を変えるためにムーブメントは常に強い原動力となってきた freee がマジ価値を「より大きく、より早く」届けるた めに、絶対に持ってもらいたい2つのマインド 6
  7. Standard of Value マジ価値指針 7 理想ドリブン 理想から考える。現在のリソースやスキルにとらわれず挑戦しつづける アウトプット→思考 まず、アウトプットする。そして考え、改善する Hack

    Everything★ 取り組んでいることや持っているリソースの性質を深く理解する。 その上で枠を超えて発想する。 ジブンゴーストバスター 自分が今向き合いたいジブンゴーストを言語化し、それに対するフィードバックを貪欲に 求め、立ち向かっていく。 あえて、共有する 人とチームを知る。知られるように共有する。オープンにフィードバックしあうことで一緒 に成長する freeeのマジ価値指針は、仕事をする上で実際に使 われている判断基準です
  8. 8 About Company 2012年の創業から今までで500名以上のメンバーを抱える組織になったfreee。
 freeeでは、組織が拡大する中でも一人一人のメンバーが自らの才能を最大限発揮できるような環境を整えるための様々な施策を行なっています。
 オフィス
 「スナック燕」
 育休取得&つばめっこクラブ
 ダイバーシティ推進室
 ヒーローインタビュー


    ・性別・年齢問わず誰もが働きやすい環境を創れるようにダイバーシティ 推進室を設置
 ・メディア、イベントにもally企業として積極的に参加 
 ・work with Pride 主催「PRIDE指標2017」最高ランクの「ゴールド」を獲得 
 ・自宅リビングで創業。組織は大きくなったが、リラックスして働ける環境を整 えたいという思いから、 リラックス&コミュニケーションスペースを多く取り入れ たデザイン。
 ・社長室は無し、フランクな人間関係と活発なコミュニケーションを促進する 
 福利厚生でスナック燕を提供。 
 五反田のコワーキングスペースを貸切、役員がママとなり抽 選で応募した社員8名をもてなしながら普段話せないことを話 す。
 役員との会話だけでなく横のつながりも生まれる 
 CEO、CTO等々経営陣が率先して取得 
 ・2016年4月以降、育休取得人数は合計11名です(うち10名がお 父さん社員)
 ・「つばめっこクラブ」ではファミリーデーや子供向けグッズの制 作、家事代行サービスの割引制度などの育児支援制度を整え、 育児に対する職場理解雰囲気づくりを行う 
 
 
 ・「ヒーローインタビュー」は、全社ミーティング内でその 週に活躍した社員を担当役員が紹介するコーナー 
 ・称えつつ、工夫したことなどをあえて共有し、他社員の 学びになるように
 TGIF
 ・毎月テーマを決めて開催する社内交流イベント 
 ・普段関わることの少ない他部署のメンバーや役員などと相互理解がで きる場に
 

  9. 9 9 サービス概要


  10. 10 開業から上場まであらゆるビジネスステージを網羅
 開業
 個人事業主
 創業
 1人社長
 拡大・成長期
 上場準備期
 規模やニーズに応じ最適な業務効率化を実現するfreeeシリーズ


  11. 11 プロジェクト
 マネジメント
 法務
 スモールビジネス向け統合型クラウドERPとしての新たな一 歩
 スモールビジネス向け統合型
 クラウドERP
 バックオフィス
 領域


    フロント/ミドル
 領域
 •未展開領域
 POS / Payment
 SFA / CRM
 調達 / 
 サプライヤー管理
 販売
 在庫管理
 ※ 2013年3月リリース
 • 会計
 • 債権債務管理
 • 予実管理
 • 請求管理
 • ワークフロー
 • 経費精算
 • 給与計算
 • 勤怠管理
 • 人事マスタ
 • マイナンバー
 • 行政手続
 • 年末調整
 ※ 2014年10月リリース

  12. 12 現場業務の
 ナビゲーション
 収益性・生産性の改善
 
 ビジネス現場の
 オペレーションを可視化
 
 リアルタイムな意思決定
 現場業務の

    効率化
 ➡現場業務の効率化と収益性・収益機会を可視化
 経営レベルでの
 ナビゲーション
 キャッシュフローの
 可視化および
 資金繰りの改善
 バックオフィス自 動化
 ➡リアルタイムで経営状況と資金の流れを可視化
 フロント/ミドル領域
 バックオフィス領域
 法務
 バックオフィス領域・フロント領域においての提供価値
 スモールビジネス向け統合型 
 クラウドERP
 POS / Payment
 SFA / CRM
 調達 / 
 サプライヤー管理
 販売
 在庫管理

  13. 13 13 about PM at freee freeeのPMとは


  14. 14 14 What is PM/UXD PM/UXDとは何か PM ※1 UXD ※2

    役割:Product Manager(プロダクトマネージャー) 行為:Product Management(プロダクトマネージメント) 役割:User Experience Designer(UXデザイナー) 行為:User Experience Design(UXデザイン) ※1 PM:「Project Manager(プロジェクトマネージャー)」ではありません ※2 UXD:freee内では、UXDのDを省略してUXと呼ばれています
  15. 15 15 Roles of PM PM/UXDの役割 ビジネス、デザイン、テクノロジーを理解し、 プロダクトのビジョン設計から 解決する課題と優先順位を決め、 UX/UIを含めた解決策を決める

    エンジニアと共に 品質の高いプロダクトを開発し、 ユーザーに価値を提供し続ける Business Design Technology PM
  16. 16 16 Roles of PM PMの役割 将来像の定義 ミッション・ビジョンを体現するプロダクトの将来像を定義する ロードマップ策定 事業計画やプロダクトの将来像から開発するものを選択する

    デザイン 開発要件をUIまで落とし込む 開発 Engと共にプロダクトを開発する(エンジニアリングは一部工程のみ) 品質保証 QAと共に開発したプロダクトをテストして、動作を保証する インパクト検証 開発したプロダクトのインパクトをリリース前の仮説と照らし合わせて評価する
  17. 17 17 PM in Organization 組織におけるPM 新規 プロダクト基盤 金融 PM

    UXD Eng QA NB事業 New Business 人 事 採 用 経 営 管 理 経 営 企 画 ビジネス 取 締 役 会 ES事業 Emerging Small Business MS 事業 Matured Small アドバイザー事業 アライアンス事業 PMM プロダクト GS事業 Growing Small 会計 人事労務 決算申告 設立・開業 モバイル サービス基盤 経営・運営 戦略 開発 個人事業 IPO事業 Initial Public Offering 事業企画 ※PMM:ユーザーの潜在ニーズを見つけ出し、 そのニーズを満たすようなプロダクトの概念や売る方法を考え、 その売り上げにコミットする部署
  18. 18 PM Project Team Team構成:プロダクト別の所属となり、PMとしてEng/UXと連携してプロダクト開発を進める 18 PM TEAM A UX

    Eng TEAM B TEAM C TEAM B TEAM E TEAM F 会計freee TEAM A TEAM B TEAM C 人事労務freee TEAM A productA 凡例:1名分
  19. 19 19 Work Flow of PM/UXD PM/UXDのロールと作業フロー 評価 運用 効果測定

    プロジェクトOKR 調査・分析 要求・要件定義 プロセス設計 設計・作成 評価 設計・作成 実装 公開 デザイン QA HCD プロセス プロダクトOKR プロダクトマイルストーン プロダクトビジョン 全社OKR 全社マイルストーン 全社ビジョン UXD PM/UXD PM
  20. 20 20 募集ポジション


  21. 21 デバイスの進化に伴い、mobile領域で業務を行う人々が増えています。mobileならではの体験を 企画・開発できる人材を採用していきたい。 21 Assignment of PM PMの募集ポジションの募集背景 会計コアPM ERPプラットフォーム構想を実現する動きが始まり、基幹プロダクトとしてそのコアを牽引していく上

    で、常に人材が足りていない状況。コア機能を企画検討を行うPM(基礎要件よりも経理や会計士の 経験重視)の採用が急務。 グロースPM 会計freeeの提供価値をさらに多くの企業・個人事業主の皆さんに届けるために、プロダクトグ ロースが必要。プロダクト成長に寄与できる人材を採用をしていきたい 基盤PM 2020年度を「基盤元年」とし、ERP構想に向けた基盤の再構築が必至である。 各プロダクトの幅・深度ともに拡大するにあたり、ERPとして統一的な体験をつくるための基盤構 築をけん引するPMの採用が必須 人事労務PM 人を起点とした機能群(勤怠、労務、人事マスタなど)を擁したプロダクトを展開しており、ニーズが 日々増加している。既存機能の拡張はもちろん、ERPの基盤になりうるか等複数の論点があり、 体制拡大のため採用を進めたい。 社宅管理PM スモールビジネスの福利厚生拡充への第一歩として、社宅管理を支援するプロダクトをローンチ。 必要最小限の要件を整えた段階だが、さらなる成長に向け戦略を描き実行にコミットできる専任 PMをアサインしたい。 モバイルPM アドバイザーPM スモールビジネスを支えている税理士さん向けのプロダクトづくりを今後積極的に取り組んでいきたい。この テーマに一緒に取り組んでくれるPMの採用を進めていきたい
  22. 22 22 必要要件について PMの募集ポジションの共通での必須要件 共通での必要要件 ▪プロダクトや対象市場の深い理解 ・泥臭くユーザーに訪問し、課題やニーズをしっかり読み抜く経験をお持ちの方 ・現状の仕様を自分でデモアカウントなどを用いて把握する姿勢 ▪年間の事業計画(OKR)やロードマップの策定の経験 ・目標とすべき指標について自身での分析やアナリティクスチームとの連携、ビジネスサ

    イドとの連携の経験 ・事業計画策定など戦略性あるロードマップを立てて、優先順位付けをした経験 ▪個々の仕様の検討の経験 ・施策の背景、要件(UI/UXとしての体験設計含む)、Business impact試算、開発などの コストのセルフキャッチアップの経験 ・スクラムなどの運営を通した開発ディレクションの経験
  23. 23 23 必要要件について PMの募集ポジション別募集要件 会計コアPM 経理の業務経験を5年以上持っている 高いコミュニケーション能力、リーダーシップ バックオフィスの経験を活かして、0→1のシゴトをしたい想い グロースPM UI/UXの基礎知識およびトレンドの理解

    デジタルマーケティングの基礎知識およびトレンドの理解 PDCA改善サイクルを回した経験(定量・定性分析スキル) 基盤PM システムの基盤(アカウント、権限、マスタ、APIなど)に類する開発・ディレクション経験 アーキテクト達と議論できる最低限の技術的バックグラウンドとコミュニケーション能力 プロダクト・サービスのPMないしPjMの経験 人事労務PM webサービスのプロダクトマネジメント経験 定量・定性分析に基づいた機能開発・改善経験 マスタやAPI連携について議論できる最低限の知識(エンジニア実務経験は不問) 社宅管理PM webサービスのプロダクトマネジメント経験 実務フローを客観的に整理・評価し、改善策を見出し要件定義できるスキルセット 事業開発経験(尚可) モバイルPM webやモバイルのプロダクトマネジメントの経験 webやモバイルの開発経験またはそれに準ずる知識 webサービス、モバイルアプリのUI/UXの基礎知識およびトレンドの理解 アドバイザーPM 会計事務所業界を変革したい想い 高いコミュニケーション能力、リーダーシップ 実務フローを客観的に整理・評価し、改善策を見出し要件定義できるスキルセット
  24. 24 PMの外部公開記事
 記事の寄稿 Awardへの受賞 Meetupの登壇/主催 1 2   3 ・freeeの事例に学ぶ!

    新規事業スタート前にプロダクトマネージャーが取り組んだこと
 ・漠然とした要件からMVPを見極めるには? プロトタイプからペルソナを見出し、開発に至るまで
 ・新規プロダクトの開発プロセスで意識したい5つのポイントとは? その実践に学ぶ ・総務省後援「第11回 ASPIC IoT・クラウドアワード2017」にて、ASP・SaaS部門の「基幹業務系分野グランプ リ」を受賞 ・プロジェクト管理freee、ASPIC IoT・AI・クラウドアワードで「ASPIC会長賞」受賞
 ・プロジェクト管理freee、「Ruby biz Grand prix 2020」でVerticalSolution賞を受賞 ・Product manager conference 2020
 ・Product Management Night Tokyo hosted by freee
 ・Around the Product hosted by freee