【いまさら聞けない】SwiftのOptionalってなに?

3bf6da1f63cd8b7a2f802f95c269ed80?s=47 FromAtom
June 23, 2017

 【いまさら聞けない】SwiftのOptionalってなに?

社内の勉強会で話しました

3bf6da1f63cd8b7a2f802f95c269ed80?s=128

FromAtom

June 23, 2017
Tweet

Transcript

  1. 【 いまさら聞けない】 Swift の Optional ってなに? 2017/06/23 @fromatom

  2. iOS 開発つまづきポイント Optional Delegate Autolayout ProvisioningPro fi le 突然ぶっ壊れる Xcode

    突然ぶっ壊れる Xcode 突然ぶっ壊れる Xcode
  3. iOS 開発つまづきポイント Optional Delegate Autolayout ProvisioningPro fi le 突然ぶっ壊れる Xcode

    突然ぶっ壊れる Xcode 突然ぶっ壊れる Xcode
  4. はじめに Swift の Optional が複雑( に見える) のは、 同じ記号(! と ?

    ) が違う意 味で使われているから たとえば、 下記で使われる ! と ? はすべて意味が違います var a: Int? = 1 var b: Int! = 2 let c: Int = a! + 10 self?.collectionView?.reloadData()
  5. 目次 1. Optional 2. Implicitly Unwrapped Optional 3. Optional Chaining

  6. 1. Optional

  7. Swift での nil とは nil について知らないと Optional を理解できない Swift のnil

    は値・ 式の評価結果がない( もしくはエラー) を表す Swift1.x 系では do-catch と throw が無かったんや Swift にはポインタがないので厳密には空ポインタではない
  8. Swift での nil とは nil を通常の値と同じように触ると虚無に飲み込まれクラッシュする 自然界にnil はないので触ったら死ぬ 他の言語と違って0 やfalse

    として解釈されない 虚無に型はない nil をハンドリングするために導入されたのがOptional
  9. Optional Int Type まずは Int で考えます Int は整数型なので整数ではない nil は代入できない

    nil を代入したい場合はInt? という Optional Int Type を使う var a: Int = 0 var b: Int? = 0 a = nil // コンパイルエラー になる b = nil // 代入できる
  10. Optional Int Type var a: Int = 0 var b:

    Int? = 0 var c: Optional<Int> = 0 // 上と同じ Int? はOptional<Int> のシンタックスシュガー Optional<T> というクラス( 正確には enum ) があり、Generics で様々 な型を入れられる つまり、 Int と Int? は別物 ← 超重要 型が違うので同じようには使えない ← 当たり前だよね
  11. Optional Int Type を Int として使いたい Int? はInt ではないのでInt として扱えない

    Unwrap することで使えるようになる ここで "!" が登場します Xcode に言われるがまま修正すると入ってくる謎の "!" "!" を使って Unwrap することを Force Unwrap と言います
  12. Force Unwrap var optionalValue: Int? = 2000 var a: Int

    = optionalValue + 20 // 型が違うのでコンパイルエラー になる var b: Int = optionalValue! + 20 // 2020 になる optionalValue! の "!" で Int を取り出している もしoptionalValue の中身がnil だったら実行時クラッシュ
  13. 条件判定 実行時クラッシュすると困るので条件判定をします var optionalValue: Int? = 2000 if optionalValue !=

    nil { print(optionalValue!) // ここでは "!" が必要 } if optionalValue == 1000 { // "!" を書かなくても良い print("1000 だよ") } else if optionalValue == 2000 { print("2000 だよ") // これが表示される }
  14. Optional Binding 毎回 "!" 書くのは大変 if 文の then 節では nil

    チェックした変数を使いたいことが多い そこで Optional Binding です var optionalValue: Int? = 2000 if let value = optionalValue { // if-let で1 つの構文 print(value) //"!" が要らない } else { print("nil だったらしいよ") //optionalValue がnil なら実行される }
  15. Optional Binding 複数の値を Optional Binding することもできます var optionalA: Int? =

    1 var optionalB: Int? = 2 if let a = optionalA, let b = optionalB { // optionalA, optionalB が両方nil ではないときにくる print(a + b) // 3 が表示される }
  16. 条件式との組み合わせ optional binding した値を条件式で使える var optionalValue: Int? = 2000 if

    let value = optionalValue, value > 100 { print("100 より大きいよ") }
  17. Nil Coalescing Operator ある Optional Type の変数がnil だった時に、 他の定数を使いたいときに 便利なやつ

    let value: Int = optionalValue ?? 100 optionalValue がnil なら100 が代入されます。 便利だけど多用すると右 に長くなっていくので注意。 let value: Int = optA ?? optB ?? optC ?? 100 ※Bool 値を見ているわけではないので注意
  18. 2. Implicitly Unwrapped Optional

  19. Implicitly Unwrapped Optional 参照したら勝手に Unwrap してくれる Optional Type var a:

    Int = 0 var b: Int! = 0 a = nil // コンパイルエラー になる b = nil // 代入できる Int! はImplicitlyUnwrappedOptional<Int> のシンタックスシュガー var b: Int! = 0 var c: ImplicitlyUnwrappedOptional<Int> = 0 // 上と同じ
  20. Implicitly Unwrapped Optional "!" で Unwrap しなくてもよい var a: Int!

    = 0 var b: Int = a + 20 // "!" マー クがなくてもアクセスできる! a = nil // a にnil をいれてみる var c: Int = a + 20 // 実行時にクラッシュする クラスの生成直後は nil だけど、1 度設定されたら nil になりえない変数に 使う。StoryBoard との関連(IBOutlet ) でよく使います。
  21. 3. Optional Chaining

  22. Optional Chaining Method Chaining をする際、 途中で Optional な要素がある時に利用す る。 self?.collectionView?.reloadData()

    self?.navigationController?.setNavigationBarHidden(false, animated: true)
  23. Optional Chaining こういう class があり、3 世代前の名前を知りたい時 class Human { var

    ancestor: Human? var name: String } こうやれば取れるけど、 どこかで nil が入ったらクラッシュ print(human.ancestor!.ancestor!.ancestor!.name)
  24. Optional Chaining これでもいけるけど、 if let a = human.ancestor, let b

    = a.ancestor, let c = b.ancestor { print(c.name) } Optional Chaining を使えばこう書ける if let name = human.ancestor?.ancestor?.ancestor?.name { print(name) }
  25. メソッドも実行できる self?.collectionView?.reloadData() self?.navigationController?.setNavigationBarHidden(false, animated: true) 代入もできる // 3 世代前の先祖がいたら置き換える human.ancestor?.ancestor?.ancestor?

    = newAncestor
  26. ちょっと便利な Optional Chaining テク Void を返すメソッドを Optional Chaining で実行するとOptional<Void> を

    返すようになる。 if self?.collectionView?.reloadData() != nil { //reloadData() が呼ばれたら実行される } if (human.ancestor?.ancestor?.ancestor? = newAncestor) != nil { // 代入が成功したら実行される }
  27. まとめ これで Swift コー ド上で使われる様々 な意味の "!" と "?" の違いが(

    ふわ っと) 分かったと思います。 var a: Int? = 1 // Optional var b: Int! = 2 // Implicitly Unwrapped Optional var c: Int = a! + 10 // Force Unwrap self?.collectionView?.reloadData() // Optional Chaining
  28. 参考文献 1. 詳解 Swift 改訂版 2016 年 1 月 1

    日 初版第一刷発行 http://amzn.asia/eeKqCsH Swift3 系はこちら:http://amzn.asia/4IXtxem 2. どこよりも分かりやすい Swift の "?" と "!" http://qiita.com/maiki055/items/b24378a3707bd35a31a8