Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

シングルバイナリにこだわる - AWS Lambda編 / Nature Bath vol.6

シングルバイナリにこだわる - AWS Lambda編 / Nature Bath vol.6

Nature Bath vol.6【勉強会】みんなのGo言語 執筆陣による「Go開発・運用の現場」の発表資料です
https://nature.connpass.com/event/194611/

Ca6281fff64797dc419b78f51f25c0a5?s=128

FUJIWARA Shunichiro

November 18, 2020
Tweet

Transcript

  1. シングルバイナリにこだわる - AWS Lambda 編 2020.11.18 Nature Bath vol.6 ⾯⽩法⼈カヤック

    藤原俊⼀郎 @fujiwara
  2. @fujiwara github.com/kayac/ecspresso Amazon ECS デプロイツール github.com/fujiwara/lambroll AWS Lambda デプロイツール

  3. AWS Lambda を何の⾔語で書いていますか? Node.js Python Ruby Java Go .NET Custom

    Runtime Bash Perl COBOL...
  4. Go で Lambda を書くと嬉しい ランタイムの寿命に影響されにくい デプロイするものはビルド済のx86_64バイナリ = ⾔語のEoLに影響されない 起動も実⾏も速い Goが好き

  5. Go で Lambda を書く https://github.com/aws/aws-lambda-go#getting-started // main.go package main import

    ( "github.com/aws/aws-lambda-go/lambda" ) func hello() (string, error) { return "Hello ƛ!", nil } func main() { // Make the handler available for Remote Procedure Call by AWS Lambda lambda.Start(hello) } この main.go をビルドして Zip に含めて Handler として呼ぶ
  6. kayac/s3-object-router https://github.com/kayac/s3-object-router S3 に置かれたObjectを指定したルールで切り分ける君 {"tag": "app.info", "source": "stdout", "message": "xxx"}

    {"tag": "app.warn", "source": "stderr", "message": "yyy"} {"tag": "app.info", "source": "stdout", "message": "zzz"} ルール path/to/{{ .tag }}/{{ .source }} で処理すると path/to/app.info/stdout/... に 13⾏⽬が path/to/app.warn/stderr/... に 2⾏⽬が保存される S3 Event Notification でこの Lambda を呼んで実⾏する
  7. Lambda の典型的なユースケース = S3 イベントトリガ CLI から S3 URL s3://bucket/object

    を指定して実⾏できたら便利ですよね! 開発中とかリカバリとか世の中にはいろいろある いちいち Lambda にデプロイして aws lambda invoke-function ... より CLI で叩きたい $ aws lambda invoke-function \ --function-name s3-object-router \ --payload '{"Records":[{"s3":{"bucket":{"name":"bucket-name"},"object":{"key":"object-key"}}}]}' ではなく $ s3-object-router s3://bucket-name/object-key ってしたい
  8. 「シングルバイナリにこだわる」とは Lambda⽤とCLI⽤のバイナリを個別にビルドするのは無駄では??? main.go がちょっと違うだけで本体はほぼ同じ ビルド時間2倍、サイズも2倍 ファイルの管理も⾯倒 Lambda でも CLI でも動く1個のバイナリを

    GitHub releases においておきたい
  9. Lambda でも CLI でも⾃動判別してよしなに動くコード 環境変数 AWS_EXECUTION_ENV を⾒て判別! if strings.HasPrefix(os.Getenv("AWS_EXECUTION_ENV"), "AWS_Lambda")

    || os.Getenv("AWS_LAMBDA_RUNTIME_API") != "" { // Lambda として動いている lambda.Start(handler) } else { // Lambda ではない // ... } 2020-11-18現在 カスタムランタイム provided.al2 で AWS_EXECUTION_ENV が設定されない不具合 AWS_LAMBDA_RUNTIME_API があるかも⾒たほうがよい サポートケースで報告済、近⽇修正予定とのこと
  10. コマンドラインオプションは環境変数でも設定できるように Lambdaでは起動時にコマンドライン引数を指定できないので flag は環境変数でも指定できるようにしておく $ myapp -port 8080 $ MYAPP_PORT=8080

    myapp Lambda に限らずコンテナでも環境変数のほうが個別に上書きできて便利
  11. コマンドラインオプションは環境変数でも設定できるように flag.VisitAll() を使うと… func main() { var port int flag.IntVar(&port,

    "port", 8080, "port number") flag.VisitAll(func(f *flag.Flag) { name := "MYAPP_" + strings.ToUpper(f.Name) if v, exists := os.LookupEnv(name); exists { f.Value.Set(v) } }) flag.Parse() fmt.Printf("%d\n", port) }
  12. fujiwara/ridge https://github.com/fujiwara/ridge API Gateway REST/HTTP API ALB Lambda の HTTP

    ハンドラを net/http で書ける君 package main import ( "fmt" "net/http" "github.com/fujiwara/ridge" ) func main() { var mux = http.NewServeMux() mux.HandleFunc("/", handleRoot) ridge.Run(":8080", "/", mux) } func handleRoot(w http.ResponseWriter, r *http.Request) { w.Header().Set("Content-Type", "text/plain") fmt.Fprintln(w, "Hello World") }
  13. ridge を使ったバイナリでも⾃動判別 Lambda として動作する場合 Lambda payload を net/http.Request に変換 handler

    アプリケーション に *Request ResponseWriter を渡す net/http.ResponseWriter に書かれたものを Lambda response に変換 Lambda 以外で動作する場合 net/http.Server でネイティブな HTTP server として動作 EC2 ECS 等でもそのまま動く!
  14. 【PR】 Lambda のデプロイには fujiwara/lambroll を https://github.com/fujiwara/lambroll Lambda Function のみ をデプロイすることに特化したミニマルなデプロイツール

    他のものは⾃分で⽤意できるんだ!という⼈向け function.json とGoのビルド済バイナリだけで lambroll deploy できます { "FunctionName": "my-go-lambda", "Handler": "handler", "MemorySize": 256, "Role": "arn:aws:iam::123456789012:role/lambda", "Runtime": "go1.x" }