Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-

基調講演 -グリーが目指すエンジニアのあり方、チームのあり方-

GREE Tech Conference 2021 で発表された資料です。
https://techcon.gree.jp/2021/session/Keynote

gree_tech
PRO

November 11, 2021
Tweet

More Decks by gree_tech

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Keynote Masaki Fujimoto

  2. ごあいさつ

  3. why techcon

  4. トラックレコード why techcon 4

  5. 業界発展 why techcon 5

  6. 宣伝 why techcon 6

  7. いろいろやっております 7 メディア 情シス/データ/セキュリティ QA/インフラ ゲーム メタバース

  8. 同じでありたいこと

  9. Product 9

  10. Respect 10

  11. • 何かの議論を行うとき (e.g. PRレビューだったり、技術選択だ ったり) • 「自分の意見」vs「相手の意見」ではなく「意見A」と「意見B」と して捉え続けること • 同じゴールに対してどちらがいいかを考え続けること、そのための

    議論であること • でも決めるのは1人、決まったら尊重する Respect? 11
  12. Enjoy:) 12

  13. build up

  14. ソフトウェア書くとき大事にしてることを1つだけ build up 14

  15. (特に正解はないです) build up 15

  16. 積み上がってること (≠コードが増えてる) build up 16

  17. 例: デバッグ (バグ減った、うれしい) build up 17

  18. 例: テスト書く (カバレッジ増えた、未来へめっちゃ投資した!) build up 18

  19. 例: 速くした (速くて困ることなんて1つもない、最高) build up 19

  20. 例: 機能追加した (たぶんいい、はず!) build up 20

  21. などなど build up 21

  22. 全ては計測から build up 22

  23. • プロダクト品質 ◦ 要求仕様への適合性 ◦ 動作速度 ◦ 要求リソース ◦ スケーラビリティ

    ◦ バグ発生件数 ◦ セキュリティ • ソースコード品質 ◦ テストカバレッジ (ユニットテスト、e2eテスト) ソフトウェアがよくなる? 23
  24. このあたりまでは なんとか build up 24

  25. • ソースコード品質 ◦ C: 凝集性 ◦ L: 疎結合 ◦ E:

    カプセル化 ◦ A: アサーション ◦ N: 非冗長 ソフトウェアがよくなる? 25
  26. • ソースコード品質 ◦ 重複がないか ◦ 独立しているか、結合は十分に疎か ◦ 依存が循環していないか ソフトウェアがよくなる? 26

  27. このあたりが 計測しづらい (いろいろな手法/解析ツールはあるけれど) build up 27

  28. • ジレンマ ◦ プロダクト品質のほうがわかりやすい ▪ ソースコード品質の優先度が下がる (負債がたまるやつ) ▪ 本来は、両方をスコアリングし続けるべき ▪

    だけどまだまだ多分出来ていない、そもそも定量化手法すら怪しい (世間的に も) ◦ 油断すると、重複が減り結合度が上がる ソフトウェアがよくなる? 28
  29. 前向きに捉えれば人間が気にするのは これくらい build up 29

  30. build upしてくぞ build up 30

  31. という1年の結果をお楽しみください build up 31

  32. Thank You and Happy Hacking!

  33. 33