Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

新人エンジニアが生放送に出演!? WFS新卒のアナザーエデンでの1年間の取り組み

新人エンジニアが生放送に出演!? WFS新卒のアナザーエデンでの1年間の取り組み

GREE Tech Conference 2022で発表された資料です。
https://techcon.gree.jp/2022/session/TrackB-1

gree_tech
PRO

October 25, 2022
Tweet

More Decks by gree_tech

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 株式会社WFS クライアントエンジニア 麻生航平 新人エンジニアが生放送に出演!? WFS新卒のアナザーエデンでの 1年間の取り組み 株式会社WFS サーバサイドエンジニア 渡部雅也

  2. 自己紹介(1/2) 2
 • 氏名 • 麻生 航平 • 担当 •

    クライアントエンジニア • 経歴 • 2021年にグリー株式会社に新卒入社 • WFSのアナザーエデンチーム配属 • 新規施策の実装やバトル機能の拡張 運用効率化のための社内ツールなどを開発
  3. 自己紹介(2/2) • 氏名 • 渡部 雅也 • 担当 • サーバサイドエンジニア

    • 経歴 • 2021年にグリー株式会社に新卒入社 • WFSのアナザーエデンチーム配属 • サーバ運用やAPI開発、コンテンツ管理ツー ル開発などを担当 3

  4. 本日の流れ 1. アナザーエデンの紹介 2. クライアントEN 麻生の1年振り返り 3. サーバEN 渡部の1年振り返り 4.

    2人で挑戦した仕事以外の取り組み(生放送に出るまで) 4

  5. アナザーエデンの紹介 5
 シングルプレイ専用RPG 2022年4月で5周年 現在も様々な新コンテンツ開発中

  6. 1年間を振り返ると ©WFS 周りの人を楽しませようとする持ち味を 仕事でも大いに発揮できた クライアントエンジニア(麻生)の1年間の取り組み

  7. クライアントエンジニア(麻生)の1年間の取り組み • 新規施策の機能実装(5月〜9月) ◦ 仕事としてのゲーム開発を学んだ! • 機能改修(10月〜11月) ◦ 他職種とのやりとりをして主体的に機能を実現することを学んだ! •

    バトル機能の拡張(12月〜) ◦ バトルエンジニアのリーダーとして主導することを学んだ! 7

  8. 仕事としてのゲーム開発を学びました 新規施策の機能実装(5月〜9月) • Gitのバージョン管理 • UIの実装 8
 図鑑UIの作成 Git に慣れる

    ところから!
  9. 仕事としてのゲーム開発を学びました 新規施策の機能実装(5月〜9月) • データ構造設計 9
 新しいキャラクターシステムのデータ設計 ストーリー上 これが必要でして...

  10. 所属してから数ヶ月で 実装したものがリリースされる! 新規施策の機能実装(5月〜9月) 10
 仕事としてのゲーム開発を学びました

  11. 他職種とのやりとりをして主体的に機能を実現することを学びました 機能改修(10月〜11月) 11
 これは ありがたい! • エンジニア担当1人でプランナーやアートと協力しながら実現 ◦ もともと一括解放することは想定されていなかった…

  12. バトルエンジニアのリーダーとして主導することを学びました バトル機能の拡張(12月〜) 12
 • 新規スキル・状態効果・装備などの実装 • 膨大な組合せでのエンバグを考慮 ◦ キャラクター数 200以上

    x エネミー数 1000以上
  13. クライアントエンジニア(麻生)の1年間の取り組み • 新規施策の機能実装(5月〜9月) ◦ 仕事としてのプログラミングを学んだ! • 機能改修(10月〜11月) ◦ 他職種とのやりとりをして主体的に機能を実現することを学んだ! •

    バトル機能の拡張(12月〜) ◦ バトルエンジニアのリーダーとして主導することを学んだ! 13

  14. クライアントエンジニア(麻生)の1年間の取り組み • 新規施策の機能実装(5月〜9月) ◦ 仕事としてのプログラミングを学んだ! • 機能改修(10月〜11月) ◦ 他職種とのやりとりをして主体的に機能を実現することを学んだ! •

    バトル機能の拡張(12月〜) ◦ バトルエンジニアのリーダーとして主導することを学んだ! • 開発環境改善 ◦ 自分なりのエンジニアスキルを発揮できる! 14

  15. スプレッドシートで管理されたリリース情報からカレンダーを自動更新 開発環境改善①(リリース日のカレンダー反映) 15
 スプレッドシート Googleカレンダー 趣味のbot開発 スキルが大活躍

  16. 数十ファイル、数百シートもあるエクセルから どのエクセルのどのシートのどの行にあるかを一覧で探し出してくれます! 開発環境改善②(マスターデータ検索システム) 16
 これは便利!

  17. 1年間を振り返ると ©WFS 周りの人を楽しませようとする持ち味を 仕事でも大いに発揮できた クライアントエンジニア(麻生)の1年間

  18. 1年間を振り返ると ©WFS 自ら進んで手をあげることで いろいろなことに挑戦できた1年だった サーバエンジニア(渡部)の1年間を振り返ると

  19. サーバエンジニア(渡部)の1年間の取り組み • コンテンツ管理ツール改修(5月〜6月) ◦ サーバサイドのアーキテクチャを学んだ! • サブスクのAPI開発(7月〜9月) ◦ 難易度の高いタスクに挑戦した! •

    ゲームと連携したwebサイトを1から開発(10月〜1月) ◦ プロジェクトを主体的に進行した! • サーバ関係の運用業務一通り(2月〜) ◦ 手順書を充実させた! 19

  20. 1年間を振り返ると ©WFS 入社したばかりの頃 ゲーム大好き! ゲームを通して多くの人を楽 しませたい でも、手元で動くゲームしか 作ったことない クライアント ‐

    サーバ ?
  21. 最初の仕事は管理ツールの改善 検証用アカウントID XXXXXX 入力ミスを無くしたい

  22. 実際にツールを使う人と仕様すり合わせ 今はどうやって使っていま すか? こうするのはどうでしょう か? コードはこうなってい るのか

  23. ID入力を撤廃。ボタンで検証用配布可能に 検証用に配布 検証用アカウント XXXXXXXXX YYYYYYYYY 開発の一連の流れを学びました

  24. チームに配属されて3ヶ月が経った頃 24
 次、簡単оr難しいタスク どっちがいい? まだ経験も知識も 浅く不安だけど 難しい方で お願いします

  25. 次のタスクはサブスク特典の機能修正 25
 一部の特典の配布が 遅れることがある

  26. サブスク特典の機能は複雑 26
 • 使用期限付きの特典が付与される • 次月に契約状況に応じて特典の使用期限を更新する • 決済処理を請け負うサーバとの連携 仕様が複雑で難しい

  27. チームの方々の協力があり実装できた 27
 チームで実施 • サブスクの仕様共有会 • コードリーディング会 • コードレビュー

  28. 初のAPIリリースで不具合が出てしまう 28
 • ロジックの考慮漏れで一部の人に不具合 • 急ぎで修正コードを配布して、止血対応 • 自分は見てることしかできなかった 連発されるエラーログを見て 卒倒しそうになってた

  29. 不具合を出して学んだこと 29
 • 不具合が出てしまった時の心得 • まず報告。とにかく周知する • テストの重要性 • テストケースの考慮漏れが無ければ防げていたかも

    • サーバコードに手を加えることの影響範囲の広さ
  30. その他の様々な仕事 30
 • ゲームと連携したwebサイトの開発 • 仕様、設計の段階から関わり実装まで行う • プロジェクトのドライブ • PC版に対応したコンテンツ管理ツールの開発

    • 5周年イベントのリリースに向けた負荷対策 • DAUなどから負荷を予測し対策 負荷を予測し 事前に準備 大きな仕事を 任せてもらえてた
  31. サーバエンジニア(渡部)の1年間 31
 自ら進んで手をあげることで いろいろなことに挑戦できた1年だった

  32. 32
 周りの人を楽しませようとする いろいろなことに挑戦する そんな2人はさらなる挑戦をしました

  33. 33
 STAFF作品も 募集されてた アナデンアートコンテスト

  34. アナザーエデンのキャラクターのコスプレ ゲーム内のBGMをオカリナで演奏 アナデンアートコンテスト スタッフ作品応募 34
 海外のアナデン掲示板にも 取り上げられた

  35. アナザーエデンの生放送にゲスト出演 35
 エンジニアで生放送に 出るのは初めて

  36. 挑戦しやすい環境 • 若手でも挑戦させてもらえる文化 • 職種を跨いだ周囲からの協力 36
 これからも様々なことに挑戦し 人々を楽しませていきます!

  37. 37