Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ゆるっとSalesforceトーク #2 Spring '22 フロー周りのリリースピックアップ

ゆるっとSalesforceトーク #2 Spring '22 フロー周りのリリースピックアップ

ゆるっとSalesforceトーク #2 Spring '22ピックアップにて使用した資料
https://co-meeting.connpass.com/event/238513/

hanamizuki10

February 09, 2022
Tweet

Other Decks in Programming

Transcript

  1. ゆるっとSalesforce トーク #2 Spring '22 ピックアップ フロー周りのリリース

  2. 自己紹介 • ITエンジニア歴15年目。Salesforce歴3年目。 • 株式会社co-meetingの週4フルリモート正社員。 (別日は個人事業主) • 現在、新製品の開発で格闘中 ...。 •

    猫大好き。熊本在住で猫2匹と旦那とともに生活中。 株式会社co-meeting 雑食プログラマ ハナミズキ @imprich_create
  3. フロー周りのリリース   私の気になるピックアップ • Flow Trigger Explorer • オブジェクトのレコードトリガフローの実行順序の定義 • Flow

    Builder のコレクションの項目の絞り込み • 自動レイアウトキャンバスからサブフローを開く • For-Each ループの要素とループ外の要素の接続 • [フローに移行] ツール (ベータ)
  4. Flow Trigger Explorer ポイント • オブジェクト単位で指定して見ることができるから、関連が分かりやすい。 • 現時点では、オブジェクトのレコードトリガーフローの実行順序の定義の順に並べることができ るわけではない。 ◦

    並び替え基準は「フローの表示ラベル」 ▪ だけど、ラベルの接頭辞に数字を差し入れても 適用されないから、ココちょっとよく分からない。 今後更新されるかも?
  5. オブジェクトのレコードトリガフローの実行順序 の定義 ポイント • 各フローの順番を変更できるようになった。 • これまで順番を変更できなかったため、プロセスビルダーの頃のベストプラクティスを踏襲して、 一つのオブジェクトにつき一つのフローという方向で作らざる得なかったが、それが不要になっ た。 •

    大きな利点としては、分岐を減らすことができること。 • 機能を絞り込めること。
  6. デモ

  7. 参考サイト • Salesforce Spring ’22 Release Notes:Salesforce Flow • Learn

    MOAR in Spring ’22 with Flow Enhancements 🔁 • 【Spring'22 Release Overview | Salesforce Trailblazer Community
  8. ご視聴ありがとうございました