$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

DevRel/Japan Conference 2022 マーケ_DevRel_セッション資料

DevRel/Japan Conference 2022 マーケ_DevRel_セッション資料

DevRel/Japan Conference 2022 セッションでの登壇資料。
パネルディスカッションによる「今こそマーケティング視点を! DevRelの可能性を探る」での進行スライドです。

Hide69Oz

August 06, 2022
Tweet

More Decks by Hide69Oz

Other Decks in Marketing & SEO

Transcript

  1. 今こそマーケティング視点を!
 
 DevRelが持つ
 可能性を探る
 2021/08/06 Hideki Ojima Gyori Nagafuchi Hiroki

    Sasaki Wataru Yamazaki
  2. ご参加いただき
 ありがとう
 ございます!


  3. コメントは
 ツイッターや
 配信環境の
 チャット欄にて!
 #DevRelJP

  4. 小島 英揮
 パラレルマーケター
 Still Day One 合同会社 代表社員 約30年間 B2B IT業界でマーケティングに従事 


    2009年~2016年:AWSでマーケティングを統括 
 2017年よりパラレルマーケター 
 
 コミュニティ立ち上げ: 
 #JAWSUG/ #CMC_Meetup / #JP_Stripes 
 書籍:コミュニティマーケティング/ DevRel エンジニアフレンドリーになるための3C (2019年発刊)

  5. Gyori Nagafuchi(ながふち ぎょり) Q. 今やっているオシゴト(MKTG)は? 「テスト自動化プラットフォーム「Autify」のセールスマーケティングを担うチームのDirectorです。マネジメント、 プレイヤーとしてチームメンバーがより彼らの専門業務に注力できるために尽力しています。 マーケティング領域としては、認知から獲得、およびユーザーの Retentionもこのチームで担っています。 Q.

    DevRel業務には、どのように関わっているか? 明確な “DevRel” 業務と名付けられた業務はありません。ただ、 Autifyを利用検討、ご利用いただく皆様はディベロッパーの 方々です。その方々に正しい情報が伝わること、彼らがサービスを利用するときに迷わないことを大切にしています。 > Director of Revenue Japan @Nagafuchik
  6. 佐々木 大樹 Hiroki Sasaki
 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社にて、 マーケティング/社内コミュニケーションを担当 しています。 株式会社MOONGIFT様に協力いただきつつ DevRel施策を推進しています。 趣味は最近買ったギター。やっと弾き語りがで

    きるようになりました。サウナも好きです。
  7. 山﨑 亘(やまざき わたる) ( 株 )ウフルのenebularプロダクト・マーケティングと DevRelを担当。 ミートアップ、ソーシャルメディア、イベント 登 壇

    、Webコ ンテンツ作成等で、enebularによるアプリ開発の楽しさ と、スタートまでの簡単さをご案内。 サウンド システム、SONOSのUser Groupも運営。 クラフトビール(IPA)とコーヒー(浅煎り)が好き。
  8. Q1:皆さんはDevRel 専任 or 兼任?


  9. DevRelとは? DevRelは外部の開発者との相互コミュニケーショ ンを通じて、自社や自社製品と開発者との継続 的かつ良好な関係性を築くためのマーケティング 手法。
 https://devrel.jp/about/

  10. ・ホントに「良好な関係」構築だけで良い?
 
 ・ビジネスに寄与する「良好な関係」とは?
 
 ・社内外ステークホルダーとどう連携すべき?
 今日お話したい事

  11. OWWHを意識して、
 社内外のステークホルダーから
 「イイね!」を得られる
 DevRelの実行方法
 今日お伝えしたいこと

  12. Q2:皆さんが実務で DevRelに期待している
 ことは?


  13. マーケティングとは?  ターゲットに行動変容
 を促すあらゆる活動
 


  14. マーケティングを因数分解すると・・・  ・Objective(目的)達成の
  ために
 ・Who(誰に)
 ・What(何を)
 ・How(どう伝えるか) 


  15. OWWHの相関図 3-5年後のObjective
 - 定量的Goal - 定性的Goal
 1年後のObjective
 - 定量的Goal -

    定性的Goal
 Who① 想定顧客は誰か? Why なぜその顧客か? What①
 訴求点は何か? Why なぜその訴求か? How①
 WhoにWhatを伝える方法 Why なぜその方法か? Who② 想定顧客は誰か? Why なぜその顧客か? What②
 訴求点は何か? Why なぜその訴求か? How②
 WhoにWhatを伝える方法 Why なぜその方法か? ※設定したWhoの数だけ、WhatとHowを設定 
 ※異なるWhoへのWhatやHowに重複があることも 
 ※一つのWhoに複数のWhatやHowが設定されることも 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  16. Objectiveなくして、勝利ナシ
 「勝利条件」=Objectiveの設定から始まる

  17. 全社Objective⇒部門Objective
 ⇒ファンクションObjective  3年後のビジネス全 体のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal
 1年後のビジネス全 体のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal


    3年後のマーケ
 部門のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal
 1年後のマーケ
 部門のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal
 3年後のDevRel のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal
 1年後のDevRelの Objective ・定量的Goal ・定性的Goal
 Who①:
 誰が顧客か? What②:
 何が響くか? How③:
 どう伝えるか? Who①:
 誰が顧客か? What②:
 何が響くか? How②:
 どう伝えるか? Who③:
 誰が顧客か? What③:
 何が響くか? How③:
 どう伝えるか? ・・・ ・・・ ・・・
  18. ・マーケや全社のObjectiveと連動する「技術者との良好な関係」とは、 
  どのようなものなのか? 
 ・そのためには、技術者の中の「誰に」「何を」「どう伝える」べきかの 
  設計が不可欠 3年後のビジネス全 体のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal


    1年後のビジネス全 体のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal
 3年後のマーケ
 部門のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal
 1年後のマーケ
 部門のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal
 3年後のDevRel のObjective ・定量的Goal ・定性的Goal
 1年後のDevRelの Objective ・定量的Goal ・定性的Goal
 Who①:
 誰が顧客か? What②:
 何が響くか? How③:
 どう伝えるか? Who①:
 誰が顧客か? What②:
 何が響くか? How②:
 どう伝えるか? Who③:
 誰が顧客か? What③:
 何が響くか? How③:
 どう伝えるか? ・・・ ・・・ ・・・
  19. Q3:マーケターだからこ そDevRelで苦労した点 は?


  20. Q4:DevRelは、次のス テージのどこに効くと考え ている?
 「顧客獲得」
 「顧客育成」
 「顧客理解」


  21. 「顧客獲得」「顧客育成」に加えて
 「顧客理解」にこそDevRelが効果的
 
 ブランドの視点と、
 顧客の視点 顧客が本当に
 欲しかったモノ

  22. フィードバックループの
 構築がカギ


  23. 視聴者の方からの質問


  24. まとめ


  25. 今こそマーケティング視点を!
 
 DevRelが持つ
 可能性を探る
 2021/08/06 Hideki Ojima Gyori Nagafuchi Hiroki

    Sasaki Wataru Yamazaki