PHPカンファレンス2013 モデルとの向き合い方:ドメイン駆動設計体験ワークショップ スライド

Ba8ecb9f1d269e44056ff4e7dca4c5e0?s=47 hidenorigoto
September 14, 2013

PHPカンファレンス2013 モデルとの向き合い方:ドメイン駆動設計体験ワークショップ スライド

DDDについての基礎、DDDの俯瞰、実践方法
ワークショップ

Ba8ecb9f1d269e44056ff4e7dca4c5e0?s=128

hidenorigoto

September 14, 2013
Tweet

Transcript

  1. 2.

    アジェンダ • 基礎編 • DDD基礎、実践方法 • ワークショップ • 要件の説明他 •

    モデリング他 • 実装への落とし込み(の説明) 2 13೥9݄15೔೔༵೔
  2. 46.

    ドメインモデル • 最初から正解を求めすぎない • 短い時間のブレインストーミング等 • 記述の詳細にこだわりすぎない • 厳密なUML •

    略式UML、付箋紙CRCではじめる 40 CRCカード 『オブジェクトデザイン』 白紙のCRC 『レガシーコード改善ガイド』17.2 (p.236) 13೥9݄15೔೔༵೔
  3. 51.

    ユースケース • ドメインモデル/ユビキタス言語の検証 • 動的な側面 • いろいろな方法で試みる • 会話 •

    白紙のCRC • シナリオ(ストーリー) 45 声に出してモデリングする 13೥9݄15೔೔༵೔
  4. 58.

    実装への落とし込み • 適切なアーキテクチャをもった技術フレームワークであ れば、モデルを素直に実装に落とし込める • 指針 • サービスから始める • サービスは道具をDIで受け取って良い

    • ステートレスに • エンティティはPureに • リポジトリはORMと折り合いをつける • ORM依存をリポジトリに閉じ込める 52 13೥9݄15೔೔༵೔