Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

メルカリ バックエンド領域のこれまでとこれから

メルカリ バックエンド領域のこれまでとこれから

Ba8ecb9f1d269e44056ff4e7dca4c5e0?s=128

hidenorigoto

December 16, 2021
Tweet

More Decks by hidenorigoto

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 1 メルカリ バックエンド基盤領域の これまでとこれから Mercari JP Camp 4 Engineering Head

    @hidenorigoto 2021/12/16
  2. 2 Camp 4 Engineering Head
 @hidenorigoto (後藤 秀宣)


  3. 3 Agenda • メルカリバックエンドにおけるマイクロサービス化のこれまで • 基盤領域の強化へ

  4. 4 メルカリ バックエンドにおける マイクロサービス化のこれまで

  5. 5 当初の戦術 立ち上げ期(2018年) • 出品を受け付けるエンドポイントをマイクロサービス化 ◦ 背後にいくつかの基本的なマイクロサービスが必要(ユーザー、アイテム) • メルペイローンチ時に、メルペイから利用される機能のマイクロサービス化(通 知、ユーザー)

    全チームでマイグレーション期(2019年〜) • エンドポイント単位、アクセス数の多いエンドポイントを優先 ◦ アクセス数が多い≒大きな価値を提供しており、今後も改善を行っていく可能性が見込める
  6. 6 • 物理的な距離 ◦ モノリス環境(プロダクションの DB含む)はさくらインターネットの石狩 DC。マイクロサービス環 境はGCP東京。距離1100km(レイテンシ>100ms) ◦ この状況のため、マイクロサービス側とモノリス側の依存関係を一方向にし、通信が往復しない

    ようにする必要があった。採りうるマイグレーション戦略が絞られる。 初期の制約 モノリス側環境を東京へ寄せるインフラ移行プロジェクトを実施 → 現在は モノリスアプリ( GCE)+DB(東京のDC) → 2022年初期に、モノリスアプリは GKEへ移行。実行環境がモダン化 メルカリのマイクロサービス移行の進捗 (2019年冬) モノリスとマイクロサービス間でのコールが容易に。
  7. 7 例 • 出品機能 • 通知(アプリ内のお知らせ、プライベートメッセージなど) • 検索、ホーム画面バックエンド • 商品詳細、商品コメント、商品イイネ

    マイクロサービス化が比較的上手くいっている領域
  8. 8 例 • 取引(購入〜発送〜評価までの一連のフロー) • 発送機能 • 出品アイテム管理(データに近いレイヤー) • ユーザー管理(データに近いレイヤー)

    マイクロサービス化が道半ばになっている領域
  9. 9 領域による違い マーケットプレイスのグロース 安心・確実な取引 会員登録 検索 決済 アダプタ 商品閲覧 出品

    通知 発送 評価 取引 アプリケーション全体から利用 アイテム ユーザー 認証 認可 1リソース書き込み 参照メイン 独立した関心 渾然一体 メルカリにおけるマイクロサービスマイグレーションの理想と現実
  10. 10 • 100%モノリスのまま • 密結合の中心にいる(出品アイテム、決済、発送、評価) ◦ 他の機能をとりまとめながら、状態遷移を管理する機能 ◦ とりまとめる先の機能は、それぞれ複雑度が高い 道半ばな状況

    - 取引 「1つの取引では、1人の出品者の1つのアイテムを、1人の購入者と取引する」 → メルカリが生まれた時からある機能。当初の方針として正しかった(ビジネスは成長) → 想定していなかった要求と実装が、設計の限界を大きく超えてなされた 設計がプラクティカル=必要なことだけやる方針 WHY
  11. 11 • 提携先(ヤマト、日本郵便)と連携する部分などがマイクロサービスになっている • 取引機能と密接に連携しているロジックはモノリスのまま • 主要なデータもモノリスのMySQLのまま 道半ばな状況 - 発送

    「メルカリの、取引機能の中での、発送機能」として開発されてきた → 当時のサービスとしては、必要最低限の前提。サードパーティとの提携含め、確実に 成果を挙げてきた → さまざまな発送オプションへと横展開される中で、複雑度、取引との結合度増大 設計がプラクティカル=必要なことだけやる方針 WHY
  12. 12 • テーブルへのデータアクセス部分、および状態遷移のバリデーションなど基本的 なロジックがマイクロサービスになっている • ストレージはモノリス時代のMySQLのまま • テーブルに、アイテムの基本情報、集計情報とが混在 • モノリス内の多数のビジネスロジックから参照。一部書き込みも。

    • データ量およびDBアクセスは、メルカリ内随一 道半ばな状況 - 出品アイテム管理 モノリスにおけるアクティブレコード利用の規律不足 WHY
  13. 13 • テーブルへのデータアクセス部分のみがマイクロサービスになっている • ストレージはモノリス時代のMySQLのまま • テーブルに、ユーザー情報、認証情報、集計情報とが混在 • モノリス内の多数のビジネスロジックから参照。一部書き込みも。 道半ばな状況

    - ユーザー管理 モノリスにおけるアクティブレコード利用の規律不足 WHY
  14. 14 マイクロサービス化自体がゴー ルなんだっけ? メルカリの状況で、本当に必要な ことは何?

  15. 15 基盤領域の強化へ

  16. 16 • マイクロサービス化を考える以前の問題と向き合う ◦ モノリス+アクティブレコード式 ORMで生じたツラミ ◦ 仕様面での抽象化、再利用性の検討不足 • 会社のフェーズの変化に適応する

    ◦ 1つのビジネスの立ち上げ〜成長  ← 再利用性よりもとにかく高速な PDCA、必要なことだけや る ◦ 複数事業への投資  ← メンテナンスとスピードのバランス、既存アセットの活用 どのような戦い方が必要か
  17. 17 • 世の中の多くの先輩企業と同様に、メルカリも基盤を整えるフェーズ ◦ ここでいう基盤は、アプリケーションの開発・実行基盤(インフラ)ではなく、汎用性・再利用性の あるビジネスロジックを指す ◦ なお、開発・実行基盤側(マイクロサービスプラットフォーム)は非常によく整備された • 再利用性・汎用性・安定性へ

    • モノリスも、ROIに応じて積極的に改善 ◦ 段階的にモジュラー化(モジュラーモノリス化) 基盤強化 - Robust Foundation for Speed
  18. 18 • アイテム管理チーム • 取引機能チーム 本日のピックアップ(この後の話)

  19. 19 (選考に興味のある方へ)

  20. 20 • 理想と現実のギャップにワクワクでき、1歩でも前に進める推進力 • 理想状態は不確定で、状況に応じて常にアップデートをかけられる適応力 • 複雑な仕様をときほぐし、必要なレベルの抽象によって物事をシンプルにできる 設計力 • 大規模なコードベースに立ち向かうための知識・実践両面でのソフトウェアエン

    ジニアリング力 エンジニアに求めたいこと ソフトウェアエンジニアリングとは 時間で積分したプログラミングである
  21. 21 • Meety ◦ https://meety.net/matches/pjTdJYwOJlUW 直接お話させてください