$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

redux使うのやめました

hirasa
November 11, 2022

 redux使うのやめました

redux使うのやめました

hirasa

November 11, 2022
Tweet

More Decks by hirasa

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Redux使うのやめました 2022.11.12 クーガー株式会社 平崎 葵

  2. ⾃⼰紹介 ´ 平崎 葵 (ひらさき まもる) ´ 元道産⼦ ´ クーガー株式会社所属

    ´ サーバ、フロントエンジニア ´ キックボクシング始めました ´ バンドやってた ´ 誰か⼀緒にモンハンやりましょう ´ https://twitter.com/m_hirasaki1985 ´ よかったらフォローしてください
  3. 発表内容 ▪⽬次 1. そもそもReduxってなに︖ 2. Reduxの問題点 3. 解決のアプローチ 4. 今後の課題

    5. 最後に
  4. そもそもReduxって何︖

  5. Reduxを使わない状態管理 ´ 状態はコンポーネント⼀つ⼀つが管理していた ´ データやイベント(バケツリレー)の管理が⼤変 Component Component Component Component Component

    Component データの流れ イベントの流れ ▪ボタンをクリックした︕ 親コンポーネントまで伝える ▪APIで取得してきたデータ 使⽤したいコンポーネントまで伝播させる
  6. Reduxとは ´ 2015年にDan Abramov⽒とAndrew Clark⽒によって作成された状態管理ライブラリ ´ アプリケーション全体の状態を⼀括管理できる ▪参考 • Redux⼊⾨【ダイジェスト版】10分で理解するReduxの基礎

    • Reduxの仕組みを理解する
  7. Reduxを使った場合の状態管理 Component Component Component Component Component redux 状態(state)とイベント(action)を⼀箇所(redux)で管理 Component ▪ボタンをクリックした︕

    Reduxのactionに伝える ▪APIで取得してきたデータ Reduxでデータを管理させ、それぞれのコ ンポーネントで参照する
  8. (私が思う)Reduxの問題点 ´ state, actionの設計をちゃんとしないとえらいことになる ´ 何でもかんでもReduxに⼊れがち ´ ⼤規模になるにつれて、actionの発⽕のタイミングが掴みづらくなる ´ いつの間にかデグレを起こしてしまう

    など
  9. ▪Redux NGパターン例 ▪state • 話し相⼿ ▪action • 話し相⼿を変更する コンポーネントA コンポーネントB

    1. 話が終わったので 話し相⼿を変更し たい 2. こっちの話し相⼿も変わっちゃう
  10. うちのプロジェクトでのReduxの使い⽅ ´ AtomicDesignを採⽤ ´ Reduxは⼤元のコンポーネント(page)からしか参照しない ´ actionが呼ばれるタイミングを管理しやすくする ´ stateの不正参照防⽌ ▪課題

    ´ Pageコンポーネントの肥⼤化 ´ Propsによるバケツリレー(stateもactionも) redux page page organisms organisms organisms molecules molecules molecules atom … …
  11. 変数のスコープについて ´ 変数のスコープは可能な限り⼩さくする ´ 良いコードを書く時の原則の⼀つ ▪スコープが⼤きいと何が問題か ´ 予期しないところから値が書き換えられて、 バグやデグレの元となる

  12. Reduxのスコープは⼤きい ´ Reduxはどこからでもアクセスできて便利 ´ どこからでもアクセスできる = スコープが⼤きい ´ いつのまにか情報が書き換えられる可能性がある ´

    不正に書き換えられることを検出するのが難しい Component Component Component Component Component redux Component スコープが⼤きい
  13. 解決のアプローチ

  14. 代わりにContextを使ってみた ▪Contextとは︖ ´ Contextの範囲内でデータやイベントの共有ができる ´ データやイベントのバケツリレーを回避できる ▪参考URL ´ React Contextの使い⽅

    ´ React Context / Hooks ⼊⾨
  15. ContextB state: 話し相⼿ action: 話し相⼿を変更する ContextA state: 話し相⼿ action: 話し相⼿を変更する

    Contextで実現したいこと ´ スコープを制限したい ´ 機能毎にstateとactionを管理したい ´ スコープ以外はreduxのように使いたい ´ Stateの型定義、actionの型定義など コンポーネントA コンポーネントB スコープが違うの で参照できない ❌
  16. 実際のContextの使い⽅ ▪Contextの構成 ´ Globalで使うContext ´ Auth, UserのContext ´ 機能毎で使うContext ´

    PageA, PageBのContext ´ Context内部ではuseReducerで 状態管理 ´ Stateを型定義したいため Auth Context pageA pageB organisms organisms organisms molecules molecules molecules … … … App.tsx User Context Router Page Context B Page Context A molecules
  17. やってみてどうだったか ▪良かったこと ´ スコープの問題を解決できた ▪課題 ´ Contextが肥⼤化しがち ´ 状態管理と機能提供をおこなっている ため

    ´ レンダリング回数が多い気がする ▪今後のAction ´ Contextは状態管理のみに徹する ´ レンダリングパフォーマンス改善 ´ 正しく使う ReactContext
  18. 他の⼿段 ▪Redux以外にも状態管理ライブラリはある ´ Zustand ´ Recoil ´ Jotai など ▪Ducksパターン

    Reduxでもmoduleで分割することでスコープリスクの軽減できる [React] Ducks というデザインパターン [Redux] ▪参考URL ´ Reactの状態管理ライブラリを⽐較してベストな選択をしよう︕
  19. エンジニア募集 我が社ではフロントエンジニアを募集しています︕ クーガー株式会社 https://couger.co.jp/