Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

20210625-meet-async-await@swift愛好会

E83d9812e69ae3a29fabfaa6f4986903?s=47 iganin
June 25, 2021

 20210625-meet-async-await@swift愛好会

E83d9812e69ae3a29fabfaa6f4986903?s=128

iganin

June 25, 2021
Tweet

Transcript

  1. Meet async/await in Swift 集まれSwift好き!Swift愛好会スピンオフ WWDC21セッション要約会 @オンライン 2021/06/25 Hironobu Iga

  2. 自己紹介 • Hironobu Iga • Flutter, React, Ktor(Kotlin), iOS •

    Twitter - @iganin_dev
  3. 同期処理と非同期処理

  4. 非同期処理 非同期処理を活用することでスレッドを有効に使える(通信、DB etc)

  5. 非同期処理 非同期処理を活用することでスレッドを有効に使える(通信、DB etc) 同期処理はスレッドを ブロックする

  6. 非同期処理 非同期処理を活用することでスレッドを有効に使える(通信、DB etc) 非同期処理によって処理の 待ち時間に他の処理を差し 込むことができる

  7. 非同期処理の例

  8. None
  9. サムネイル画像を取得する

  10. 同期処理

  11. 非同期処理

  12. 従来のCompletion Handler を使用した方法

  13. None
  14. ネストが深い

  15. エラーハンドリングを completionで伝える必要がある 漏れていてもコンパイラが検知してくれない 同様に値の返却も忘れる可能性があり、こちらもコンパイ ラが検知してくれない

  16. 実行順が複雑で処理を追うのが難しい

  17. async / await を使った方法

  18. None
  19. 内部で中断する処理が入る場合は asyncをつける 例外を投げる場合は、 async throwsの順 でないとコンパイルエラー ※SE-0296に詳細

  20. 中断する処理には await をつける 例外を投げる可能性がある場合は try await ※ await try はコンパイルエラー

  21. 例外が発生しうる処理は try await と記載され、 例外処理の実装漏れの可能性がなくなった completionの書き漏れによる値の返却漏れもなく なった

  22. 実行順が上から下になり、 処理が格段に追いやすくなった

  23. getter ( setter は不可 ) - SE-0310, for 文 init(

    deinit は不可 ), subscript ( arrray[i]のようなアクセス) async / await が使用できるケース
  24. 上記は await の関数を直列に順次実行していく 同時に並列に実行する方法は、 Structured concurrency in Swift セッション で確認可能

  25. async / await になったメソッドをSwiftUIで使う

  26. async / await になったメソッドをSwiftUIで使う

  27. async / await になったメソッドをSwiftUIで使う 中断をする関数をawait付きで呼び出 すために async { } で囲う必要がある

  28. • URLSession • MapKit • HealthKit • NSDocument • etc...

    asnyc / await はさまざまなSDKに導入済み
  29. • URLSession • MapKit • HealthKit • NSDocument • etc...

    asnyc / await はさまざまなSDKに導入済み
  30. Continuation

  31. Continuation • 中断している処理を保持し、処理の再開(resume)を明示的に行える ◦ 実装を見ているとCompletion Handlerに似てる気がする • 再開(resume)は一度しか呼べない • withCheckedContinuation

    ◦ 呼び出しが一度だけかどうか、呼び出し忘れていないかどうかを実行時にチェックしてくれる ◦ 2度呼び出した場合はクラッシュ (CONTINUATION MISUSE) • withUnsafeContinuation ◦ 呼び出しが一度だけか、呼び出し忘れがないかのチェックがない ◦ 2度呼び出した場合はクラッシュ (EXC_BAD_ACCESS) ◦ SDKなどでのパフォーマンス効率化以外では極力使用しない
  32. Continuationを使う例 以下の処理を考える • PeerManagerの syncSharedPostメソッドを呼び出す • 返却値かエラーをDelegateメソッドを介して受け取る 上記ををasync / await

    を使用した形に書き換える
  33. メソッド呼び出しの結果を delegateメソッド経 由で受け取る

  34. メソッド呼び出しに関する Continuationをクラ スのプロパティに保持する ( CompletionHandlerを保持するのと似てる )

  35. Delegateメソッドに値が返ってきたタイミング で結果とともにcontinuationのrsumeを呼 ぶ continuationは1度しかresumeできないた め保持していたcontinuationは破棄する

  36. まとめ • async / await で非同期処理がシンプルにかける • getter, for文 initializer,

    subscript etcで使える • completionHandler の async / await への置き換え • Delegationメソッドのasync / awaitへの置き換え • 複数のSDKにすでに導入済み • Continuationについて • セッションにはなかったですが、 iOS15以上でないと使用できないようです