Swift 5.1の変更点

E83d9812e69ae3a29fabfaa6f4986903?s=47 iganin
November 29, 2019

Swift 5.1の変更点

2019/11/29 yumemi.swiftでの発表内容です。

E83d9812e69ae3a29fabfaa6f4986903?s=128

iganin

November 29, 2019
Tweet

Transcript

  1. Swift 5.1 の変更点 2019/11/29 yumemi.swift Hironobu Iga

  2. 自己紹介 Hironobu Iga( Iganin ) Freelance Mobile App Engineer( iOS

    , Android) • Twitter: @iganin_dev • Hatena: Iganin • Qiita: @iganin
  3. 話すこと • ざっくりとしたSwift 5.1 の変更点確認 • Pickup ◦ SE-0242 Synthesize

    default values for the memberwise initializer ◦ SE-0068 Expanding Swift Self to class members and value types • まとめ
  4. Swift5.1の変更点 (ざっくり)

  5. Swift 5.1で入った変更点 Swift UIの導入もあり、非常に多くの変更が入っています。 簡単にキーワードを上げていきます。

  6. Swift 5.1で入った変更点 Module Stability swiftmodule の ライブラリInterface定義の安定化により、ライブラリのコンパイル時に 使用したSwiftバージョンとアプリのSwiftバージョンが異なっても大丈夫に Additional Language

    and Compiler Update SwiftUIの導入と共に多くの変更が入っています • Property Wrapper • Opaque Result Types • single expression の場合はreturn 不要 ( var sample: String { “sample” } ) • Key Path Member Lookup • etc
  7. Swift 5.1で入った変更点 Standard Library Updates Collectionsの扱い, Arrayの初期化, StringにいくつかのAPIが追加 ,Identifiableプロトコ ルの導入など

    Language Server Protocol LSPをサポートしているエディターであれば、Swiftのコード補完やシンタックスハイライ ト、ジャンプ機能などが使えるように
  8. PickUpして話すこと Swift UI の導入もあり多くの変更点があります それぞれの内容は深く、他の勉強会でも語られているため 本日の発表ではあまり他の勉強会でみなかった2つをPickupします • SE-0242 Synthesize default

    values for the memberwise initializer • SE-0068 Expanding Swift Self to class members and value types
  9. SE-0242 Synthesize default values for the memberwise initializer

  10. Synthesize default values for the memberwise initializer ざっくり説明 Structの自動生成される初期化メソッドがより便利になった

  11. Synthesize default values for the memberwise initializer 従来は、 `var id:

    Int = 0` と定義していてもデフォルト値を考慮した初期化メソッドは生成 されていませんでした
  12. Synthesize default values for the memberwise initializer User(name: “Tanaka”) のように初期化するためには、

    明示的に定義する必要がありま した
  13. Synthesize default values for the memberwise initializer var id: Int

    = 0 を考慮した初期化メソッド init(id: Int = 0, name: String) のようにデフォルト引数を考慮した初期化メソッドが自動生 成されるようになり、明示的にメソッドを作成する必要がなくなりました OK!
  14. SE-0068 Expanding Swift Self to class members and value types

  15. Expanding Swift Self to class members and value types ざっくり説明

    class内からstatic変数やメソッドにアクセスしやすくなりました
  16. Expanding Swift Self to class members and value types staticなhogeという変数とfugaというメソッドを定義します。

    struct内からアクセスする際に従来は ${Struct名}.変数 や type(of: self).変数とする必 要がありました。
  17. Expanding Swift Self to class members and value types Swift

    5.1 以降では、 class, struct, enum内から staticな変数やメソッドにアクセスする際 に、 Self を利用できるようになりました OK!
  18. Expanding Swift Self to class members and value types インスタンス変数・メソッドへのアクセス

    • self.変数 • self.メソッド staticへ変数・メソッドへのアクセス • Self.変数 • Self.メソッド 上記のように綺麗な対比関係ができました
  19. まとめ • Swift UI の導入もあり、多くの変更点 • 2つの変更をPickup ◦ structの自動生成初期化メソッドが便利に ◦

    staticな変数・メソッドにSelfでアクセス可能に
  20. 補足 Swift.orgの1次情報にあたるのはとてもオススメです • https://swift.org/blog/ Swift 5.1の新機能が解説されているPlaygroundが GitHubにありオススメです • twostraws/whats-new-in-swift-5-1 ◦

    GitHub: https://github.com/twostraws/whats-new-in-swift-5-1 ◦ 関連記事: https://github.com/twostraws/whats-new-in-swift-5-1
  21. Thank you!