2017-03-23

 2017-03-23

リアルかんばんをやめたかったので、チームメンバーに話しました

4b7536b1ad854fa552a2cea0248bb5cc?s=128

hisaichi5518

March 23, 2017
Tweet

Transcript

  1. リアルかんばん やめたい @hisaichi5518

  2. リアルかんばんの 良いところ・悪いところ • ◯: リアルにあるので、アカウント不要 • ◯: 席を立てば目に入るので、更新を忘れづらい • ◯:

    かんばんの前で「これどうなってる?」等の話がしやすい • ✕: 席を移動しないと更新できない • ✕: 自分たちがペンで書いたりしなければならない • ✕: 自動化がしにくい
  3. リアルかんばんの 良いところ・悪いところ • ◯: リアルにあるので、アカウント不要 • ◯: 席を立てば目に入るので、更新を忘れづらい • ◯:

    かんばんの前で「これどうなってる?」等の話がしやすい • ✕: 席を移動しないと更新できない • ✕: 自分たちがペンで書いたりしなければならない • ✕: 自動化がしにくい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1111
  4. 自動化がしにくい

  5. なにを自動化 したいのか?

  6. ベロシティ • ベロシティは、現状のチームが決められた期間の中でチーム が届けることが出来る要求の量 • ベロシティは、生産性を指すものではない • ベロシティは、複数チーム間で比較するものではない • ベロシティを高めることは、目標ではない

  7. スプリントバーンダウンチャート • ふりかえりをしやすくするため、そのスプリント内でどれだけ のタスクが終わったのか可視化する • スプリントバーンダウンチャートを見る事で見えてこなかった 問題点が見えてくる(自己組織化しているか、チームとして働 けているか…etc

  8. https://www.flickr.com/photos/kakutani/2761992149

  9. これらを自動化 できるようにする

  10. そのために何が必要か • Trelloを導入します • 全員にブラウザ拡張の Scrum for Trello をいれてもらいます

  11. Trelloを導入します • みなさんご存知Trelloを導入します • APIもあるので自動化し放題 • あと無料

  12. Scrum for Trelloを導入します • デザイナーチームが使ってる • シンプルでやりたいことを満たせる

  13. ベロシティをどう測る • ブラウザ拡張の「Scrum for Trello」を導入する • Estimated Points が、見積もり •

    Consumed Points は、実際やってみての結果
  14. スプリントバーンダウンチャートを どう測る • ブラウザ拡張の「Scrum for Trello」を導入する

  15. one more thing

  16. 見積もりの仕方を変えます • 相対的に見積もるようにします

  17. 相対的に見積もるとは?

  18. 身長何センチ? 答えは、あいまい https://flic.kr/p/8FxVg4

  19. この4人の中で 一番背が低いのは? 答えは、明確 https://flic.kr/p/8FxVg4

  20. 相対的に見積もる • 他のタスクとの比較だと正しい見積もりがしやすい • 基準となるタスクのポイントを決めて、それよりどのくらい大 きいか小さいか考える • 詳しいやり方は、実際にやるとき話します

  21. これらを どのように進めるか • すべて、3/21のスプリント計画から始めます

  22. SCRUM BOOT CAMP THE BOOK 全員読んでほしいレ ベル