地域課題をCIVICTECHで 解決するということ

地域課題をCIVICTECHで 解決するということ

イベント情報:

港北区 オープンデータを活用した子育て情報サービス検討プロジェクト
https://www.facebook.com/groups/kohoku.okp.since.2016/

Bee7bbb0ea2fc32c50c785ba15a73998?s=128

Hiroshi Omata

March 04, 2017
Tweet

Transcript

  1. ஍Ҭ՝୊Λ$*7*$5&$)Ͱ ղܾ͢Δͱ͍͏͜ͱ  ౔ Φʔϓϯ઒࡚ খມ ത࢘

  2. Who  am  I 小俣 博司 / OMATA, Hiroshi (アダ名は「おとうさん」) オープン川崎/Code

    for Kawasaki 主宰 神奈川県川崎市出身、川崎市在住 デベロッパー・エンジニア歴30年以上の経験を持ち、ハードウェ アへの組み込み系プログラムやデータ処理等を得意としている。 日本の自治体で初めて「オープンデータ」に取り組んだ福井県鯖 江市の取組に当初より携わり、2014年9月から翌3月まで、Code for Japanのフェローとして福島県浪江町役場に勤務し町民向けタ ブレットアプリ開発に携わった。 Code for Japanが昨年まで実施していた井戸端会議の世話人の ひとり。 大学の研究員として、データ分析・解析、シビックテックやオー プンデータ/オープンガバメントについて精力的に活動をしている。 シビックテックのブログメディア CivicWave <http://www.civicwave.jp/>の運用メンバーであり、日本全国を つなぐ、オンラインの井戸端会議を定期開催中(毎月第一木曜 日)
  3. Who  am  I ü オープン川崎/Code for Kawasaki 主宰 <http://openkawasaki.org/> ü

    特定非営利活動法人 Linked Open Data Initiative 会員 <http://linkedopendata.jp/> ü 一般社団法人 OpenStreetMap Foundation Japan 会員 <http://www.osmf.jp/> ü 一般社団法人 オープン・ナレッジ・ジャパン賛助会員 <http://okfn.jp/> ü 東京大学生産技術研究所 特任研究員 ü オープン川崎/Code for Kawasaki 主宰 <http://openkawasaki.org/> ü 特定非営利活動法人 Linked Open Data Initiative 会員 <http://linkedopendata.jp/> ü 一般社団法人 OpenStreetMap Foundation Japan 会員 <http://www.osmf.jp/> ü 一般社団法人 オープン・ナレッジ・ジャパン賛助会員 <http://okfn.jp/> ü 東京大学生産技術研究所 特任研究員
  4. 横浜市港北区

  5. 横浜市港北区 神奈川県横浜市港北区 (こうほくく) * 横浜市を構成する18行政区のうちの一つ * 横浜市北東部に位置 * 人口・世帯数はともに横浜市のみならず、 日本の政令指定都市の行政区の中で最大

    * 面積:約31.40km² * 人口:約34.4万人 (平成28年1月1日) 参考文献 https://ja.wikipedia.org/wiki/港北区 http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/ http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/soumu/toukeitop.html http://www.city.yokohama.lg.jp/ex/stat/ http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/soumu/pdff/jinkou01.pdf
  6. 港北区オープンデータ 6 http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/opendata/

  7. 港北区 オープンデータ一覧(42件) • 公共施設等 o 区役所関連施設 o 官公庁(国・県) o 消防署・出張所

    o 地区センター o 地域ケアプラザ o コミュニティハウス o 小・中学校・高校 o 公園 • 保育所・子どもの遊び場等 o 認可保育所・認定こども園 o 地域型保育事業 o ベビーステーション o 地域子育て支援拠点 o 親と子の集いの広場 o プレイパーク o 公園遊び • 避難場所 o 防災拠点 o 広域避難場所 o 帰宅困難者一時滞在施設 • その他の施設等 o 図書 o ウォーキングポイント リーダー設置場所 o スポーツ・文化等関連施設 • 刊行物 o 広報よこはま港北区版 • 統計情報 o 1 人口や人口の動向に関するもの • 年齢・男女別推計人口(平成28年1月1日現在) • 行政区別世帯数及び推計人口の推移(平成27年10月1日現在) • 年齢・男女別登録人口(平成28年9月30日現在) • 町丁・年齢・男女別登録人口(平成28年9月30日現在) • 外国人登録人口(平成28年9月30日現在) • 将来人口推計(平成22年基準) • 男女別人口動態(平成27年中) • 男女・行政区・年齢区分別社会増加数(平成27年中) • 男女・行政区・年齢区分別転入者数及び割合(平成27年中) • 男女・行政区・年齢区分別転出者数及び割合(平成27年中) • 移動前・移動後住所地(都道府県)、男女別転入転出者数-市、区(平成27年中) • 移動前・移動後住所地(市内他区・県内各市郡・東京都区部及び政令指定市)、男女別転入転出者数-市、区(平成27年中) o 2 地域経済・生活環境に関するもの • 区内の町別事業者数・従業員数(平成24年2月1日時点) • 住宅着工数(平成27年度中) o 3 福祉・子育て・医療・健康に関すること • 医療施設の病床数(平成26年10月1日時点) • 生活保護(被保護世帯・人員の状況)(平成27年3月31日時点) • 国民健康保険被保険者数及び保険料徴収状況(平成28年3月31日時点) • 国民年金加入者数・拠出年金(平成27年度中) • 要介護度別認定状況(平成28年3月31日時点) • 保育所等の概況(平成27年4月1日時点) 7
  8. GitHubに登録

  9. オープン川崎

  10. オープン川崎とは • 川崎市を活性化することを目的とした 市民参加型のコミュニティです • 川崎ならではのコミュニティつくり • 次世代の人材育成 • 地域を面白くする

    • 地域課題解決と新たな事業創造を行う
  11. 川崎市5374.jpアプリ (多言語対応)

  12. 川崎保育園マップ

  13. 川崎インターナショナル・ オープンデータ・デイ 2015年開催:https://openkawasaki.connpass.com/event/11287/

  14. Code  for  Namie http://www.ashita-­‐‑lab.jp/special/4092/ 日本初の自治体(福島県浪江町)へのエンジニア派遣

  15. シビックテックとは

  16. シビックテック “テクノロジーを活用しながら、 身のまわりの課題を自分たちで解決し ていこうという考え方やムーブメント を意味する言葉” http://hrnabi.com/2016/03/25/10730/

  17. ともに考え、ともにつくる http://www.buildwith.org/

  18. シビックテックとは Civic(市民)Tech(=Technology:技術)の造語。 Civic  technologyともいう 市民自らが主体となり、ITなどの技術(テクノロジー)を活用して地 域や社会の課題を解決するための取り組みや考え方。 国や行政、市民、非営利団体、営利企業などが対等な立場で協働 して強みやノウハウを出し合い問題解決や社会変革をするための 活動や考え方でもあり、シビックテックには新しいエコシステム の創生、オープンデータやオープンガバメント等の活動も含まれ

    ている。 http://atcafe-­‐‑media.com/2015/05/03/civic-­‐‑tech-­‐‑forum-­‐‑2015/
  19. https://www.knightfoundation.org/media/uploads/publication_pdfs/knight-­‐‑civic-­‐‑tech.pdf

  20. シビックテックには まだ厳密な定義はありません。

  21. シビックテックの歩み “もともと、シビックテックという言葉が明確に意図して 使われ始めたのは米国です。 2000年代中頃以降、ウェブの新しい利用法を指す流行語と して「Web 2.0」という言葉が使われ始めました。その提 唱者である、オライリー社の創業者ティム・オライリーは、 これを行政にも拡張し、「Government 2.0」を提唱した のです。

    http://hrnabi.com/2016/03/25/10730/
  22. 「Government  2.0」を提唱 “われわれは往々にして政府を自動販売機のように考えてしまう。 税金を入れると橋や道路や病院、警察や消防といったサービス が出てくる、というわけだ。 自動販売機から思ったようにサービスが出てこないと抗議活動 を行う。 市民参加というのが、往々にして、自動販売機を叩いたり揺さ ぶったりするだけに終わっている。しかしわれわれは抗議の声 を上げるだけでなく、実際に手を動かして貢献する必要がある。

    “ TechCrunch ティム・オライリー特別寄稿:ガバメント2.0―政府はプラットフォームになるべきだ http://jp.techcrunch.com/2009/09/05/20090904gov-­‐‑20-­‐‑its-­‐‑all-­‐‑about-­‐‑the-­‐‑platform/
  23. 「Government 2.0」の要素 • 行政の透明性(Transparency) • 市民参加(Participation) • 市民協働(Collaboration) TechCrunch ティム・オライリー特別寄稿:ガバメント2.0―政府はプラットフォームになるべきだ

    http://jp.techcrunch.com/2009/09/05/20090904gov-­‐‑20-­‐‑its-­‐‑all-­‐‑about-­‐‑the-­‐‑platform/
  24. None
  25. 行政サービスをスマホの ように使いやすく “AmazonやGoogleなど先進のサービスに慣れた市民は、 行政にも同じレベルのサービスを求め始めました。同時に 財政逼迫による行政サービスの質の低下は、格差にあえぐ 市民に行政への信頼の低下と不安をもたらしました。 このような変化のもと、行政に対して不満をぶつけるだけ だった市民が立ち上がり、自分たち自身がテクノロジーも 活用しながら、より良い世界の実現に参画する活動を開始 しました。これがCode

    for Americaなどに代表されるシ ビックテックの誕生です。” http://hrnabi.com/2016/03/25/10730/
  26. Code  for  America “Code for America(2009/9設立)の最初のキャッチフレー ズは「行政のサービスをスマホのように使いやすく」でし た。当初、行政の効率化にターゲットをしぼっていました が、その後、草の根による地域の課題解決まで自然に発展 していきます。

    また、シビックテック・スタートアップと呼ばれるビジネ スを立ち上げる人々も生まれました。このように米国では、 シビックテックが市民・行政・企業を含むエコシステム (生態系)とも呼べる状況を構成し、現在も発展を続けて います。” https://www.codeforamerica.org/
  27. 日本全国に広がる 草の根シビックテック “日本でもCode for Japanが2013年に設立されました。 互助の文化的背景を持っていた日本では、草の根的な活動 を行うシビックテックが多いのが特徴です。設立から34年 で、ブリゲイド(IT消防団)と呼ばれるコミュニティは全 国で70以上存在しています。 そこでは、地域をよく知るための活動としてのマッピング

    パーティーや、複数のメンバーがチーム単位で特定の課題 のアイデアを出し合うアイデアソンと呼ばれるワーク ショップが行われています。他にもハッカソンと呼ばれる 短期間でアプリを生みだすイベントや、行政データのオー プン化をすすめる集まりなど、地域に応じて多様な試みが 行われています。” http://code4japan.org/ http://code4japan.org/brigade http://hrnabi.com/2016/03/25/10730/
  28. シビックテックの期待と課題 ”従来の地域コミュニティが崩壊しても、ネットワーク化 された市民たちは大きな力を持つのです。たとえ、ひとり ひとりの力は小さくても、その力で少しずつ世界を良い方 向に変えていく。自分たちでも何かを変えることが出来る という信念。社会を構成する人の一部でも、そのような信 念を持ち行動を始めると、その波は少しずつ広がり社会に より良い変革が起こる。 テクノロジーは決してシビックテックの本質ではありませ ん。ネットワーク化された市民たちが自らで行動を起こす

    ことこそ、シビックテックなのです。シビックテックは静 かな革命とも言えるでしょう。” http://hrnabi.com/2016/03/25/10730/
  29. シビックテック分類 シビック テック Government Profit   Community Non-­‐‑Profit 社会の3つの領域 ・市民コミュニティ

    ・企業民間 ・行政公共
  30. 最近の活動

  31. EDIT  your  City   (君の街を編集せよ)

  32. EDIT  your  City 地域の情報を自分たちの手で発信する。 l 8JLJQFEJB5PXO8JLJNFEJBDPNNPOT ü 地域の百科事典 ü 誰でも編集できるフリー百科事典

    l 0QFO4USFFU.BQ ü 地域の地図 ü 自由な地図をみんなの手に l -PDBM8JLJ ü 地域の情報 ü 世界中のローカルな知識をオープンにする収集
  33. ウィキペディア 日本語版 誰でも編集できるフリー百科事典 https://ja.wikipedia.org/

  34. ウィキメディア・コモンズ https://commons.wikimedia.org/ 誰でも自由に使えるメディアファイルの蓄積データベース

  35. ウィキペディアとは • ウィキペディアとは、百科事典=エンサイクロペディア (Encyclopedia)とウェブ上で編集することができるサービス のウィキ(Wiki) を由来とした造語です。 • 2001年にジミー・ウェールズ(Jimmy Donal “Jimbo”

    Wales)とラリー・サンガー(Larry Sanger)により英語で開始 された • 2002年に日本語の文字が使えるようになった • 非営利団体のウィキメディア財団(アメリカ合衆国カリフォル ニア州)によって運営され、寄付によって運営が行われている
  36. ウィキメディアタウン https://ja.wikipedia.org/wiki/ウィキペディアタウン 地域の文化遺産をウィキペディアに編集

  37. ウィキペディアタウンとは • イギリスのウェールズのモンマスが発祥 • 地域にある歴史的建造物や文化財、観光名所など に関する解説記事をWikipediaに編集する取り組 みやイベント • 日本では、2013年に横浜で国内初開催

  38. 「オープンデータデイ2017in掛川」 プレイベント http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/city/jyohosuishin/seisaku/opendata/opendateday2017.html http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/city/jyohosuishin/seisaku/opendata/opendateday2017pre-­‐‑kiroku.html

  39. ウィキペディア街道「大山道」 https://ja.wikipedia.org/wiki/海老名市温故館

  40. 編集イベントを開催 編集方法とルールさえ判れば誰でも編集出来る

  41. https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:オフラインミーティング/関西/ウィキペディアタウンサミット_2017_京都

  42. OpenGLAM • OpenGLAMとは...文化施設(Gallery, Library, Archive, Museum) のオープンデータ化をITの活用に より促進する活動。収蔵品データ等の幅広い活用を図 る。 https://openglam.org/

  43. OpenStreetMap https://openstreetmap.jp/ 自由な地図をみんなの手に

  44. OpenStreetMapとは • OpenStreetMap(OSM)は誰でも自由に編集でき誰でも 自由に利用する事が出来る地図 • 2004年にイギリスで発足したプロジェクト • Wikipediaの地図版とも言われている • 国外ではOSMへの関心は高く、ヨーロッパを中心に市

    販の地図と遜色ないレベルに発展してる地域もある
  45. 東京ディズニーランド https://openstreetmap.jp/map#zoom=16&lat=35.62995&lon=139.88244&layers=00BFF

  46. 3D武蔵小杉 http://demo.f4map.com/#lat=35.5744629&lon=139.6619306&zoom=17

  47. Wikipediaタウン &   OpenStreetMapマッピング

  48. LocalWiki https://ja.localwiki.org/ 地域の人が知っている情報を発信

  49. LocalWikiとは? •誰もが自由に、自分の名前で、その 土地の情報を記事として記述し、簡単 に地図や画像を添えることができる wikiサイト。 •カリフォルニアのDavisという街で生 まれました → 今では市民の7人に1人が何らかの 記述をしており、多い人では

    約 15,000回もの編集を行っている •「もっと多くの場所でこんな風に街 の記述ができないか」という思い か ら、汎用性の高いLocalwiki が開発さ れた
  50. LocalWiki 室蘭 50 https://ja.localwiki.org/mr/

  51. LocalWiki 武蔵新城 51 https://ja.localwiki.org/shinjo/

  52. /&&% .03& %"5" 登録したデータは、書かれたもの、載せられた写真や地図はオープ ンなライセンスとして他の人が2次利用できるような形で登録して もらう。 このライセンスは、コピーをしたり、印刷して配ったり、営利、非 営利を問わず誰でも無料に使えるようにするライセンスである。 データは世界共通の財産という考えのもとで、データを利用した サービスやビジネスが生まれることを期待している。

    街の情報が誰からも自由に使われることにより、世界を駆け巡り、 自分だけでは考えられなかった新たなサービスや活動が生まれ、次 世代のサービスが生まれるかもしれない。
  53. EDIT your Cityの目的は? 地域を調べることで、地域に興味を もち、自らの強みを活かして地域や 社会の課題解決の活動に参加しても らうための下地づくりである

  54. EDIT your Cityの目的は? 地域に縛られ参加・不参加の0か1のコ ミュニティではなく、選択肢と地域の 知っている人を増やし新たな地域コミュ ニティが生まれることを目指す

  55. DBpedia Japanese http://ja.dbpedia.org/ Wikipedia情報を使った次世代の検索

  56. オープンデータの動向

  57. オープンデータとは 1. Open License or Status (オープンなライセンスあるいは状態 Ø パブリックドメイン あるいはオープンな

    ライセンス (第2項にて定義) のもとで 提供され なくてはならない。作品に対して、作品のパブリックドメイン状態やライセンス規約と矛 盾する状態を定める追加条項 (例えば利用規約、ライセンサーによる特許取得など) を 付 帯してはならない 2. Access (アクセス) Ø その全体が利用可能な状態とされなくてはならず、かつ、複製のための適切な価格の支払 いを実施する場合は複数回にわたって 行われてはならない、さらに、インターネットを通 じて無償でダウンロード可能とされる 必要がある。 ライセンスの順守に必要となるあら ゆる追加情報 (例えば帰属情報表示の際に必要とされる貢献者の名前など) は作品に 付帯 されなくてはならない。 3. Machine Readability (機械可読性) Ø コンピュータによって容易に処理が可能な形式で 提供されなくてはならず 、また作品に 含まれる個々の要素に対するアクセスや修正が簡便に行える状態でなくてはならない。 4. Open Format (オープンな形式) Ø オープンな形式で 提供されなくてはならない 。オープンな形式とは、金銭的あるいはそ れ以外のあらゆる制限が無く、少なくとも1つ以上の フリー/自由/オープンソース (free/libre/open source) なソフトウェアによって利用および完全に処理が可能な形式を 指す。 オープンの定義:  http://opendefinition.org/
  58. 官民データ活用推進基本法の 概要 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/data_ryutsuseibi/opendata_wg_da i2/siryou1_1.pdf

  59. 官民データ活用推進基本法の オープンデータに関する規定 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/data_ryutsuseibi/opendata_wg_da i2/siryou1_1.pdf

  60. オープンデータを巡る最近の動き ・【オープンデータ2.0】の進捗状況 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/data_ryutsuseibi/opendata_wg_da i2/siryou1_1.pdf

  61. オープンデータ基礎自治体&県 https://goo.gl/Mn8NaK 2017年2月24日付

  62. オープンデータを巡る最近の動き ・【オープンデータ2.0】の進捗状況 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/data_ryutsuseibi/opendata_wg_da i2/siryou1_1.pdf

  63. オープンデータを巡る最近の動き ・【オープンデータ2.0】の進捗状況 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/data_ryutsuseibi/opendata_wg_da i2/siryou1_1.pdf

  64. オープン ガバメント データ オープンデータ オープン データ オープン ガバメント ガバメ ント

    データ オープン ガバメント データ
  65. データと情報 • データは、事実を示す数値や文字で作られた素材 • 情報は、データを元に意味あるものにしたもの オープンデータは情報を作るためのデータ(素材) である 公共が提供するオープンガバメントデータは市民が望む情報を提供するのではなく、提供によ る成果を求めるものでもない オープンガバメントデータに必要なことは

    • 一度公開したデータのフォーマットを変更しない • インターネット上のURLを変更しない • 語彙を揃える(共通語彙基盤等) 素材があれば、新たなサービスやシステムを意味ある情報にしていくことが可 能。 近年は、IoTによるセンサの増加、クラウドによるストレージ価格の低下、新 しい通信環境による何処からでも繋がる環境が整ってきている データを組み合わせた新たなる価値やサービスが生まれる状況でもある
  66. Codefor港北 保育園マップ https://codeforkohoku.github.io/papamama/

  67. PD1462(子育て関連施設に 関する語彙の検討) https://imi.go.jp/pd/1462/index.html

  68. データの拡張 • 緯度経度付きオープンデータ o 横浜保育室 o 認可保育施設 o 認可外保育施設 o

    放課後児童クラブ(学童保育) o 幼稚園 • 機械可読性のあるデータ o 申請の空き情報 o 港北区の保育所等預かり施設の一覧・マップ • 更に望ましいのは o GitHub等の既存プラットホームを活用したオープンデータ公開
  69. 継続した開発 GitHub  Issueで課題管理 Pull  Requestプログラムの修正依頼 Slackで会話

  70. まとめ

  71. シビックテックの方向 “人々の平等を実現したり、課題解決に役立 てるためにテクノロジーを使わなければい けないのだと思った。考える市民が生まれ たことこそ、シビックテックの本質。 テクノロジーさえあれば、全てを解決でき ると思っていたらそれは違う。” Andrew Rasiej, founder

    of PDF
  72. シビックテックの方向 テクノロジーは目的ではない。アプリケーション やサービスを作るだけでは上手くいかない。 オープンデータやテクノロジーはあくまでも手段 の一つである。必要なければ無くても良いもので ある。

  73. シビックテックの方向 地域課題と言っても、長い歴史があり、様々な理由があり、 その結果に今があります。 歴史ある地域において、誰もが驚く斬新な解決方法はあり ません。 「銀の弾などない」

  74. 地域と課題 • 地域 o 地域=行政ではない o 土地や建物だけでもない o 土地、人、企業、文化を含めて全ての事を指す o

    地域コミュニティには選択肢が必要 • 協働 o 市民参加による社会課題のオープンな解決を志向 o 自立した市民の地域的拡がりによる公共との協働が必要 • 課題 o 課題や問題は可能性である o 課題解決と考えるのではなく、魅力的な地域にするにはどうし たら良いのか考えると新しいアイデアも変わってくるのでは? o 義務感だけではなく、興味や面白さも必要
  75. お知らせ

  76. CivicWave http://www.civicwave.jp/ CivicTechにフォーカスしたブログメディア

  77. Civic  Tech  Forum http://civictechforum.jp/ CCIIVVIICC TTEECCHH FFOORRUUMM22001177 22001177年33月2255日 NNaaggaattaacchhoo GGRRIIDD(永田町)

    開催 テクノロジーを利用して、地域や社会の課題を自分たちも一緒に解決していく活動(シビック テック)の未来について語るイベント
  78. アーバンデータチャレンジ2016 「アーバンデータチャレンジ」とは 地域課題の解決を目的とした地方自 治体を中心とする公共データを 活用した年間のイベント開催を伴う 一般参加型コンテストです。 http://urbandata-­‐‑challenge.jp/ 地域課題にフォーカスしたアプリコンテスト

  79. Mashup Awards  CIVICTECH部門 http://mashupaward.jp/tag/civictech/ 全国のシビックテックエンジニアが作成するCIVICTECHサービスのコンテスト

  80. チャレンジ!!オープン ガバナンス 2016 http://park.itc.u-­‐‑tokyo.ac.jp/padit/cog2016/ データを活用した地域課題解決のコンテスト

  81. G空間情報センター https://www.geospatial.jp/gp_front/ 地理空間情報のポータルサイト

  82. シンジョーまちなカレッジ 「シンジョーまちなカレッジ」は川崎市のJR南武線 武蔵新城駅を中心とした 地域とつながる新しいカタチのソーシャル学校です。大人から子供まで川崎 や武蔵新城に住まわれている方、勤められている方、川崎や武蔵新城が大好 きな方等の様々な人が集まって地域で楽しく学びます。 https://www.facebook.com/shinjomachinacollege/ 地域からの学びの場 22001177年4月223日 キックオフイベント開催予定

    武蔵新城駅 PPAASSAARR BBAASSEE ~PPaassaarr SShhiinnjjoo~
  83. http://openkawasaki.org/