Smartphone and Beyond 2019 vol.1 XR(AR/VR/MR) 領域を中心とした CES 2019 の技術動向 / Smartphone and Beyond 2019

1ec68e792f99c958b8ffbd0aadaa182a?s=47 ikkou
January 23, 2019

Smartphone and Beyond 2019 vol.1 XR(AR/VR/MR) 領域を中心とした CES 2019 の技術動向 / Smartphone and Beyond 2019

Smartphone and Beyond 2019 vol.1 で喋ったスライドです。

1ec68e792f99c958b8ffbd0aadaa182a?s=128

ikkou

January 23, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2.

    Mercari, Inc. R4D XR チームマネージャー ウェブ制作会社、ソーシャルゲーム関連会社を経て 2017年9月より現職。 開発者コミュニティ “xR Tech

    Tokyo” 運営責任者。 日本バーチャルリアリティ学会認定VR技術者。 めぐるーまーで雛乃木神社氏子。 CES の参加は 2018 に続き 2 回目のひよっこ。 諸星 一行 a.k.a @ikkou
  2. 7.

    なぜ CES 2019 に参加したのか? 出典: https://about.mercari.com/press/news/article/20181220_mercarir4d_smartglass/ 1. フリマアプリ「メルカリ」をスマート グラスに最適化したプロトタイプ 版を出展するため

    2. メルカリにおける XR を推進する チームとして、実際に AR/VR/MR 関連のインプットを “直接” 得るため →百聞は一体験に如かず 3. 得られた情報を “一次情報” とし てアウトプットするため
  3. 12.

    チームとしてのインプットとアウトプット • メルカリ R4D XR チームの #CES2019 まとめ #R4DCES https://togetter.com/li/1308273

    • Mercari CES 2019 報告会まとめ #mercariCES https://togetter.com/li/1311161 • 写真で振り返る CES 2019 / Look back on CES 2019 https://speakerdeck.com/ikkou/look-back-on-ces-2019 • 新デバイスから体験まで! XR関連トピックスの総まとめ!! https://speakerdeck.com/nkjzm/xin-debaisukarati-yan-made-xrguan-lian-topi tukusufalsezong-matome 現地では Twitter ハッシュタグ #R4DCES でリアルタイムツイートを実施しました。
  4. 14.

    • Tech East ◦ Las Vegas Convention Center (LVCC) ▪

    North Hall ▪ Central Hall ▪ South Hall ◦ Westgate Las Vegas • Tech West ◦ Sands Expo ◦ The Venetian ◦ Wynn 出展: Official Show Locations - CES 2019 - https://www.ces.tech/Show-Floor/Official-Show-Locations.aspx Locations
  5. 15.

    • Westgate ◦ DigiLens • North Hall ◦ 自動車関連, NVIDIA

    ▪ 自動車関連に付随するAR/VRコンテンツ • Central Hall ◦ Sony, Qualcomm など大企業中心 ▪ メルカリ × Vuzix ブースはこの Central Hall 15036 • South Hall ◦ Home Cinema, AR/VR & Gaming, DRONES, AI & Robotics, 3D Printing 等 Official Show Locations - CES 2019 - https://www.ces.tech/Show-Floor/Official-Show-Locations.aspx Tech East
  6. 16.

    • Sands Expo ◦ Level 1, EUREKA PARK • AR/VR/MR

    エリアに 18ブースがまとまっていた ◦ Level 2, BABY TECH, FAMILY & KIDS TECHNOLOGY, Wearable, Smart Home 等 • The Venetian ◦ Amazon, CES Innovation Awards • Wynn ◦ HTC VIVE Pro Eye / HTC VIVE Cosmos が 発表された HTC は CES に合わせて会場を設 けている ◦ Rokid Official Show Locations - CES 2019 - https://www.ces.tech/Show-Floor/Official-Show-Locations.aspx Tech West
  7. 18.

    AR/Smart グラスがアツい • CES 2018 では目立っていた VR 関連ブースが減少 ◦ CES

    2019 に合わせて HTC VIVE Pro Eye / VIVE Cosmos が 登場するなど、特筆すべきものが無かったわけではない • 代わりに AR/Smart グラス関連ブースが大きく伸長 • VR がお金にならない、打ち手がなくなった、という側面 の他、各社が進めてきた研究開発の成果がこのタイミン グに集中した可能性が高い
  8. 20.

    nreal light • 中国発の nreal light は CES 2019 で突

    然現れた大注目の AR グラス • 元 Magic Leap 社のメンバーが開発に 関わっていることもあってかハードウェア の構成が似ている • FoV 52° • コントローラー有り • SLAM 有り • Snapdragon 845 ( = Google Pixel 3) • 価格は $1,000 USD 程度とのこと
  9. 21.

    Focals by North • Alexa を内蔵していることもあってか Amazon ブースで出展していた Focals は

    2018 年に発表されて話題になった Smart グラス • コントローラー有り • 既に実店舗でのみ $999USD で販売を 開始している
  10. 23.

    その他の要注目 AR/Smart グラス • DigiLens Crystal • Rokid GLASS •

    Rokid Aurora • PinMR 特に Rokid GLASS と Aurora は日本の VR メディアが取り上げ ていない要注目デバイス!
  11. 26.

    VIVE Pro Eye は CES 2018 で発表された VIVE Pro に

    tobii 製のアイトラッキングシステムが内包された特定用途向けの HMD です。 出典: HTC VIVE、「VIVE Pro Eye」、「VIVEPORT Infinity」、「VIVE COSMOS」をCES2019で発表 - https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000033579.html
  12. 27.

    記者発表時には tobii 製であることへの言及はありませんでしたが、CES 本会場の tobii ブースでは tobii 製であることを謳っていました。 HMD 装着時に

    IPD の調整と視線方向のキャリブレーションが行われ、個人に最適化されます。 出典: https://twitter.com/nkjzm/status/1082815387484311552, https://twitter.com/nkjzm/status/1083090648029310983
  13. 28.

    アイトラッキングによって何ができるのか? 1. NVIDIA RTX シリーズとの相乗効果により、フォービエイテッド・レ ンダリング(Foveated Rendering)を実現し、中心視野のみ高解 像度でレンダリングが可能に! 2. VR

    空間における “真の” ヒートマップを取得可能に! 3. ゲーム用途では視線によるエイミングが可能に! 4. 話題の VTuber 文化において “自然な” 上目遣いやウインクなど が可能に!
  14. 32.

    CES 2019 所感 • 2018 に続いて2回目の CES ながら、一定の違いを肌で体感 することができたので定点観測は必要 •

    CES 2019 という時間軸において XR 領域で一番盛り上がり は AR/Smart グラスと言っても過言ではない • 図らずも AR/Smart グラスの流れに乗る結果となったが、プ ロトタイプ版を出展したことは良かった • XR 領域以外の全体感としては 5G, AI, Mobility (MaaS含む) と当たり前と言えば当たり前の領域が特に活気があった