Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

デプロイから考える僕のWEBアプリ開発 / Think from deployment

デプロイから考える僕のWEBアプリ開発 / Think from deployment

JJUG-CCC 2019 Spring #ccc_m2a
2019-05-18(土) 11:00~11:20
発表で使用したスライドです

099f5ccdcdd2ab8c98e42940d5988ea7?s=128

instreest

May 18, 2019
Tweet

Transcript

  1. デプロイか ら 考 え る 僕 の WEBアプリ開発 JJUG-CCC 2019

    Spring #ccc_m2a 株式会社アーチ 井上 和宏 2019-05-18(土) 11:00~11:20
  2. 名前 : 井上 和宏 所属 : 株式会社アーチ システム部 ・業務システム保守エンジニア(33歳) ・入社以来10年ほど開発と保守に携わる

    日課 : 息子と『ピタゴラスイッチ』を見ること 2 自己紹介
  3. 目次 1.WEBアプリ開発のきっかけ 2.デプロイから考える 3.ビルドから考える 4.そのほか 3

  4. WEBアプリ開発のきっかけ 4

  5. 東京公共交通オープンデータチャレンジ HTTPS REST API 鉄道、バス、飛行機のデータを使ったアプリコンテスト アプリケーション JSON 例えば,駅時刻表 路線運行状況 列車走行位置

    5
  6. 「デプロイから考える僕のWEBアプリ開発」 <はなすこと> WEBアプリのフレームワークとビルドツールについて 選んだ理由とその経緯をご紹介します <おことわり> ・個人的な試行錯誤の経験に基づく私見です ・クラウド と データベース はノータッチです

    ・このセッションでは 「デプロイ」を本番リリースに近い意味で使います 本日のテーマ 6
  7. 7 全体像 本日のセッションでは 黄色 近辺の話をします CentOS 7 Java12 CDN firewalld

    VPS API Gradle build SSH SCP Java11 TeraTerm
  8. 目次 1.WEBアプリ開発のきっかけ 2.デプロイから考える 3.ビルドから考える 4.そのほか・まとめ 8

  9. サーバーの構築は大変な手間なので極力少なくしたい 9 Apache WEB Tomcat DBMS AP DB Java 開発の課題(1)

  10. そのものずばりの資料が2014年に発表されていました 「Spring Bootで変わるJavaアプリ開発!」 槙 俊明さん(@making)のスライド 2014-08-13 日本スプリングユーザ会 勉強会 https://www.slideshare.net/makingx/spring-boot-java-jsug 開発の課題(2)

    10
  11. スライド引用(1) 11 68 of 114

  12. スライド引用(2) 12 70 of 114

  13. APサーバーのインストールが不要になります 構成変更のイメージ Javaアプリケーション APサーバー マシン・OS 13 Javaプログラム フレームワーク 組込APサーバー

  14. スライド引用(3) 14 73 of 114

  15. <メリット> (1) Javaコマンドのみで実行できます (2) SpringBootならではの多くのメリット <デメリット> (1) SpringFramework と実行可能jar (2)

    個人的な事情 SpringBoot 15
  16. そこでマイクロフレームワーク 16

  17. (Apache Sparkじゃない方です) 組込APサーバーとしてJettyを同梱し パスルーティング機能に特化したWEBフレームワーク 作成者:Per Wendelさん(@perwendel) 2014-05-11リリース ~ 2019-03-27リリース http://sparkjava.com/

    Spark(1) 17
  18. <メリット> (1) Javaコマンドのみで実行できます (2) ドキュメントが大変わかりやすく簡潔でした <デメリット> (1) わりとクセがあります Spark(2) 18

  19. Quick start 19

  20. 目次 1.WEBアプリ開発のきっかけ 2.デプロイから考える 3.ビルドから考える 4.そのほか・まとめ 20

  21. 実行可能jar を使用しない場合 ⇒依存ライブラリのクラスパス指定が必要です 依存といえばビルドツールで解決です Maven or Gradle デプロイの課題 21

  22. Maven Gradle 設定ファイルがXML 素直に Maven難しいな と感じました 設定ファイルがGroovy コメントも書きやすい Linux用の実行スクリプトを 生成できる

    ビルドツール 22
  23. 実行スクリプトとすべての依存ライブラリ(.jar)が 圧縮ファイルにまとめて出力されます C:¥workspace¥net.shirokin.odpt¥build¥distributions ┣ net.shirokin.odpt.tar ┗ net.shirokin.odpt.zip ┣ bin ┃

    ┣ net.shirokin.odpt ・・・Linux用shell ┃ ┗ net.shirokin.odpt.bat ・・・Windows用bat ┗ lib ┣ spark-core-2.9.0.jar ┣ jetty-servlet-9.4.15.v20190215.jar ┣ ・・・ 実行スクリプト生成(1) 23
  24. 実行するコマンドは自前で作成します tarを展開してバックグランドで起動します(&, exit) $ tar –xvf net.shirokin.odpt.tar $ export JAVA_OPTS=-Xmx4000m

    $ export EXEC_SH=net.shirokin.odpt/bin/net.shirokin.odpt $ export LOG_FILE=`date "+%Y-%m-%d"`_std.log $ sh $EXEC_SH < /dev/null >> $LOG_FILE 2>&1 & $ exit 実行スクリプト生成(2) 24 1 2 3 4 5 6
  25. モジュールパス指定での実行形式には未対応です とはいえアプリ自体もモジュール未対応です ▪クラスパス指定 > java --class-path %APP_HOME%/lib/* net.shirokin.odpt.ApplicationMain ▪モジュールパス指定(の想定) >

    java --module-path %APP_HOME%/lib/* --module net.shirokin.odpt/ApplicationMain Gradle:実行スクリプト生成(3) 25
  26. 目次 1.WEBアプリ開発のきっかけ 2.デプロイから考える 3.ビルドから考える 4.そのほか 26

  27. あと何分で次の列車が出発するか一覧表示するアプリ https://odpt.shirokin.net/ 開発成果 27

  28. サーバー1台 さくらのVPS 972円 /月 ドメイン取得 さくらのドメイン 1,852円 /年 無料のDNS さくらのVPS

    0円 SSL証明書 Let’s Encrypt 0円 外形監視 さくらのVPS 0円 モニタリング Mackerel 0円 維持コスト 28 CDN さくらのクラウド 0円 インバウンド側トラフィック 0円 アウトバウンド側トラフィック 5円 /GiB
  29. 29 全体像 CentOS 7 Java12 CDN firewalld VPS API Gradle

    build SSH SCP Java11 TeraTerm
  30. <開発の所感> 世の中のソフトウェアはたくさんの人の尽力により 成り立っていると実感しました。 一人でできることには限界がある 仲間を見つけて一緒にやると楽しくなる、と思います 開発の顛末 30

  31. おわりに 31 https://tokyochallenge.odpt.org/