Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

HoloLensと謎解きの融合: 「TARGET」開発物語 - 企画から一般公開に向けての道のり

HoloLensと謎解きの融合: 「TARGET」開発物語 - 企画から一般公開に向けての道のり

Kenta Iwasaki

August 10, 2023
Tweet

More Decks by Kenta Iwasaki

Other Decks in Technology

Transcript

  1. HoloLensと謎解きの融合:
    「TARGET」開発物語
    - 企画から一般公開に向けての道のり
    Iwaken Lab. イワケン/岩﨑謙汰
    HoloRanger HoloMoto
    タンブルウィード pia
    2023.05.27
    Tokyo HoloLens ミートアップ vol.33

    View full-size slide

  2. 本日の登壇者紹介
    Iwaken Lab.
    イワケン
    XRエンジニア
    HoloRanger
    HoloMoto
    XRエンジニア
    タンブルウィード
    pia
    謎解きクリエイター
    開発チーム目線 コンテンツ制作者目線

    View full-size slide

  3. 本プロジェクトのスローガン
    「Holo100」
    HoloLensを
    100人に体験させる

    View full-size slide

  4. 🚀今日のゴール
    ⭕️話すこと
    ・HoloLensと謎解きの融合「TARGET」の
    実現までの物語→HoloLens好きを勇気づける
    △話さないこと
    ・コンテンツ内容の詳細 (ネタバレになるため)
    ・技術の詳細
    SNS投稿はOKです

    View full-size slide

  5. 1.TARGETとは
    2.開発チーム目線の道のり
    3.タンブルさんパート (pia)
    4.さいごに

    View full-size slide

  6. TARGETとは

    View full-size slide

  7. 「TARGET」とは
    謎解き × MRの「体験型ゲーム」
    • 場所: ヒラメカ下北沢
    • 所要時間: 100分~110分
    • プレイ人数: 4名
    • 前売りチケット: 3500円
    • 公開日: 2023年5月2日
    • 6月チケット販売中

    View full-size slide

  8. ホームページ

    View full-size slide

  9. SNSの反応 #TumbleTargeT
    https://twitter.com/nkjzm/status/1652560069161275395?s=20 https://twitter.com/karin___ito/status/1652627490396053504?s=20 https://twitter.com/halnanndesu/status/1652927196376469505?s=20

    View full-size slide

  10. SNSの反応 #TumbleTargeT
    ARグラスゲーム開発コンテスト世界3位
    謎解き通算300回プレイ
    でなりさんのツイート
    「この完成度のAR謎解きは
    間違いなく世界でこの一作だけです」
    「謎も秀逸、ARならではの要素もかなり活かせてて
    唯一無二のAR体験に仕上がってました。世界一!」
    https://twitter.com/denari01/status/1653727234291806208?s=20

    View full-size slide

  11. 開発チーム目線の道のり
    イワケン/HoloMoto

    View full-size slide

  12. イワケン / 岩﨑謙汰
    iwaken7
    1
    2017年 HoloLensに感動。
    2018年 CyberAgent入社 / XRエンジニア
    2021年 Iwaken Lab.立ち上げ
    2021年 Microsoft MVP for Mixed Reality受賞
    人生ミッション「XRの新事例を作る」
    フォロワー 6519人

    View full-size slide

  13. 今回の体制 (最終的に)
    コンテンツ設計
    場所
    システム開発
    5名のエンジニア

    View full-size slide

  14. Iwaken Lab. とは
    一言:
    XR好き学生支援コミュニティ
    「好きな技術で社会インパクト」
    メンバー43名
    設立: 2021年5月

    View full-size slide

  15. 「Holo100」プロジェクト
    HoloLensを
    100人に体験させる

    View full-size slide

  16. Iwaken Lab.開発体制
    イワケン
    開発ディレクター
    兼エンジニア
    松本勇吾
    リードエンジニア
    ゲームロジック担当
    にー兄さん
    エンジニア
    基盤開発担当
    HoloMoto
    エンジニア
    HoloLens運用
    きょうすけ
    エンジニア

    View full-size slide

  17. 2つの壁
    ・開発メンバーを集める壁
    ・お金の壁
    2年前から構想
    2回の開発挫折

    View full-size slide

  18. HoloLensに
    出会い感動
    HoloLens参考書読書会
    HoloMotoさん目覚める
    イワケン
    会社で
    HoloLens2購入
    道のり① (出会い~再会期)
    イワケンとpiaが
    AR謎解きを作る
    piaさんと
    HoloLens×謎解きの
    ブレスト会 プランA
    考案
    モック開発するも
    イワケン1人だと
    限界と悟る
    2016.12 2017.12 2018.03 2021.01 2021.04
    空白の3年間
    出会い期 再会~開発開始

    View full-size slide

  19. 道のり② (チーム開発~TARGETスタート)
    2021.05 2021.12 2021.05
    XR好き学生を支援する
    Iwaken Lab.を発足
    XR好き学生4人と
    一緒に開発
    HoloLens購入問題

    HoloLens4台構成
    プランAの限界
    開発が止まる。。。
    「TARGET」の原案
    「Holo100PJT」
    として再始動
    ユーゴ、にー兄さん
    Join
    チーム開発期 停滞期 TARGETのプロト開発期
    HoloLens 1台
    iPad 3台の
    4人ゲーム構成

    View full-size slide

  20. 道のり③ (現場検証 ~ 一般公開)
    2022.10 2023.01 2022.04
    HoloMotoさん
    Join
    現場検証スタート
    2022.05.02
    先行体験会
    リリースに向けて準備期
    開発追い上げ期
    一般公開

    View full-size slide

  21. [補足資料] システム構成図
    スクリーン
    スタッフ端末
    PC
    スピーカー
    iPad
    HoloLens 2
    iPad
    iPad
    入口
    HoloLens2 1台
    iPad 3台
    Windows端末
    (スタッフ用)
    1台
    Windows PC
    (音&スクリーン)
    1台
    4人ゲームだけど
    HoloLens装着者は1台

    View full-size slide

  22. HoloMoto
    HoloMotoRanger
    大学生の時にHoloLensと出会い全くの未経験から
    HoloRangerへ
    イマクリエイト社 グラフィックエンジニア
    ブログ『夜風のMixedReality』365日更新中
    MixedRealityGraphicsTools(MRGT)開発参加中

    View full-size slide

  23. HoloMoto Mission
    ・HoloLens開発・運用の実装とアドバイス
    ・グラフィック関連 (Shader) の開発

    View full-size slide

  24. 課題と解決方法
    ・描画トラブル
    ・パフォーマンス
    ・現場でのHoloLens運用

    View full-size slide

  25. 課題と解決方法
    ・描画トラブル
    ・パフォーマンス
    ・現場でのHoloLens運用

    View full-size slide

  26. 描画の課題 ①片目しか描画問題
    「片目しか描画が行われない」
    シェーダーの問題
    ・シングルパスインスタンシン
    グレンダリングに対応させた

    View full-size slide

  27. 描画の課題 ②オクルージョン
    iPadユーザー視点からHoloLens装着者をオクルージョンしたい
    オクルージョン無し オクルージョン有り

    View full-size slide

  28. 描画の課題 ②オクルージョンの実装
    Unityプリミティブ
    Cylinder+シェーダー
    HoloLensの
    MainCamera
    のXZ座標に追従
    ・直径50cm
    ・Z軸 -14cm
    原点
    14cm

    View full-size slide

  29. 描画の課題 ③視野角狭い問題
    HoloLensの視野角の
    ギリギリに「枠」を
    つけることで、
    視野角の狭さが
    気にならなくなる。
    → コンテンツ上
    支障が出ないように

    View full-size slide

  30. 課題と解決方法
    ・描画トラブル
    ・パフォーマンス
    ・現場でのHoloLens運用

    View full-size slide

  31. パフォーマンスの目標
    ・FPS60+
    ・お客さんにもっさり感を感じさせない
    ・現場で運用するにあたって最終的にエンジニア
    無しでクラッシュやトラブルが発生しないように
    する

    View full-size slide

  32. パフォーマンスの維持 CastShadow全削除
    ・重たい原因=オブジェクト数
    ・影の描画不要=CastShadowを全オフ

    View full-size slide

  33. 課題と解決方法
    ・描画トラブル
    ・パフォーマンス
    ・現場でのHoloLens運用

    View full-size slide

  34. 現場でのHoloLens運用
    やったこと
    ・HoloLens取扱書の作成
    ・自分のブログやMSDocsから抽出
    ブログ365日
    書いてます!
    目標: 非エンジニアスタッフが一般人向けに
    ゲームを進行する
    今日は一つだけ知見共有...!

    View full-size slide

  35. 一番の課題は「充電・バッテリー」
    ・HoloLensの稼働時間は1~2時間
    一方で体験時間は90分
    ・モバイルバッテリーを
    HoloLensに着けると重い。
    Holoにバッテリ―付けると
    頭痛くなる...

    View full-size slide

  36. 肩掛けモバイルバッテリーによる解決
    実際の運用
    ショルダーポーチに
    モバイルバッテリー
    ストレスなくユーザーが体験
    タンブルさん考案

    View full-size slide

  37. pia0314pia
    pia / 小池恭也

    View full-size slide

  38. 体験をつくる
    ――コンテンツ制作者から見た Hololens

    View full-size slide

  39. 2015年 謎解き制作の活動を始める
    2017年 イワケンさんと共通の知人の会社で出会い
    AR×謎解きコンテンツを制作
    2018年 Tumbleweedに加入
    2022年 Tumbleweed Labを立ち上げ

    View full-size slide

  40. ARは”くすぶっている”
    謎解きの問題をマーカーに → 好評
    重要なのは「まず体験させること」

    View full-size slide

  41. 「0」 → 「+」
    「-」 → 「+」
    「-」 → 「0」

    View full-size slide

  42. 日常

    HoloLens体験

    View full-size slide

  43. 視野角が狭い

    四隅にカッコ

    View full-size slide

  44. コストの問題

    Holo1台 iPad3台

    View full-size slide

  45. HoloLensに触れられない時間

    非対称ゲーム

    View full-size slide

  46. 通常のゲーム体験

    映像の中に入っていける体験

    View full-size slide

  47. iPad上でのHoloプレイヤー描画

    オクルージョン

    View full-size slide

  48. 「どうしてもこれを届けたい」

    View full-size slide

  49. さいごに

    View full-size slide

  50. HoloLens の体験人数
    344人 5/27時点
    テストプレイ71人
    本公演273人
    Holo100達成!!! ありがとうございます

    View full-size slide

  51. 今後の目標
    ・Holo1000
    → みんな体験しに来て!技術トークしよう
    ・TARGET海外事例を作る
    →ユニバーサルヒラメキゲームだからこそ
    ・「プランA」の開発再開
    → 開発者募集するかも?

    View full-size slide